街中に溶け込むバイク用ジーンズ【季節別】

バイク乗りはジーンズ率高め。分厚さがある方が、防寒にもなるのでジーンズはバランスがいい

オシャレさと機能性を両立したいならバイク用ジーンズがおススメ

なぜジーンズか?

なぜジーンズか?の答えは難しい、、でも履いてたらなんとなくわかります。

  • ジーンズは防風性能がある
  • 防御力を感じる素材
  • ファッションとして定番すぎる

ジーンズ以外でバイクに乗るとなんとなく頼りないって感覚を覚える。

まぁ、、避ける理由もないし、好みの問題です

春夏秋用ジーンズ

ジーンズが活躍する時期。上はしっかりライディングジャケットの人も、下は普通のジーンズの人も多いはず

最近は細身デザインも増えた

ここから始める|ディープインディゴ

コミネのバイク用ジーンズ最安値の約6000円

最もオーソドックスなモデル。膝にだけプロテクター装備

とりあえず入門用として買ってみるのもよし

オールシーズン対応|フルイヤーKVジーンズ

ジーンズながらオールシーズン対応という意欲作

ジャケットと同じく、着脱可能な浸透防水インナーを装備可能。両腿と腰部にベンチレーションを装備

高強度繊維ケブラー(R)をヒップと膝の裏地に使用

個人的にオールシーズンが好き。結果的に安く装備を揃えれるから

メリット|一年中使える

RSタイチの新作|ストレッチ デニムONE WASH BLUE

RSタイチのジーンズは動きやすさを重視

強度の高いCORDURA素材を使用。細身デザインが好きな人向け

伸縮するプロテクターで膝が突っ張らないような仕組みがある。出来るだけ車体を傷つけないように金属部品を減らしている

¥16000 

RSタイチは商品の品切れが早い

カジュアル重視|コーデュラ ジョガーパンツ

足回りをスッキリとさせたいならジョガーパンツ

大き目のサイズが多いバイク用ジーンズの中で体格に合わせやすい

ジョガーは足首が出ること前提なので、足首まで覆うライディングシューズとの組み合わせ前提で考えていきたい
¥15,180

メリット|体格に合わせたジーンズを求める人向け

エンジン熱を守る|カップ付きデニムパンツ

レザーに強いメーカー|デグナーのジーンズはヴィンテージ系

上記のジーンズと違う点は、ヒートガードが付属している点。エンジンの熱が辛い大型バイクにはありがたい装備

膝は曲げやすいシャーリング加工。20350円

メリット|裾上げ可能

         \amazonアカウントでログインできる/

カップ付きデニムパンツ(ヴィンテージネイビー)

ワークマン|CORDURA EURO(コーデュラユーロ)デュアルパンツ

ワークマンが提案するライディングパンツ

税込み3900円とお得モデル。近所のアパレルジーンズを履くくらいなら、こちらを選択肢として入れてみるのもあり

メリット|簡易ニーパッド付の割に安い。ショートパンツにもなる

デメリット|バイク用はすぐに売り切れる

冬用ジーンズ

冬用もあると言えばある…けど単品だと現実的には不可能

どうしても着用したいならオーバーパンツも併用を考えよう

あったかジーンズ|本革ヒートガード付き裏フリースデニムパンツ

デグナーらしくエンジン熱から肌を守る「ヒートガード付きデニム

裏フリースでかなり暖かいが、厳冬期はどこまで通用するが未知数

公式サイトなら裾上げ可能

         \amazonアカウントでログインできる/

本革ヒートガード付き裏フリースデニムパンツ

きっちり着こなしたい人向け|スーパーフィットウォームデニムジーンズ

コミネの出す裏フリースの暖かい防風ジーンズ

結構真冬まで行ける性能という評価。細身デザインで結構きつめだとか

街中に溶け込むライダースジャケット、シューズ【バイク用】 メーカー別に買うべきバイクグローブを紹介【春夏秋冬+雨】 2022年新型バイクの特徴を紹介(国内メーカー+海外) 使わなくなったスマホをプリペイドSIMでバイクナビ用として復活させる 買った方がいいバイク用テントって何?特徴、メーカーを紹介