SV650|400CC価格、変わらないクラシックコスパバイク【理由を解説】

スズキのミドルクラス「SV650」

今のいい装備を積み込みまくる方向性から逆を行く「昔ながらのクラシック」。でもおかげで非常に扱いやすいバイク

人気も高いバイクの実用性を探っていく記事です

  • クラシックな車体
  • 燃費が非常にいい
  • 約76万円断トツで安い
  • ローRPMアシストでエンストに強い

スペック

・車体サイズ:2140x760x1090mm
・V型二気筒エンジンDOHC
・76.1PS/8500 64Nm/8100
・197kg
・シート785mm
・タンク14L 燃費26.6km/L
・レギュラーガソリン
・¥785000円

「トレリスフレーム、Vツインエンジン」

昔からの組み合わせ。クラシックな車体は誰が乗っても安心できる。
V型エンジンは今の時代貴重

ネオクラシックではなく、クラシックモデル

大型最安値

  • MT-07:約81万円
  • Z650:約84万円
  • SV650:約76万円

SV650最大の強みが「約76万円の価格

ほとんど400CC価格。大型の中で近い価格なし。
圧倒的に高いコストパフォーマンスを発揮

価格はライバル達を圧倒する

断トツで安い大型バイク

V型二気筒の魅力

ほとんど消えてしまったVツイン

ドコドコサウンドを聴けるのはSV650だけ。
トルクフルなエンジンは燃費に大きく貢献。大型トップクラスの燃費を誇る

レギュラーガソリンなのもポイント高い

ローRPMアシスト」で低回転時のエンストを防ぐ機能も扱いやすさに貢献する

誰もが知ってる車体構成

SV650は今の電子制御や装備を入れないシンプルスタイル

エンジンが車体に収まってるので実物は細身

クラシックな車体構成は誰もが乗ったことがある「安心感のあるクラシックスタイル」。ハンドルも高くて乗りやすい

欠点は軽量化技術も少ないので「197kg」。ライバルより少し重い

みんな知ってる車体構成

SV650Xという選択肢

カフェレーサースタイルが好みの方は「SV650X

値段は上がるけど、その分クラシック感を強調する装備が追加されてます。
こちらも高い人気。全く垂れ角ないハンドルなんでご安心

前傾にならないカフェスタイルSV650Xも使い勝手良し

大型コスパの代名詞

この価格で大型バイクが手に入る魅力

性能を追求しないクラシックバイクは維持費という部分では有利「消耗品代を抑えれるから

重さが200キロ近いので、取り回しがライバルより不利。
その分「価格、燃費」は圧倒。

コスパという言葉しか似合わないバイク

バイク用スマホナビに特化すれば更に節約可能。月0円運用も可能な格安SIMもあります

公式サイト>>楽天モバイル
バイク雑誌はKindle Unlimitedで読み放題になる