バイク専用おすすめレインウェア5選を紹介【管理必須】

バイク用レインウェアを知りたい「ホームセンターと何が違うの。防水性能はやっぱりいいのか。長持ちするのか」

どうせ買うならバイク専用レインウェアにしたい

こういった疑問に答えます

・安い物比べて何が違うのか
・どういうレインウェアがあるのか

10年ほど通勤手段としてバイクに乗ってるので、雨との付き合いは長いです

おすすめレインウェア

バイク用レインウェア
Gベクター コンパクトレインスーツ
 (5)
デュアルテックスコンパクトレインスーツ
 (3.5)
レインバスター
 (4.5)
エクスプローラー オールシーズンジャケット
 (4)
WPプロテクション3L-パーカ
 (3)

さっそく評判のいいレインウェアを紹介します

相場は1万円くらいまで、それ以上はライディングジャケット+完全防水がおすすめ

一番評価の高い選択肢が多いレインウェア

これでもかとバタつき防止のための仕掛けがあるレインウェア

縫い目を減らし、徹底的に水の侵入を減らした。アマゾンでの評価高い

  • カラーとサイズが多い
  • バタつき防止のしかけが多い
  • 縫い目を減らした構造
  • 耐水圧20000、浸透性8000

RR5232 デュアルテックスコンパクトレインスーツ

自分的にはこういうコンパクト系がお気に入り

雨って突然やってくるシチュエーションが多い。それならカバンに入れやすいコンパクトな物が使いやすい

  • 収納時、約20x9x11とコンパクト
  • 性能的には薄めのレインウェア
  • フードなし

RSR046 | レインバスター レインスーツ

大きなリフレクター、首元をしっかり覆う

RSタイチのレインウェアはバランスがいい。フードがないのでバイク以外の使い方が出来ないのが欠点か

  • 高さ26㎝x幅13㎝の収納
  • バタつき防止機能豊富
  • 首元をしっかりと覆う

RSJ721 | DRYMASTER エクスプローラー オールシーズンジャケット

レインウェアに着替えるのすら嫌だという人向け

防水機能付きジャケット+オールシーズンジャケット

これ1着で全てをこなしたい人向け。機能性を考えればお得とも言える

  • 防水機能ジャケット
  • オールシーズン対応
  • インナー付属

>>RSJ721 DRYMASTER エクスプローラー オールシーズンジャケット

コミネ(KOMINE) バイク用 WPプロテクション3L-パーカ

ジャケットとレインウェアの中間ポジション

小雨程度なら防ぐ3レイヤーの透湿防水生地のマウンテンパーカースタイル

めんどくさがり向けのコスパに優れるジャケット

バイク用は防御力以外も高い

ホームセンターのレインウェアと違う点は防御力…ではなく

・水が浸入しないようなしかけ
・バタつきを防いで不快感を減らす

安物のホムセンレインウェアはお腹辺りから水が侵入してくる物が多い

走行中の風に押されて進入してくる

バタつき防止はかなり重要。走行中ずっとバタバタと聞こえるのはかなり不快。
バイク用はその辺りの対策がしっかりしてます

しっかり管理出来る人向けのレインウェア

バイク用はいい値段する。1万円前後が相場

「じゃー..その分長持ちするか?」

完全に個人の管理能力に依存します

良いレインウェアを購入しても、濡れたまま放置すればすぐにカビが生えて使い物にならなくなります

使い終わった後にしっかり乾かすまでできる人向け

面倒な人はワークマンが最強

面倒って人は、ワークマンで買った物を1年ごとに交換

一番賢い使い方です

自分はめんどくさがりなので玄関に脱いだら放置気味

雨が続くと乾かすことも出来ないし...

ワークマンのレインウェアを1年ごとに交換を選択。楽すぎ