ジクサーSF250|実用性の塊でしかないスポーツツアラー【理由を解説】

2020年発売の新しいバイクジクサーSF250

インド生まれのGB350も注目度が高いが、同じくインド生まれのジクサーも魅力にあふれている

10年間移動手段としてバイクに乗ってる身としては…

250CCの中で最もコストパフォーマンスに優れるバイクだと思う

その理由と実用性の高さを探っていく記事です

>>ファミリーバイク特約って本当にオススメなの?

人気の250CCの中で超低価格

今も昔も変わらない人気の排気量。車検がないのはやはり魅力的

とりあえずバイクに乗るなら250CCから始める人が多い

ジクサーSF250はフルカウルながら..

481800円という低価格。80万円台のスーパースポーツがいる中で安すぎる価格設定安かろう悪かろうなイメージだが、こいつは使い勝手を考えると悪くない

コロナ禍で「密」の回避手段として注目されているバイク市場の中では、とりあえずの1台にうってつけ

セカンドバイク需要に答える一台

ジクサーSF250|スペック

エンジンSOHC油冷単気筒
全長x全幅x全高2010x740x1035
シート高800
重量158
馬力26PS/9000
トルク22Nm/7300
タンク容量12L
燃費37.7
本体価格481800円

スズキが軽量、コンパクトなエンジンを追求した結果生まれたのが…

オイル冷却システム(油冷)

過去に採用していた油冷エンジンを久しぶりに復活

軽量な車体は同社のGSX-250Rより軽量コンパクト、しかも馬力もSF250の方が高い馬力競争が激化していく中で、逆行するかのようなコンセプトは扱いやすさ抜群

  • 50万円を下回る価格
  • しかもスポーツツアラータイプ
  • 高い燃費
  • 軽量
  • 馬力も高め
  • シフトインジケーター
  • スクリーンはおまけサイズ

スポーツ系バイクとしては超軽量+日常的に使える

  1. ジクサーSF250 158kg
  2. NINJA250 166kg
  3. CBR250RR 167kg
  4. YZF-R25 170kg
  5. GSX-250R 181kg

ジクサーSF250はスポーツ系バイクと比較すると「軽量すぎるくらい軽量

160kg後半以降が標準的な重量になる中、1台だけ158kgと断トツの数値。単気筒CBR250R(ABS)ですら163kgだった

単気筒と二気筒を比較するのは可哀想とも言える。他のバイクもかなり軽量化している

軽量なバイクなので実用性は高め

セパレートハンドルは低めのイメージが強いが、ジクサーSF250はかなり高い

他のスーパースポーツと並ぶとワンサイズ小さく見える

作り込みは他社のスーパースポーツの方がかなり高い。価格を考えれば割り切ってる部分が多い

数値だけならホンダの単気筒を超える燃費

フロントカウル全体ライト
  • ジクサーSF250 37.7km/L
  • CB250R 33.7
  • レブル250 34.1

ジクサーSF250は燃費もいい

カタログスペックでは燃費自慢のホンダバイクを超えるタンク容量も12Lと多めに確保されてるので、航続距離も400㎞を超える

ツーリングにも有利なバイクだが、ガソリンスタンドに行く頻度を減らせる利点は通勤でも楽になる

回すようなエンジンでもないので、実燃費との差はあまりないはず

フルカウルは移動を楽にする

ジクサーSF250はフルカウルバイク

軽量コンパクトが魅力のバイクは基本ネイキッド系が多い中、、

軽量+低価格+フルカウルすべてを備えたバイク。カウルの防風性能は長距離を移動する上では疲れを軽減してくれる

どの部分を見てもシティーコミューターとして最適

スクリーンは短いので交換した方がいいかもしれない

250CCで一番おススメ出来るコスパバイク

  • 安い
  • 軽い
  • 馬力もほどほどある
  • フルカウルで防風効果
  • 燃費いい
実用性の塊の様なバイク にしか見えない。間違いなく使い勝手はいいはず

他のバイクと違ってスポーツツアラー系でコスパバイクなのが魅力的すぎる250CCは年々値上がりして、60万円以上が当たり前になりつつある排気量

その中でこれだけコスパに優れるバイクを出してくれたスズキに感謝

  • 全国無料出張査定、中古バイク即日現金買取
  • 特殊車両、 事故車や不動車なども買取対応
  • オンライン自動査定から、最新のバイク買取相場がすぐに調べられます
  • 乗り換えで最大3万円支援
公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン