乗り換えたいネオレトロバイク「CB650R、Z650RS」を比較しました

悩み
悩み

同じ排気量のCB650RとZ650RSってどちらがいいの?

このような悩みを解決します。

この二台、どちらもかっこいいですよね。注目度はZ650RSが高いけど、CB650Rも常に売上ランキングにいるくらい人気。

結論を言うと、、

・4気筒エンジンで最大限走りを楽しみたい→CB650R

・Zの外観+大型トップクラスの軽量バイクを楽しみたい→Z650RS

ネオレトロバイクですが、方向性は結構違います。

Z650RSは入手困難

Z650RS

2022年に発売のZ650RSは入手困難です。Z900RSの人気に引っ張られて、しばらく高騰する可能性あり。

予想になりますが、、

  • Z650RS:Z-RS系列でしばらく高騰。でもスペック的にはシンプル路線、いつかは落ち着くと予想
  • Z650RS 50th:ずっと高騰

CB650Rも今は買えるバイクだけど、CB400SFが生産終了したら流れてくる可能性はあります。

ミドルクラス4気筒がCB650Rくらいしか無くなるので。

CB650R、Z650RS・スペック

サイズ2120x780x10752065×800×1115
シート高810800
重量201188
エンジン直列4気筒並列二気筒
馬力95/1200068/8000
トルク64/850063/6700
燃費21.323.0
タンク1512
本体価格979,0001012000

見た目が似てるだけで、あまり共通点がない二台。CB650Rに関しては丸目スーパーネイキッド系列。

共通装備

  • レトロスタイル
  • 650CC

ホンダCB650Rのメリット

4気筒エンジンばかり注目されますが、足回りもいい物付いてます。一番丁度いいネオスポーツカフェCB。

・下から上まで回せる4気筒エンジン

・走れる足回り

・スーフォアと同じ価格

下から上まで回せる4気筒エンジン

CB650Rはスーフォア以上に4気筒エンジンの力を最大限発揮できます。どの回転数でも4気筒サウンドを楽しめるバイク。

  • 徹底的にマスの集中化
  • アシスト&スリッパークラッチ

ホンダ以外ミドルクラスはほぼ作ってないので、唯一の選択と言っていい状態。スーフォアの生産終了が終了することで、更に需要は上がる可能性あり。

走れる足回り

CB650Rは4気筒のフィーリングを楽しむバイクというより、峠を攻めるようなバイク。

  • 41mm倒立フロントフォーク「SFF-BP」
  • ラジアルマウントキャリパー
  • トラクションコントロール

ネオスポーツカフェCBシリーズは、共通して足回り自慢です。

CB650Rは最も本気で走れる4気筒バイクの内の1つ。

スーフォアと同じ価格

CB650Rは本体価格100万円以下、スーフォアとほぼ同じ価格で買えます。ZX-25Rからもう少し頑張れば買えるバイク。

  • レギュラーガソリン
  • 燃費:21.3

CB650Rは4気筒エンジンながらレギュラーガソリン、燃費も悪くない、お財布に優しいバイク。

大型4気筒はほぼ全てハイオクエンジンになる中で良心的。

デメリット

CB650Rはバランス良くてあまり文句はないと思うけど、のんびり乗る系の姿勢ではないです。

どうしても丸目=クラシック系のイメージになる、丸目スーパーネイキッドです。

バイク売却の手順と疑問を買取業者に聞きました【5回売る】

カワサキZ650RSのメリット

大型クラスでトップクラスに軽いバイク。軽量コンパクトな車体を生かして、街中から峠まで楽しく走れるバイクです。

・Z系列の外観

・軽量軽快な走り自慢

・維持費安い大型バイク

Z系列の外観

最大の魅力は間違いなく外観

ベース車Z650からの価格上昇分を、ほぼ全て外観のために使った。Z900RSのコンパクト版でかなり似てます。

  • Z900RSと同じ、上半身クラシック装備+スポークホイール
  • Z-RSらしいこだわり

クラシック感をしっかり再現するのは、カワサキくらいしかいなくなりました。

Z650RSにZ系列のこだわりを感じたら、もう買うしかありません。

軽量軽快な走り自慢

Z650RSのセールスポイントは「軽快な走り」。重量188㎏の二気筒エンジンはトルク感バッチリ。

  • 軽量トレリスフレーム
  • 小さなエンジン
  • シンプルな足回り

マスの集中化もしっかりされてるので、Z900RS以上に出来ることは多いバイク。

カワサキの650CCエンジンは小さいので、中型バイクに見えます。

単純に軽量なバイクが好きな人にもおすすめできるバイク。

維持費安い大型バイク

50周年記念モデル

このバイクはずーっと持っていたいバイク。お金掛かる部分が全然ないから。

  • 正立フォーク+普通のキャリパー
  • エンジンオイル2.3L
  • 燃費23.0

Z650から装備を変えてないので、シンプルイズベストを継承。このバイクはコミューターの側面を持っています。

デメリット

デメリットは「高騰したら買うか?」これですね。Z650RSは大型らしい装備が特に付いてないシンプルバイク。外観のためだけに高いお金払うのに戸惑う。

そしてデザイン優先でタンクが12Lしかない。航続距離は少し寂しい。

バイク売却の手順と疑問を買取業者に聞きました【5回売る】

CB650RとZ650RSの比較→外観が決め手

この2台は性能面で全く別方向ですが、結局外観が全てです。

・ネオレトロスタイル→CB650R

・ネオクラシック→Z650RS

Z900RSと同じく、性能だけなら上位互換は周りにたくさんいます。でもZ650RSの外観は唯一無二。

実物は想像以上にZ900RSに近い。

CBの現代風丸目ネイキッドが好きか、復刻モデルZシリーズが好きか、それが全て。

どちらも乗りやすい人気のミドルクラス

CB650R、Z650RSについてまとめました。

どちらを買っても満足度は高いと思います。ミドルクラスの魅力は扱える回転域が広いこと。

実質オートマ化する1000CC以上より、走る楽しさを求める人にはピッタリです。

どちらも軽量軽快で扱いやすいのは間違いなし、手に入る内に狙いましょう。

乗り換えたいバイクZ900RSとXSR900(2022モデル)を比較する