2022年期待の新型バイク達(国内メーカー+海外)

国内4メーカーの2022年新型バイクをさくっと紹介する記事

コロナの影響でモーターショーが開催されないので、発表されるたびに追加します(主に2021年9月以降)

バイク紹介の最後に公式PV置いてます

  • 全国無料出張査定、中古バイク即日現金買取
  • 特殊車両、 事故車や不動車なども買取対応
  • オンライン自動査定から、最新のバイク買取相場がすぐに調べられます
  • 乗り換えで最大3万円支援
公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン

価格高騰

バイク業界は非常に好調な1年だった。
バイクブームと呼べるくらい近年ではなかった品薄状態

新車より中古価格の方が高いという異常事態

2021年新型バイクの傾向として「電子制御、機器」がどんどん下の排気量に降りて来た

・125CCにトラクションコントロール
・125CCにスマートフォン接続
・150CCにクイックシフターなど、、

ホンダ

NT1100

・2240x865x1360
・シート高820
・100PS/7500.104Nm/6250
・重量238kg
・タンク20.4
・約190万円(イギリス価格通常モデル)
共通エンジン
・CRF1100Lアフリカツイン
・レブル1100
・NT1100

ホンダの出す超大排気量スポーツツアラー。
イギリスホンダの公式がアドベンチャー呼びしないのでツアラーだと思う、、

NINJA1000SXが好調なので、ライバルとして投入してきたと予想

  • X-ADVと共通のフロントライト
  • DCT+クルーズコントロール+液晶ナビ表示
  • センタースタンド+グリップヒーター
  • ハンドルまで風よけ効果があるスクリーン
  • 前傾要素なしの楽な姿勢+お尻を包み込むシート

スズキ

GSX-S1000GT

・車体サイズ:2140x825x1215
・シート高810mm
・水冷4気筒DOHC:150PS/11000、106Nm/9250
・重量226kg
・タンク19L


今年のスズキは何かが違う、、GSX-S1000含めてカッコ良すぎる

前モデルGSX-S1000Fが初のモデルチェンジ

フレームや足回りはS1000Fと変わらないが「大幅に電子制御を追加」。大型アドベンチャーが持つ機能は一通り装備

  • トラクションコントロール、クルーズコントロール、上下クイックシフターを追加
  • 重量はアップ、馬力もアップ、トルクは最大発生回転数低下
  • 長距離を考慮した振動軽減
  • スマートフォン接続機能:液晶にナビ表示
  • バーハンドルは継続:ハンドルがライダー寄りに
  • スクリーン大型化

アップルが「バイクの振動でスマホが壊れる可能性」を認めたことで、液晶にマップ表示してくれる機能は購買意欲を上げてくれる

アップルが認めた「スマホをバイクに取り付けると壊れる可能性」対策3選

ヤマハ

YZF-R15/R15M(海外専売)

・車体サイズ:1990x725x1135
・水冷単気筒SOHC(可変バルブ):18.4PS/10000、14.2Nm/7500
・シート高815mm
・重量142kg
・タンク11L

絶対に日本で発売しないYZF-R15シリーズ。
2022年モデルで大幅に装備追加「ガチレース用バイクに

外観はYZF-R7と瓜二つ、、というか余りにも似すぎ、、

一方で155CCながらYZF-R7を超える豪華装備。
小型エンジンに多数の装備を取り付けれる可能性を示してくれたことで、これからの中型の期待値アップ

  • YZF-R7顔
  • 150CCクラスながらアシスト&スリッパークラッチ、トラクションコントロール、クイックシフターを装備
  • NMAXに続きスマートフォン接続搭載:車体管理機能
  • 倒立フロントフォーク、ラジアルタイヤ(YZF-R25と同等サイズ)
  • ハンドルだけは高め

カワサキ

Z650RS

・車体サイズ:2065x800x1115
・649CC水冷2気筒DOHC:68PS/8000、64Nm/6700
・シート高820
・重量187kg
・タンク12L


