レブル250|大人気のクルーザーは実用性も高め【理由を解説】

2020年売り上げ1位の大人気クルーザー

2位の倍、1万台以上売れた「一人勝ち状態」のバイクは実は通勤向けのバイク

コロナの影響で更に小型、中型バイクの売り上げは上がっている。注目度は更に上がっていくと予想される

スタイリングだけじゃなく、実用面でも魅力を探る記事です

10年近くバイクを移動手段として乗ってるので、クルーザーを通勤バイクとして乗ってる人を結構見る

車検がない人気の排気量

今も昔も変わらない人気250CC。
最大の理由は「車検のない最大排気量」。維持費が安く済むので手が出しやすい

最初の一台に250CCは最適…というか最初の一台に選ばれ続けてる排気量

コロナ禍で「」の回避にバイクの注目が集まっている

大昔からある伝統のスタイル

クルーザー+レザージャケットは大昔からある組み合わせ

ライダーの為の最適解

派手さが消えたネオクラシック系になり、レザージャケットも落ち着いたデザインが好まれる

公式サイトはこちら>>メーカー直営店【DEGNER】

レブル250|スペック

エンジン水冷単気筒
全長x全幅x全高2205x820x1090
シート高690
重量170
馬力26PS/9500
トルク22Nm/7750
タンク容量11
燃費34.1
本体価格599500円

発売してからずっと年間売り上げ1位を誇る名車

これまでの250CCは「二気筒エンジン」が主流だったが、レブル250は「単気筒エンジン」。これがレブルの扱いやすさに繋がる利点

フルLED化したことで、よりネオクラシック感が増した。クルーザータイプとしてはクラシック系というより現代のマシン感強め

街中で現行モデルを見る機会も出てきたが…

ぱっと見とても250CCには見えないカッコよさ

  • 現状250CC唯一のクルーザー
  • 圧倒的売り上げ1位
  • 170kgとかなり軽量
  • 26馬力と意外と走れる性能
  • 約60万円と今の250CCの中では安い側
  • アシスト&スリッパークラッチ、シフトインジケーター

クルーザーは消極的な理由で通勤向け

クルーザーはツーリングを楽にする姿勢に特化したバイク

一方で、、通勤で見かけるバイクもクルーザー

サイズ感的に一番向いてない車種にしか見えないが、シート高の低さが「女性に支持される」。身長的にクルーザー系が一番足つきがいい

足つきの良さ+デカい物に乗りたいという女性の所有感を満たすのがクルーザー

単気筒エンジンを搭載したレブル250は軽量で扱いやすい。170kgの重量は250CCの中では軽い訳ではないが…
250CC|1番人気の排気量のバイクの特徴を紹介

200kg超えが当たり前のジャンルの中では断トツで軽い

現行クルーザー

  • レブル500 190kg
  • レブル1100 223kg(DCT233kg)
  • カワサキ バルカンS 229kg
  • ヤマハ BOLT Rスペック 252kg
  • ハーレー IRON883 256kg
  • ハーレーIRON1200 256kg
  • トライアンフ ボンネビルボバー 237kg

単気筒エンジンは実用性高め

単気筒エンジンは燃費がいい。シンプルな構造のおかげでどれも燃費に優れる

レブル250もWMTCモード値34.1㎞/Lと高燃費

燃費の良さは航続距離の長さに繋がる。
航続距離が長いと「ガソリンスタンドに行く頻度」の減少に繋がる

ホンダのバイクは燃費に関して言えば、悪いバイクを探す方が難しい

通勤距離にもよるけど…

いくら燃費が良くても航続距離の短いバイクは、給油の頻度多すぎて面倒に感じる。レブル250に関して言えば、34.1㎞/Lxタンク11Lで悪くない数値

>>自分のバイクの価値を知る「電話がかかってこない」オートバイ査定

運動性能高めのクルーザー

レブルシリーズの良さが、クルーザーらしからぬ運動性能

どっしりと乗るというより、直立姿勢に近いおかげでコーナリングも比較的やりやすい。マスの集中化にこだわった「ボバースタイル」が近年の主流

レブルシリーズは少し「マフラー位置も高め」に設定されてるので、擦る可能性は低い。可能性の話で本気で走れば擦りやすい

クルーザーでも街中を軽快に走れるようなスタイルが求められている

価格も安めでバランスの取れたバイク

  • 約60万円
  • 170kgと軽め
  • 燃費がいい
  • 航続距離高め
  • 所有感高め
約60万円のレブル250は手の出しやすいバイク

ひと昔前なら確かに高いかもしれないが…

80万円台のスーパースポーツ、70万円台のアドベンチャーが250CCにいる状態の現在、60万円はむしろ安めのバイク

欠点|場所を選ぶ+積載性を確保しにくい

欠点はリアキャリアを取り付けるようなバイクではないので、積載性は皆無

そして、全長が長いので駐輪場のサイズと相談が必要。取り回しがいい訳ではないのである程度広さが必要

サイドバッグなどを取り付けて「オシャレシティーコミューター」として運用していきたい

クルーザー用品ならデグナーが最強。種類が豊富で飽きない

公式サイト>>DEGNER ONLINE SHOP