通勤からキャンプツーリングまで使えるホンダ「ADV150」

悩み
悩み

ADV150ってどんなバイク?
スクーターアドベンチャーってどういうこと?
どういう使い方出来るの?

2020年、2021年中型売り上げに顔を出す人気バイク「HONDA ADV150」。

  • 原付2種最強の性能とコスパ:PCX
  • 実用性と遊びを両立するカブ:ハンターカブCT125
  • 実用性と遊びを両立するスクーター:ADV150

このバイクは通勤からツーリング、悪路の走破までこなす最強小型スクーターです。

ちょっと道を外れて、田んぼの中を走ったりするのが好きな人は、ADV150が好きになると思います。

PCX乗ってた時にこういうバイクが欲しかった、、

どんなバイクか記事にしました。

\405900円!(10%OFF)/

ADV150の新車はこちら

ADV150はキャンプが出来る小型スクーター

ADV150はスクーターアドベンチャーADVシリーズの1つ。このバイクはアドベンチャーモデルです。

  • 航続距離300㎞以上
  • 可変式ロングスクリーン装備
  • リアサスにダンパー装備
  • 積載性あり

実は快適性もトップクラスに高い小型スクーター。ハンドルガードを付ければアドベンチャーの完成。

アドベンチャーということは、、キャンプツーリングに耐えれる性能ということです。

最近流行の小さなバイクで悪路を楽しみ、キャンプを出来るバイクです。
>>買った方がいいバイク用テントって何?特徴、メーカーを紹介

オフロードに強いスクーター

スクーターがオフロード走れる訳ないじゃん
ADV150の足回りは悪路を想定した仕様です

ADV150の最大の強みが悪路も走れるスクーターというところ。オフロードテイストのなんちゃってスクーターとは違います。

今までPS250やBW’s125の様なオフロードテイストのバイクはあったが、本格的に悪路を走れるスクーターはADV150が初

スクーター要素

  • スマートキー
  • DCソケット
  • 27Lシート下積載

オフロード要素

  • クラス最長の130mmフロントサスペンション
  • リザーバータンク付きサス
  • かち上がったマフラー
  • ハンドルが真横に伸びる
  • ブロックタイヤ

ワクワクするスペックを持ってます。ADV150はハンターカブのスクーター版です。

ホンダ ADV150|スペック

エンジン155CC水冷単気筒
全長x全幅x全高1960x760x1150
シート高795
車重134kg
馬力15PS/8500
トルク14Nm/6500
燃費44.1km/L
タンク容量8.0L
価格¥451000

車体構成、エンジン共にPCXをベースとしている。

違う点

・足回り
・フロントデザイン
・装備

違う点も多々ある。

  • ABS+前後ディスクブレーキ
  • スマートキー
  • エマージェンシーストップシグナル
  • ブロックタイヤ
  • ロングスクリーン

ADV150のバイク王中古価格はこちら

150CCにはメリットあり

ファミリーバイク特約の恩恵がないので、コスパの面では多少劣る。

でも150CCにもメリットあります。

  • 高速道路走れる
  • 本体価格125CCと変わらない
  • 最終的に保険はお得になる

高速道路を走れる

ADV150は高速道路を走れます。移動範囲が一気に伸ばすね。

  • 15馬力は厳しい
  • 全長短くて安定感が、、
  • 軽いから流されやすい

現実は緊急用。125CCで時速80㎞以上出せばわかります。車体剛性に不安を感じる、、

でも、選択肢があるのが大事。

125CCと値段は変わらない

150CCのいいところは、125CCの値段+αで買えるところ。

40万円台で買えます。お得すぎる

最終的に保険は安くなる

ファミリーバイク特約がないから避けられがち、、でもこういう人におすすめ。

  • 車持ってない人
  • しばらく移動手段をバイクにする予定
  • 任意保険に加入済み。引き継ぎたい

独身用125CCです。任意保険ずーっと入ってると、最終的には逆転します。

人によっては中途半端な排気量とは限らない。

ADV150のライバル、ハンターカブCT125

日常から遊びまでこなすコンセプトはハンターカブ125と瓜二つ

なら同じ使い方が出来るか?と言われると無理。現実、フルカウルのADV150は転倒した時のダメージがデカい。悪路を走れると言っても、無理に進んでいくようなことは難しい

でもスクーターならでは強みあり。

  • オートマは加速性能高い
  • スクーターの快適装備あり
  • シート下積載あり

オートマは加速性能高い

小型スクーターは出足の加速が強烈。発進だけ大型クラスと言ってもいいくらい簡単に飛び出す。

通勤時間の原付2種見ればわかります。アクセル回しまくってるから早い訳じゃなく、飛び出す加速が普通です。

小排気量のミッションは加速苦手。

ADV150は最初から快適装備が付いてる

ADV150にあって、ハンターカブにない装備は多い。

  • スマートキー
  • DCソケット
  • ロングスクリーン

後付けで付ける物が全くなく、本体を買ってしまえば、快適さを保証されるのがADV150。

こだわればどこまでも快適にもなるバイクでもあります。

シート下積載あり

スクーターの最大の魅力は積載性。

ADV150にももちろんあります。手ぶらでツーリングいけちゃいます。スマホホルダー付ければ旅バイク化完成。

>>バイク防振スマホホルダーはおすすめしない【サブ機がいい】

ADV150は通勤から休日のレジャーまでこなす

>>タナックス サイドバッグ カービングシェルケース カーボン柄 片側16L

ADV150についてまとめました。

ADV150は万能バイクです。出来ることの幅が広いバイク。ありそうでなかった本格オフロードスクーター。

小型スクーターって軽いから、林道に突っ込もうと思えば突っ込めるんですよね、、このバイクはスクーターで悪路を走りたい欲を満たしてくれるバイク。

快適装備は最初からついてるので、シートバッグ付ければ、アドベンチャーバイクの完成です!

バイクワン →乗り換えで3万円サポート

バイク王 →バイク王のバイクへの乗り換え支援あり

バイク館 →高値で買取してるバイクがわかる

【追記】ADV160が海外で発表されました。装備も少し変わりました

買った方がいいバイク用リアシートバッグとは?特徴、メーカーを紹介