乗り換えたい大型スクーター「TMAX560(2022モデル)、X-ADV」を比較しました

悩み
悩み

移動手段としてもツーリング用としても使いたい

TMAXとX-ADVってどちらがいいの?

このような疑問を解決します。

圧倒的な実績を誇るTMAX560と、アドベンチャースクーターという唯一無二のバイクX-ADVどちらも魅力的です。

性能不足とは無縁の領域、コミューターに性能を求めて何が悪い?

結論を言うと、、移動手段の快適性を極めたいなら「TMAX560」、通勤からツーリングまで完璧にこなすなら「X-ADV」。

ヤマハ・TMAX560vsホンダ・X-ADV→エンジンの特徴がまるで違う

TMAX
X-ADV

この2台のバイクは似て非なる物です。

両方手でアクセル、ブレーキを操作をするのは共通ですが、駆動系がまるで違う。

・TMAX560→ベルトドライブ駆動

・X-ADV→チェーン駆動

スクーターの魅力である「チェーンオイル注入不要」という手軽さが欲しいならTMAXを選びましょう。

普段やることは空気入れるだけ、汚れたら水ぶっかけるだけ、めっちゃ楽。

TMAX560、X-ADV・スペック

サイズ2195x780x14152200x940x1340
シート高800790
重量218236
排気量561745
エンジン直列二気筒直列二気筒
ガソリンハイオクレギュラー
馬力48/750058/6750
トルク56/525069/4750
燃費22.127.7
タンク1513
本体価格1364000
TECH MAX【1551000】
1320000

排気量が全く違うけど、発進時からパワーを最大限発揮するオートマの特性を考えれば、大きな差はないです。

共通装備

  • スポーツ走行用の足回り
  • シート下積載
  • スマートキー
  • 走行モード
  • トラクションコントロール

ヤマハ TMAX560のメリット

TMAXはスクーターの形をしたスーパースポーツです。スマホナビ表示があるので、ツーリングも快適にこなします。

・圧倒的な走行性能

・軽量化も極める

・TECH MAXは快適性を極めた仕様

圧倒的な走行性能

TMAX560は峠自慢です。下手な大型MT乗りよりも速いと言われてきました。

  • 常にフルパワーを発揮するオートマの特性
  • 二次加速の弱さはトルクの暴力で押し切る
  • 足回りはMT-09辺りと同等

ギアチェンジ不要、アクセルだけで最大限加速するので、スクーターと侮るな。

それだけじゃなく、足回りの構成が現行MT-09クラスのラジアル構成+ヤマハ独自の鋳造ホイール。

排気量が上がったことで、鬼トルクで全てを乗り切ります。

軽量化も極める

ほぼ車のコクピット

TMAXは218㎏、ライバル【236】よりかなり軽いし、バーグマン400【218】と同等です。

2022年モデルで軽量化にもさらにこだわりました。

コミューターは乗る頻度が高い。軽さは大事。

TECH MAXは快適性を極めた仕様

リア周り全てかちあげ

TECH MAXになると比較する相手すらいなくなります。

  • グリップヒーター+シートヒーター
  • クルーズコントロール
  • ワンプッシュスタート

コミューターとして欲しい快適装備を全て搭載されます。全身の防風性能も高いので、冬でも快適な走行を保証してくれます。

クルーズコントロール+オートマで何もさせる気がないバイク

デメリット

デメリットはハイオクエンジン。コミューターとしては馬鹿にならない出費になる。そして年々価格が上昇してる。

バイク売却の手順と疑問を買取業者に聞きました【5回売る】

ホンダ X-ADVのメリット

アドベンチャースクーターというだけで強みだらけです。

・NC750の強み+本気の足回り
・悪路まで想定したオフロードスクーター

・旅まで行けるスクーター

NC750の強み+本気の足回り

マスの集中化もばっちり

NC750エンジンベースの中ではかなり価格が高いバイクです。

それもそのはず、フレームから専用設計+NC750シリーズより装備が豪華。

  • NC750エンジンで燃費自慢
  • フレームから専用設計
  • スポーツ走行行けるレベルの足回り

TMAXもスクーターだけのスポーツバイクですが、X-ADVも負けず劣らずの本格的な足回りをしてます。

DCTでギアチェンジもするので、走りのキビキビ感はMTバイクの特性を持ったままです。卑怯なスクーターすぎる。

悪路まで想定したオフロードスクーター

ADVシリーズだけの強みは「悪路も想定した足回り」。X-ADVもかなり気合入ってます。

  • ブロックタイヤ
  • スポークホイール
  • 鬼トルクのNC750エンジン
  • エンジンガード
  • ハンドルガード
  • アフリカツインと共通のブレーキ
  • 走行モードでABSの作動を調節可能

悪路に強い仕様なのがADVシリーズの魅力。オフロードに行けるスクーターはADVしか無理。

想定してるのはダート走行だけど、選択肢があることが重要なシリーズ。

旅まで行けるスクーター

X-ADVは買った時点で旅バイクとして完成してます。魅力しかないバイク。

  • シート下積載
  • ETC2.0
  • グリップヒーター

スクーター要素とアドベンチャー要素、両方が入ってるので、かなり豪華な仕様になってます。

これだけ入ってるから、値段がそれなりにするのは仕方ないこと。

デメリット

デメリットは236㎏の重量。そしてチェーン駆動で定期メンテナンスが必要なこと。

スクーターというより、MTバイクの側面がかなり強いバイクです。

バイク売却の手順と疑問を買取業者に聞きました【5回売る】

究極の快適コミューター・TMAX560、悪路もこなすコミューター・X-ADV

この2台のバイクはコミューターとしては文句なし。通勤なんて余裕でこなすし、めっちゃ快適なのは間違いなし。

決定的に違うのは「休日のツーリングで何を求めるのか」。

・移動手段、たまにツーリング→TMAX560

・移動手段、休日も操る楽しさが欲しい→X-ADV

スクーターで、どれだけの頻度でツーリングに行くかで決めましょう。

通勤で使うと、あえて休日にバイクで遠出する気が起きない、、TMAXがいいかも。

スクーターの利便性は持つ

シート下に荷物が入るバイクなので、買い物用として使えます。

小回り効かないから気軽さは少ないけど、、。

車+スクーターは最強の組み合わせです。

車の本体価格、維持費が高い?バイク免許を取ればだいたい解決する

比べるだけ無駄な二台かも、、

TMAX560とX-ADVについてまとめました。

正直、スクーターという共通点以外はまるで似てないバイク、比べるだけ意味がないかも、、。

特にX-ADVで悩んでる人は、他のスクーターと比べる意味はないと思います。他のDCT車と比較した方がいいかと思います。

スクーターにも走り方があるので、上手くなるとかなり速く走れます。この2台も絶対楽しめるバイクです。

メンテナンスフリー|雨の日はスクーター系バイクが一番走りやすい