MT-07|250CCに近い感覚で乗れる大型コスパバイク【理由を解説】

MT-07、、軽量コスパバイクとして有名

とにかく「マスの集中化」と「マスターオブトルク」のコンセプト通りのコンパクトな車体

大型バイクの中で1、2を争う実用性がある。
日常使いに使えるバイクの魅力を探る記事です

  • 250CCクラスの重量
  • 400CCクラスの価格
  • 二気筒の高燃費
  • シンプルな車体構成

スペック

・車体サイズ:2085mmx780x1105
・688CC水冷二気筒DOHC
・67馬力/8750、67Nm/6500
・シート805mm
・184kg
・タンク13L、燃費24.6km/L
・レギュラーガソリン
・¥814000

NC750シリーズとほぼ同時に出たシンプルイズベストなバイク

2021年でモデルチェンジしたけど、、外観以外変更なし。
価格上昇を抑えてくれた

とにかく軽量で扱いやすいバイク

250CCクラスの重量

  • V-strom250:189kg
  • GSX-250R:183kg
  • MT-07:184kg
  • ヴェルシスX-250ツアラー:183kg

MT-07最大の魅力、、184キロの重量

大型クラスで断トツで軽い重量は比較対象が250CCになるくらい。
取り回しのしやすさはトップクラス

日常的に使うことが苦にならない大型バイク

2気筒の魅力

マスターオブトルクという名の通り「低回転からトルクを発揮するエンジン

回さずとも走れるMT-07はかなり燃費がいい。ハイオクが増えてくる排気量の中、レギュラーガソリン使用という点もポイント高い

700CCクラスなので回すと強力な性能を発揮、非力な訳じゃない。
高速道路なんて余裕でこなす

欠点は少しタンク容量が少ない

・MT-07:2気筒レギュラー
・MT-09:3気筒ハイオク

コンパクトな車体

マスの集中化にこだわった車体は「軽量コンパクト」。
マフラーも短く「低重心化に貢献」

ハンドルも高めなので切り返しもしやすい

扱いやすさピカイチ

低価格のバイク

  1. SV650:約75万円
  2. MT-07:約81万円
  3. Z650:約85万円
  4. ZX-25R:約85万円

このバイクは大型の中でもかなり低価格

手が出しやすいミドルクラスのバイク。
何故なら足回りがシンプルな構成だから

電子制御なし、アシスト&スリッパークラッチすら付いてないシンプルさ。
維持費という面では消耗品代を抑えれるという利点にもなる

パーツのグレードが高くなくても扱えるバイク

XSR700という選択肢

MT-07:約81万円
XSR700:約92万円

MT-07は攻撃的なデザインになり「好みが分かれるデザイン

誰もが安心できるデザイン「XSR700」もあります。
価格は少し上がるけど、、車体構成はそのままなのでコスパ良し

YZF-R7という魅力

フルカウルがいいなら、YZF-R7という選択肢もありです(記事作成時日本未発表)

・足回りのグレードが少し高い?
・低いセパハン
・100万円以下?

まったく同じとはいかないけど、、エンジンはいじってないのでコスパ良し。
かなり前傾姿勢のハンドルはどうにかしたい、、

デザインでXSR700、YZF-R7という選択もあり

YZF-R7はCBR650R、NINJA650と比較したら中間ポジションだった

実用性大型バイク

実用性しかない「貴重な大型バイク

価格以上に183kgという軽量な車体が魅力的。
乗る頻度を増やしたいなら「乗ったら軽い」は自分を苦しめることになる

コスパバイクのライバルはZ650

NC750Xは2度のモデルチェンジで価格上昇

バイク用スマホナビに特化すれば更に節約可能。月0円運用も可能な格安SIMもあります

公式サイト>>楽天モバイル
バイク雑誌はKindle Unlimitedで読み放題になる