通勤からツーリングまで使える軽量バイク「CB250R」の魅力とは【レビュー】

CB250Rに乗り換えて2年半を過ぎた。

コロナの影響で、乗る頻度は多いとは言えないけど…

愛着は消えることもなく、むしろ扱いやすさが際立ってるバイク高性能な250CCバイクがどんどん出てくる中、CB250Rを選んでよかったなと思う

10年近く移動手段として乗ってるので、実用面でCB250Rの魅力を探っていく記事です

CB250R・通勤バイクとして125CCと張り合える

  • CB125Rと共通のフレーム
  • 細身
  • 144㎏とライバルなし

通勤で毎日となると軽い方が有利。

毎日取り回しが必要になると、重いバイクは面倒になってくる。144kgしかないCB250Rはシティーコミューターとしても優秀。めっちゃ軽いのでビッグスクーターより取り回し楽です。

原付2種と扱いやすさ変わらない

コロナの「密」の回避に「原付二種」売り上げが好調らしいけど、、CB250Rも全然張り合える気軽さがある。

CB250Rのために普通免許取ってもいいくらいです。合宿免許がお得なので「バイク免許を取るついでに合宿で安く旅行を楽しむ」見てください。

CB125Rと車体

CB250Rは125CCフレームをベースに作ってる。軽量コンパクトな理由。

違うのはエンジンくらいです。

ホンダCB250R・スペック

2022
エンジン水冷単気筒
全長x全幅x全高2020x805x1355
シート高795
重量144
馬力27PS/9000
トルク23Nm/8000
タンク容量10L
燃費33.7
本体価格564300円

丸目なだけ」のスーパーネイキッド系バイク

2020年年間売り上げ10位と健闘しているバイク。単体でランキング入りしていると考えれば、悪くない売り上げを誇る

ネイキッドとスーパースポーツはセットで売り上げが出る。例:MT-25、YZF-R25

ネオクラシックな見た目、超軽量な車体が魅力

  • ネオクラシック系の外観
  • 144kgと飛びぬけて軽い
  • エンジン性能良し
  • しっかりとした足回り
  • 燃費がいい

CB250R・圧倒的な軽さで乗ると安心する

  1. CRF250L 140kg
  2. CB250R 144kg
  3. ジクサー250 154kg
  4. Z250 164kg
  5. MT-25 169kg

近年馬力競争が激化して、どんどん高性能なバイクが出てくる。

正直「目移りしない」と言えばウソになる。やはりバイクは無い物ねだりになりがちな乗り物。

バイクはメリットとデメリットが共存する乗り物

でも乗ると、CB250Rで良かったなと思う。

取り回しが軽すぎる

144kgの車体は、本当に乗るまでのハードルを劇的に下げてくれる

乗るまでが気楽すぎて走り出すとホッとする。軽量コンパクトで取り回し最強に楽。

ただし、1年以上経つと慣れてきた影響で「バランスを崩しそうになる」回数が増えてきている。

結局、慎重さが無いと軽いバイクでも立ちごけの危険性は常に付きまとう

コーナリング簡単すぎる

軽量コンパクトで寝かすのが簡単。軽いバイク特有のインからインに曲がれるバイク

というか、意識して車体傾けなくても勝手に曲がるレベル。コーナーの簡単さは、限りなく125CCに近い。CB250Rはコーナリングマシンです。

CB250R・実用性しかない車体構成

144kgと圧倒的な軽さもそうだけど、燃費もかなりいい。

ずーっと平均燃費40km/L辺りを維持している状態が続いている。ただし公道では回さないので個人差は必ず出る。

平均30km/Lちょっとしかない人もいる。使い方次第

デメリットはタンク容量が「10L」しかない事と言われるけど、、40km/Lで走ってるので特に問題なし。一日中走っても使い切ることはない。

いい加速します

軽い単気筒バイクはいい加速をします。

発進のスムーズさも実用的な理由ですね。

CB250R・ツーリングで力を発揮する

軽い車体はツーリングで有利、荷物を積んでも取り回し出来る範囲で収まるから

  • 荷物積んでもまだ軽い
  • リアシート幅広、フラットシート
  • 航続距離良し

乗車姿勢もちょっと前傾程度なので、大きな負担にはならない。手前にハンドルが来るというより「モタード的」な幅広なハンドル。

旅に向いてるバイクだと個人的には思う。お土産大量に入れても、まだ押し引きが出来る。

普段と重さがまるで違うので慎重に扱うことを推奨

CB250Rのデメリットは2022モデルで解決

・56万円
・超軽い
・コンパクト
・燃費良し

日常からツーリングまで行ける一台。でも欠点もある、、、

CBシリーズ、水冷単気筒勢にあってCB250Rにないもの

  • シフトインジケーター
  • アシスト&スリッパークラッチ
  • フロントサスペンション「SFF-BP」
    ショーワ製最新機構:左右のサスで違う役割を与える+それをビッグピストンで制御

CB250R(2022モデル)ですべて追加されました

シフトインジケーター

今何速かメーターに表示される機能。2.3速辺りで、たまにどちらかわからなくなるくらいで、無くても問題なし

アシスト&スリッパークラッチ

クラッチ操作が軽くなる+ギア下げすぎた時のバックトルクを逃がし、リアタイヤのスリップを防ぐ機能。

ギアは単気筒だから軽いから問題なし。スリッパークラッチはあると回転数高くても強気にギア下げれる利点あり。

ショーワ製倒立フロントフォークSFF-BP

左右のサスに違う役割を与え、ビッグピストンでしっかり制御。

現行モデルでも既に41mmの大型クラスの物がついてます。

ベテランにはどちらでもいい装備

ベテランにはどっちでもいいかなって機能。CB250Rは操作軽いので。

ファーストバイクに最適なバイク

CB250Rは簡単すぎるくらい簡単な250CCバイク。CB400SF(教習車仕様)に絶望したらウェルカム。

  1. グーバイクなどで検索
  2. 車種、県を絞る
  3. 家の近くのお店を探す

CB250Rは中古が結構あるので、お得に乗れるバイクでもあります。ぜひ探してみましょう。

バイク買取専門店バイクワン →乗り換えで3万円サポート

バイクを売るならバイク王 →バイク王のバイクへの乗り換え支援あり

バイク売るなら高価買取の【バイク館へ】 →高値で買取してるバイクがわかる

分割購入ならクレジットカード

購入するならクレジットカードを忘れないように。「イオンカード」ならイオンがどこにでもあるので、簡単にポイントたまります。


まぁ、、本体価格56万円なんで現金一括で買えなくもないです。

CB250R・乗るまでのハードルを下げてくれるバイク

大型バイクでよく聞く言葉

・動いてしまえば楽
・CB250R「乗るまでが楽」

バイク乗るのは好きだけど、乗るまでが面倒って人に向いてる。

一定の売り上げを誇るので強く言う必要はないけど、スペックには出ない魅力がCB250Rにはたくさんある。

非力そうな印象だけど27馬力あります。

  • ネオクラシック系の外観
  • 144kgと飛びぬけて軽い
  • エンジン性能良し
  • しっかりとした足回り
  • 燃費がいい