NINJA650|100万以下のスポーツツアラーは実用性高い【理由を解説】

カワサキを代表するNINJAシリーズ

大型クラスからスポーツツアラー思想が強くなる。
旅をするバイクとして高い完成度を誇るNINJA650は「実用性の高いフルカウルスポーツ

その理由を探っていく記事です

  • 二気筒低回転のトルク重視
  • 200kg以下の軽量大型バイク
  • 100万円以下のフルカウル
  • ツアラー思想で楽な姿勢
  • カッコいいデザイン

スペック

・649CC水冷並列二気筒エンジン
・車体サイズ:2055mm×740×1145
・68PS/8000、63Nm/6700
・194kg
・シート高790
・タンク15L、燃費23.6
・レギュラーガソリン
・902000円

二気筒エンジンを搭載したスポーツツアラー。
長距離を走る為の仕掛けが多いジャンル。NINJAシリーズは650からツアラー思想がかなり強くなる

スポーツ要素は見た目だけでかなり楽な乗車姿勢。
100万円以下で買える唯一の大型スポーツバイク

ツアラー要素が強いと言うことは、、実用性も高いと言うこと
ハイオクエンジンも混じってくる排気量だけど「レギュラーです

大型二気筒の魅力

  1. NINJA650:2気筒エンジン
  2. CBR650R:4気筒エンジン

中型まで高回転型だった二気筒エンジン

650CCまで来ると低回転からトルクを発生させるエンジンになる。
回さなくても走れるエンジンは燃費に貢献する

大型クラスになると、低回転型でも余裕で高速道路の速度域まで達する

タンクも15Lあるので航続距離良し

二気筒の方が「エンジン周りの消耗品も安く抑えれる

燃費向上、消耗品を抑える二気筒低回転型

楽な姿勢

NINJA650は中型ニンジャ以上にスポーツツアラー思想が強くなる

セパレートハンドルだけど、、ほぼ垂れ角なし。高さもかなり高い。
前傾要素がないので毎日乗るのが辛くなると言うことも無い

しかもカウルに覆われているので疲れにくい

もちろんツーリングバイクとしても最適。リアシートも荷物載せやすい形状

垂れ角なしの楽すぎる乗車姿勢

100万円以下のスポーツ系バイク

  1. NINJA650:902000円
  2. CBR650R:1056000円
  3. VFR800F:約150万円
  4. NINJA1000:約150万円

このバイク最大の魅力は「100万円以下でこのスタイリングを買える

安い大型バイク=ネイキッドの中、唯一良心的な価格で購入可能。
フルカウルと言うことは、、雨や風を防ぐことが出来る

デザインと快適性を両立した理想的なバイク。
これより上の排気量は価格が一気に上がる(本格的)

唯一の100万円以下の大型スポーツ

軽量バイク

  1. MT-07、XSR700:183kg
  2. Z650、Z650RS:189kg
  3. MT-09:189kg
  4. NINJA650:194kg

重量194kgは大型の中では軽い

しかもフルカウルで200kg以下はNINJA650だけ
スポーツ系バイクで取り回しが容易な大型バイク

唯一の200kg下回るフルカウル

シンプルな構成

・大型バイクの消耗品は高い
・大型バイクのパーツは持たない

攻めた姿勢に対して車体構成はシンプルイズベスト

電子制御なく(スマホ接続はある)、足回りのグレードも高い物ばかり使ってるという訳でもない

大型に実用性を求める上では実は有利に働く。消耗品が安く済むから

フレームはしっかり専用設計なので剛性は本物

実は昔から居るバイク

NINJA650は実は10年近く前から走ってたりする、、「旧名NINJA400

NINJA650を実用性高いという理由の一つに「通勤で旧NINJA400に乗ってた人を何人か見てきたから」。快適さが売りのバイクは実用性が高いということ

NINJA650も通勤で使ってる人いました

Z650という選択肢

・Z650:847000円

ネイキッドの方がいいという方は「Z650」

Zと言えば攻めるイメージ。Z650はNINJA650と同じくツアラー要素強めで乗りやすい

Z650は価格もかなり安い側

Z650RSの可能性

同じ車体構成のネオクラシック「Z650RS」もありかも、、(記事作成時価格不明)

ティアドロップタンクになった分「容量は減ったけどZ650より2キロ軽くなった」。実はZ650シリーズで一番最軽量187kg

価格次第で実用性を求めれるRSシリーズ

日常から休日までこなす大型フルカウル

・大型バイクに実用性を求めたい、、
・カッコいいスポーツ系に乗りたい、、

両方の願いを叶える理想的なバイク「NINJA650」。
日常から休日までこなす大型スポーツツアラー

どうせなら4気筒のCBR650Rにしよう

性能、足回りの装備が本物すぎて「維持費にかなり差が出ます」。
燃費やコスパを求めて4気筒に乗るのは危険

4気筒:エンジンオイルの量やパーツが約2倍必要

バイク用スマホナビに特化すれば更に節約可能。月0円運用も可能な格安SIMもあります

公式サイト>>楽天モバイル
バイク雑誌はKindle Unlimitedで読み放題になる