NINJA1000SXのライバル「NT1100・GSX-S1000GT」を比較する

悩み
悩み

2022年に登場したNT1100、GSX-S1000GTって何が違うの?

このような悩みを解決します。

NINJA1000SXが独占してた大型スポーツツアラーにライバル登場。2010年代に入ってから下火になった、大排気量ツアラーが一気に盛り上がりそうな気配。

ざっくり特徴を言うと、、

  • バランス型→カワサキ NINJA1000SX
  • スポーツ寄り→スズキ GSX-S1000GT
  • ツアラー寄り→ホンダ NT1100

結構はっきり分かれてます。中身も誤差みたいな内容になります。なので比較系の結論は「かっこいいと思う外観で選べ」になります。

NINJA1000SXvsNT1100、GSX-S1000GTという構図

実績という点ではNINJA1000SXが圧倒してます。毎年大型売り上げランキングに顔を出す、スポーツツアラーとしての地位は完全に確立。

疑問
疑問

NT1100もGSX-S1000GTも新型だから当たり前じゃ?

GSX-S1000GTは先代GSX-S1000Fのモデルチェンジです。既に結構長くいます。

とは言っても、かなり別物レベルに進化してるので、いい勝負する気はします。

昔は1200CC辺りで勝負してたツアラー対決は、今は1000CC辺りで勝負。

NINJA1000SX・NT1100・GSX-S1000GT|スペック

サイズ2100×830×11902240x865x13602140x825x1215
シート高(mm)820820810
重量(kg)236248226
燃費(km/L)17.519.316.6
エンジン並列4気筒直列2気筒直列4気筒
馬力(PS)141/10000102/7500150/11000
トルク111/8000104/6250105/9250
タンク192019
価格151800016830001595000

1000CCスポーツツアラーの利点は「スーパースポーツベース、操作感の向上、軽量化」。

大幅に軽量化+マスの集中化で、スポーツとしても、ツアラーとしても楽しめます。

共通装備

  • スポーツ系の足回り
  • クルーズコントロール
  • クイックシフター(NINJA1000SX、S1000GT)
  • スマホナビ表示機能(NT1100、S1000GT)
  • グリップヒーター(NINJA1000SX、NT1100)
  • ETC2.0

カワサキ NINJA1000SXのメリット

ライバルが多数登場してもNINJA1000SXだけの強みはあります。

・バランスの良さ

・安全装備IMU搭載

・スポーツツアラーの完成度

バランスの良さ

NINJA1000SXは完璧な中間ポジションのバイクです。

4気筒エンジンはツアラーらしく、馬力、トルク共にバランスのいい特性になってます。そしてNINJAシリーズのかっこいい外観は高い所有感を提供。

ライバルが登場しても、操作性の優れるスポーツツアラーの地位は揺るぎません。

安全装備IMU

ライバルと決定的に違う点は「IMU」。あらゆるシチュエーションで電子制御が介入、ライディングの不安を取り除いてくれます。

  • トラクション(コントロール)
  • コーナリング
  • ウィリー
  • エンジンブレーキ

最近だと「重いバイクなのにコーナリング軽い」という表現に、この中にIMUが関わっています。

攻め、守り両方が欲しい人はNINJA1000SXが最強です。

スポーツツアラーの完成度

トータルバランスではNINJA1000SXが最強です。

あえて飛びぬけた場所を減らして、ツアラーらしいバランスを実現。フロントライトを共通化してるカワサキのバイクの中で、独自性を保ってるのもいい感じです。

もっと前傾で攻めたいなら「GSX-S1000GT」、もっと楽して旅したい「NT1100」と完全に差別化。

デメリット

あえてデメリットを上げるなら、、ナビ表示がない。スマホ接続機能はあるけど「車体状態管理機能」。

ホンダ NT1100のメリット

少し離れた土俵で勝負するNT1100はツアラーらしさに強みを持つ。

・超大排気量ツアラーレベルの快適性

・DCTの旅バイクとしての完成度

・2気筒エンジンは強い

超大排気量ツアラーレベルの快適性

2022 HONDA NT1100

間違いなく最大の強みは防風性能

・手まで覆う幅広のスクリーン

・幅広のフロント+サイド一体型のカウル

・足まで覆う

高速道路の快適さは飛びぬけて高い、すべてを覆ってくれるから。

NT1100だけ昔の超大排気量ツアラークラスの快適性を持っています。とにかく楽したい人向けのツアラーです。

DCTの旅バイクとしての完成度

ホンダ独自機能「DCT」を標準搭載+クルーズコントロールで、ライダーに何もさせる気なし。

  • リアキャリア
  • 腰に優しいシート構造
  • オートキャンセルウィンカー
  • センタースタンド
  • グリップヒーター
  • USB+DCソケット

NT1100は最初から全部載せ系バイクです。リアボックスを買えば、旅バイクの完成です。

とにかくこのバイクは旅の快適さに全振りしてます。何日でも走っていられるバイク。

2気筒エンジンは強い

NT1100だけ二気筒エンジンです。でも実績は圧倒的。

  • CRF1100L アフリカツイン
  • レブル1100
  • Hawk11

二気筒の鬼トルクで発信から力強い加速感を感じれる。

そしてNT1100の強みとして「レギュラーガソリン」であること+燃費がいい。かなりお財布に優しいツアラーでもあります。

デメリット

DCT搭載車の宿命「重い」。このバイクはライバルよりは重い、昔のバイクほどではないけど、、

バイク売却の手順と疑問を買取業者に聞きました【5回売る】

スズキ GSX-S1000GTのメリット

かなりカッコよくなったけど、強みも外観通りです。

・スポーツ寄りのエンジン特性

・ツアラーとしての快適性

・一番本気にさせてくれるツアラー

スポーツ寄りのエンジン特性

GSX-R1000ベースのフレーム+エンジンは最もパワフル。

馬力は一番高いので、回して楽しいツアラーとして、スポーツ性を重視してます。足回りもスポーツ性を重視した構成。

だから前傾姿勢の疲れる仕様って訳ではないのでご安心。休日のツーリングでも楽しめるバイクはGSX-S1000GTが最強。

ツアラーとしての快適性

走りが売りだけど、ツアラーらしさは忘れてない。

  • スマホナビ表示機能
  • 幅広のスクリーン
  • ハンドルの防風効果を考慮したミラー
  • ハンドル穴からの巻き込み風を軽減するロアブラケットカバー
  • クルーズコントロール

快適性もしっかりアップデート。あくまで本業は旅をするバイクです。

一番本気にさせてくれるツアラー

ライバルと比較しても、一番軽いし、走ってて楽しい仕様かもしれません。もちろん誤差レベルの差ではあるけど、この外観だけで走りたいと思わせてくれる。

一番スポーツ性を重視した人はGSX-S1000GTが最強。

デメリット

デメリットは燃費が良くない。航続距離に関わる部分は不利。その分走る楽しさとトレードオフ。

バイク売却の手順と疑問を買取業者に聞きました【5回売る】

スポーツツアラー決め手は外観で選ぶ

  • バランス型→カワサキ NINJA1000SX
  • スポーツ寄り→スズキ GSX-S1000GT
  • ツアラー寄り→ホンダ NT1100

ぶっちゃけ、決定的な差はこの3台にはありません。どれを選んでもツアラーとしての完成度はかなり高い。

最後の決め手は「どれがかっこいい」か、好みのデザインで決めてしまいましょう。

バイクは高速道路が値引き

今年から片道100㎞以上は、高速道路料金が値引きされます。これまでフルカウルに興味なかった人も選ぶ理由が出来ました。

高速道路を快適にするという意味では、この3台は最強のバイクです。

高速道路片道100㎞を快適に走れるバイクを紹介【半額】

本当の敵はヤマハ トレーサー9GT

売り上げ、人気という点において、本当のライバルは「トレーサー9GT」です。

疑問
疑問

トレーサー9GTってアドベンチャーじゃ?

どうみてもアドベンチャーですが、公式はスポーツツアラーと定義してます。両方持つことが許されてるバイク。性能も文句なしの全身電子制御まみれのマシンです。

  • 3気筒の凶暴なエンジン
  • フルラジアル構成のサーキット仕様
  • シート高2段階調節で誰も乗れる
  • IMU+電子制御サスペンションの路面まで管理
  • コーナリングライトで夜間走行も強い
  • ダンパー付きサイドケースステー

大型バイクらしい余裕はスポーツツアラーが最強

1000CCスポーツツアラーについてまとめました。

日本の道路環境に一番合うのはスポーツツアラーだと思います。舗装路しかない国なので、オンロード特化が一番乗りやすい。

スーパースポーツは本格的すぎて疲れるし、ツアラーがもう1度勢いが出るのはいいこと。

今年は高速道路が値引きになったので、スポーツツアラーを選ぶ理由は、これまで以上に上がりました。

快適なツーリングを楽しみたいならご検討を。