バイクのツーリング先でビール飲みたくならない?【ノンアルコール宣言】

バイクのツーリング先でビール飲みたくなることない?

ツーリング先のうまいお店、綺麗な景色を見ながら…飲めたら最高じゃん
自分はライダーズカフェによく行くけど、メニューにお酒が豊富な店だと

バイクじゃなかったらなぁ…」とかよく考えてしまう

ビール大好き人間なんで提案させてもらいます

ノンアルコールビールを好きになって、時と場所を選ばずに飲めるようにしよう!

炭酸水、ノンアルコール好きすぎて酒を卒業してしまいました

そもそも何でノンアルコールビール?

「何でノンアルコールビールとか言う不味いビール飲まないといけないの?」

飲んでみ?かなり改善されて美味しくなってるから

ノンアルコール市場は年々伸びていて、初登場の2009年から比較すると4倍も規模が拡大している。これからまだまだ伸びていく気配

ちなみにメーカーが力入れてる理由にWHOがアルコール健康被害の削減を目指してるのも理由だとか。締め付けが来る可能性が高い

世界初のノンアルコールビールはキリンビールだそうです

兵庫県は禁酒法を食らいました

4月の緊急事態宣言のせいで兵庫県はお酒の提供が禁止
平日の日中ビールを安く飲めるサービスを利用していたのにメニューから消滅…

日中一人で飲むことすら許されないとかクソすぎる

でもおかげで?日本でもノンアルビールは急速にシェアを伸ばしてる

なぜ飲みたくなるか、疲れるから

キャンプとしてる人の動画とか見ると、必ずビールが登場する

絶好のロケーションで飲みたくなるし…うまい店に出会うと飲みたくなるし…

何が言いたいというと「バイクって生身で運転するからすごく疲れる」
だから凄くのどが渇く。暖かい時期になるととにかくのどが渇く

ジュースが嫌い

じゃーペットボトルのジュース飲めばいいじゃん

苦みをくれ

甘い飲み物こそのどが渇くから好きじゃない。お茶でもいいけど

ノンアルコールビールは体にいいビール

ノンアルビールって健康的にはどうなの?

少なくともビールよりはるかにいい。体に害を成すのはビールの中のアルコール

ノンアルビールってカロリー0、糖質0が多いので特定健康食品の表示があったりする。その表示が健康な証明とも言える

ノンアルコールビールならあの絶景で飲める

バイクのツーリング先って山や海じゃん

ビール飲むのに最高のロケーションばかり
ビールは無理でもノンアルコールビールならいけるんです

これはもうノンアルビールに慣れるしかない

本当は炭酸水をおすすめしたいけど不向き

ノンアルコールビールと同等のおすすめ飲料に炭酸水があったりする

あれは美味しい。何故か苦みがあるから病みつきになる

ウィルキンソンのレモンは常に大人買いして備蓄してる
ビール飲む頻度減ったきっかけ

ただしバイクで運ぶと即効炭酸が抜けるから選択肢としては微妙

おすすめノンアルコールビール

正直、ビールほど味の違いがわからないってのが本音

どれでもいいけど、1位だけは誰もが認めるメーカー

ヴェリタスブロイ ピュアアンドフリー

誰もが認める一番うまいノンアルビール
ドイツ生まれのノンアルビールは日本のビールテイストとは違い…

ビールからアルコールを抜いたノンアルビール

絶対うまいに決まってるじゃん。こいつはとりあえず飲んでみてほしい

アサヒドライゼロ

シェアナンバー1のドライゼロ

スーパードライっぽい外観が購入欲をそそる
とりあえず最初に飲むならこれから始めたい

結構濃ゆ目の味で気に入るはず

サントリーオールフリー

正直、3番目以降はどれでもいいが本音

でも、一番飲んでるのはオールフリーなので紹介
名前の通り何から何まで0%の健康志向のノンアルビール

味はかなりさっぱりとした印象。薄いと感じる人もいるかもしれない

炭酸水から始める

炭酸水の期待できる効果

・炭酸水を飲むと、胃腸の血管が刺激を受け、胃の粘膜を活発にしてくれます。 来省吾すぐに炭酸水を飲むことで便秘も解消され、老廃物の排出がスムーズになるといわれています。

・炭酸水を食事の前に飲めば、炭酸ガスがいに入って胃の中で膨らみます。 そうすると脳が「胃が膨らんでいる=食べ物がいに入っている=満腹」と錯覚が起こり、 食べる量を抑える効果があるといわれています。

・炭酸水で洗顔をすると血行を促進し、新陳代謝を促すことで美容効果も得ることができます。

株式会社water serverより

\家でがぶがぶビールっぽい物を飲みたいなら炭酸水がおすすめ/

もしくは自分で作れる炭酸水メーカー

  • 電源不要
  • 500mlのボトルあたり約18円
  • 500mlペットボトルを毎日1本購入した時と比較すると「年間35,040円」もお得
公式サイトはこちら>>【e-soda】で始める炭酸水のある生活