2021年最も買うのが困難なバイク「Z900RS」に弟分が登場。
Z900RSの代わりにと考える人もいるかもしれないが、、

目指す方向が違う印象(個人的な意見)

・Z1、Z2を徹底再現した現代に蘇ったZ「Z900RS」
・今のバイクを楽しんでる人をネオクラシックに誘う「Z650RS」

Z650RSは上半身クラシック、下半身現代バイクの「XSRシリーズ」に近いコンセプトに感じる

大型最軽量「MT-07」に近い軽量バイク、そしてマスの集中化、低重心化にこだわったマフラーなど、、扱いやすさは間違いなく高い

  • ネオクラシック系バイク
  • 若者、初心者をターゲット(ヨーロッパカワサキの説明)
  • 現代バイクとレトロの融合を狙う
  • 軽量、コンパクト
  • 足回りはZ650と共通

Z900RS SE

・全長:2100×865×1150
・水冷並列4気筒:111PS/8500、98Nm/6500
・重量215kg
・シート高815
・タンク17L

現行車なのに中古価格が200万円を超える「Z900RS」に上位モデルが登場。発売が延期して2022年春予定になったが、、間違いなく価格高騰する

SEモデルを一言で表現すると、、
1000CCスーパーネイキッドと同等の足回りにしました仕様

  • 「イエローボール」の専用カラー
  • 「オーリンズサス、ブレンボブレーキ、ニッシン製ラジアルポンプマスターシリンダー」足回り強化+派手なカラー
  • サスペンション変更によりシート高815mmに変更
  • 入手困難

PVはZ900RS通常モデル

トライアンフ

タイガースポーツ660

低く構えたフロントがSSっぽいオンロードアドベンチャー

青色はどこかFZ1 FAZERっぽい

・水冷3気筒:81PS/10250、64Nm/6250
・乾燥重量206kg
・シート高835mm
・タンク17.2L
・1125000円
  • オンロード寄りミドルアドベンチャー
  • 通勤からツーリングまでこなす660CC
  • 低く構えたフロントがスポーツバイク
  • 走行モード、トラコン

ドゥカティー

ムルティストラーダV2

2021年のV4(4気筒)に続いて、V2が登場。
これ以上ないくらい装備を盛った意欲作。荷物積みまくっても快適なキャンプツーリングに行こうなバイク

・L型2気筒:113PS/9000、94Nm/6750
・シート高:830(850~790)
・重量225kg
・タンク20L、燃費約17km/L
・1779900円
  • スーパースポーツ950:2気筒エンジン
  • V4と同等の装備
    「コーナリングライト、クイックシフター、クルーズコントロール」
  • IMU搭載の高い安全装備
  • 前後電子サス+スカイフックテクノロジー
  • 配達可能なキャンプ場数業界No.1
  • キャンプ場で荷物を受け取れる、手ぶらで行ける
  • 一泊二日レンタル1万円以下
公式サイト>>hinataレンタル

アーバンモタード

・空冷L型2気筒|803CC
・73PS/8250、66.2Nm/5750
・シート高805
・重量196kg
・タンク13.5L、燃費約19km/L
・1429000円

2022年に登場予定「Urban Motard」
タンクにデカデカと書いてるけど、スクランブラーがベース

これが現在のオンオフ系の最適解。
名前の通り都市を軽快に走るためのバイク

  • 空冷エンジン
  • 都市型モタード
  • 200kg切る軽量バイク

KTM

RC390(2022年予定)

・水冷単気筒
・44/37Nm
・シート高824
・乾燥重量155kg
・タンク13.7L、燃費約29km/L

約2年ぶりに日本に帰ってくる予定。
モデルチェンジしたRC390は更にレース用特化に

  • 400CCの本格スーパースポーツ
  • ハンドルの高さ10mm調節可能
  • コーナリングABS、SUPERMOTO ABS(ABSの自由度アップ)
  • 電子制御スロットル+トラクションコントロール+クイックシフター
中古バイクが高騰してる今こそ人気のバイクを狙う理由 公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン