通勤からツーリングまで使える「カワサキ NINJA650」の魅力とは

カワサキを代表するNINJAシリーズ

大型クラスからスポーツツアラー思想が強くなる。
旅をするバイクとして高い完成度を誇るNINJA650は「実用性の高いフルカウルスポーツ

その理由を探っていく記事です

  • 二気筒低回転のトルク重視
  • 200kg以下の軽量大型バイク
  • 100万円以下のフルカウル
  • ツアラー思想で楽な姿勢
  • カッコいいデザイン

カワサキ NINJA650 スペック

・649CC水冷並列二気筒エンジン
・車体サイズ:2055mm×740×1145
・68PS/8000、63Nm/6700
・194kg
・シート高790
・タンク15L、燃費23.6
・レギュラーガソリン
・902000円

二気筒エンジンを搭載したスポーツツアラー。

NINJAシリーズは650からツアラー思想がかなり強くなる

スポーツ要素は見た目だけでかなり楽な乗車姿勢。100万円以下で買える唯一の大型スポーツバイク

ツアラー要素が強いと言うことは、、実用性も高いと言うこと。ハイオクエンジンも混じってくる排気量だけど「レギュラーです

大型二気筒エンジンの魅力

  1. NINJA650:2気筒エンジン
  2. CBR650R:4気筒エンジン

中型まで高回転型だった二気筒エンジン

650CCまで来ると低回転からトルクを発生させるエンジンになる。
回さなくても走れるエンジンは燃費に貢献する(23.0km/L)

大型クラスになると、低回転型でも余裕で高速道路の速度域まで達する

タンクも15Lあるので航続距離良し。

二気筒の方が「エンジン周りの消耗品も安く抑えれる」。
しかもカワサキの650CCエンジンはNINJA250クラスのエンジンオイル量(2.3L)

NINJA650は直立姿勢

NINJA650は中型ニンジャ以上にスポーツツアラー思想が強くなる。

  • セパレートハンドルだけど垂れ角なし
  • 高いハンドル位置

前傾要素がないので毎日乗るのが辛くなると言うことも無い。

しかもカウルに覆われているので疲れにくい

もちろんツーリングバイクとしても最適。リアシートも荷物載せやすい形状。

NINJA650は安い

  1. NINJA650:913000円
  2. CBR650R:1056000円
  3. VFR800F:約150万円
  4. NINJA1000:約150万円

このバイク最大の魅力は「100万円以下でこのスタイリングを買える

安い大型バイク=ネイキッドの中、唯一良心的な価格で購入可能。
フルカウルと言うことは、、雨や風を防ぐことが出来る

これより上の排気量は価格が一気に上がる(本格的)

NINJA650は軽い

  1. MT-07、XSR700:183kg
  2. Z650、Z650RS:189kg
  3. MT-09:189kg
  4. NINJA650:194kg

重量194kgは大型の中では軽い

しかもフルカウルで200kg以下はNINJA650だけ
スポーツ系バイクで取り回しが容易な大型バイク

NINJA650はシンプル

  • 大型バイクの消耗品は高い
  • 大型バイクのパーツは持ちが悪い

攻めた姿勢に対して車体構成はシンプルイズベスト。いい意味でも悪い意味でも、ひと昔前のミドルクラスの足回り。

電子制御なし(スマホ接続はある)。
足回りのグレードも高い物ばかり使ってるという訳でもない

  • 正立フォークに普通の対向ピストンキャリパーのダブルディスク
  • 耐久力自慢のツーリング系タイヤ(ダンロップ社製タイヤ、SPORTMAX Roadsport 2)

大型に実用性を求める上では実は有利に働く。消耗品が安く済むから。

サーキット前提のパーツは「耐久性度外視」なので、値段も交換頻度も高い。

フレームはしっかり専用設計なので剛性は本物

向いてない人

正直、好みの問題レベルの欠点って感じです。
かっちりとしたオンロード性能が欲しいならCBR650Rもあります

試乗会で乗ったときサスペンションが柔らかいと感じていたので購入時にハイパープロのフォークスプリング&オーリンズリアサスを取り付け済みです。サグ出しはオーリンズの取扱説明書を基準に調整

価格.comカスタマーレビューより

実は昔から居るバイク

NINJA650は実は10年近く前から走ってたりする、、「旧名NINJA400

NINJA650を実用性高いという理由の一つに「通勤で旧NINJA400に乗ってた人を何人か見てきたから」。快適さが売りのバイクは実用性が高いということ

NINJA650も通勤で使ってる人いました

Z650という選択肢

・Z650:847000円

ネイキッドの方がいいという方は「Z650」。
こちらもMT-07と並ぶ大型エントリーモデルのバイク

Zと言えば攻めるイメージ。Z650はNINJA650と同じくツアラー要素強めで乗りやすい

Z650は価格もかなり安い側

Z650RSは維持しやすいネオレトロ

同じ車体構成のネオクラシック「Z650RS」もあり

ティアドロップタンクになった分「容量は減ったけどZ650より2キロ軽くなった」。実はZ650シリーズで一番最軽量187kg

価格上昇分を外観の作りに全振りしてる「だけ」だから、足回りの構成はNINJA650やZ650と同じ。それが実用面では有利に働く

維持しやすいバイク。外観の好みで決めましょう

本体価格には惜しみなくお金出すけど、維持費は安く抑えたい人向けのZ-RSシリーズ

乗り換えたいネオレトロバイク「CB650R、Z650RS」を比較しました

日常から休日までこなす大型フルカウル

・大型バイクに実用性を求めたい、、
・カッコいいスポーツ系に乗りたい、、

両方の願いを叶える理想的なバイク「NINJA650」。
日常から休日までこなす大型スポーツツアラー

どうせなら4気筒のCBR650Rにしよう

性能、足回りの装備が本物すぎて「維持費にかなり差が出ます」。
燃費やコスパを求めて4気筒に乗るのは危険

ただしCBR650Rはレギュラーガソリン+ニンジャに近い燃費でかなり頑張ってます

4気筒:エンジンオイルの量やパーツが約2倍必要。
足回りも本格的なスポーツ構成

バイクワン →乗り換えで3万円サポート

バイク王 →バイク王のバイクへの乗り換え支援あり

バイク館 →高値で買取してるバイクがわかる