GB350|通勤用として使えるオシャレバイク【理由を解説】

2021年前半の目玉の一つGB350

インド生まれのバイクは、日本に来る前から注目度が高かった

10年近く移動手段として乗ってる身としては、どうしても価格や燃費が気になる…

・通勤用としてのGB350
・スペック

この記事では「GB350の安さ」に注目して実用性を探っていきます

コロナ禍で「密」回避にバイクが選ばれる

350CCと言えば、趣味性の強い領域。
車検がある」ことで、維持費が一気に上がるから

実用性を求めるなら、250CC以下を選ぶべき…と言いたいところだけど…

本体価格も燃費もいいGB350はかなり「節約」になる移動手段

コロナの影響でバイクを通勤に使う人も増えている模様

GB350|スペック

エンジン空冷単気筒
全長x全幅x全高2180x800x1105
シート高800
重量180
馬力20PS/5500
トルク29Nm/3000
タンク容量15
燃費47.0
本体価格550000円

SR400の生産終了アナウンスに合わせるかのようにホンダGB350を発表

中型クラスのクラシックスタイルが空白になるタイミングで投入

55万円という超お手頃価格で発売されてることで、注目度が一気に上がった。
値段は安いが外観はネオクラシック系。マフラー音も「ドコドコ」といい音をする

最近のネイキッドみたいな前傾気味ではなく、ゆったりとした姿勢
  • 中型唯一のバーチカルエンジン
  • 超ロングストロークでトルク重視
  • ドコドコ音強め
  • バランサーが効いててかなり振動少な目
  • 400CCクラスとは思えない鬼燃費
  • 55万円の価格は250CCクラス
  • アシスト&スリッパークラッチ、トラクションコントロール
    ギアポジションインジケーター

伝統の組み合わせ

GB350は昔からある伝統的なスタイル

ネオクラシック+レザーファッションは大昔からある最適解。
大人だけが着こなせる特権

>>メーカー直営店【DEGNER】

250CCより価格が安い400クラス

まず55万円と聞いて安い…と誰でも思うはず

400CCカテゴリー断トツで安いだけじゃなく、250CCネイキッドの中でもかなり安い

GB350だけじゃなく、レブル1100もそうだけど…

不景気の時期は価格を抑えた実用性の高いバイクが出やすい傾向がある。コロナが長期化しているのでしばらくコスパバイクが出る可能性は高め

リーマンショックの2010年代前半もコスパに優れるバイクが数多く出た
NC750X、MT-07、CBR250Rなど...

80万円台の250CCがいる現在、これだけ安いと実用性を求めたくなる

安い順

  1. ジクサー250|448800円
  2. GB350|550000円
  3. CB250R|564300円
  4. レブル250|599500円
  5. MT-03|654500円
  6. Z400|682000円
  7. CB400SF|884400円

ネイキッドだけで言えば、下の値段は「ジクサー250」しかいない。
いかにGB350がコスパに優れるかが分かる

250CCは値引きが期待出来るで、実際は少し順位は入れ替わる

鬼燃費で航続距離がかなり長い

燃費47.0km/Lと…

とても350CCとは思えない「鬼燃費」。
ロングストロークエンジンのおかげで低回転からトルクを発揮する

この燃費に15Lのタンク容量を加えると…

航続距離600㎞を超えるバイクになる。毎日乗るシティーコミューターとしては航続距離は大事。ガソリンスタンドに行く頻度が少ない方が楽なのは言うまでもない

ツーリングのお供として優秀すぎるという評価

トルク重視で街中に強い

通勤で使うとなると、重視したいのはトルク

高回転の馬力など役に立たないから。ストップ&ゴーを楽にしたいなら低、中速域のトルクが強いバイクがいい

GB350は29Nm/3000回転とトルクしかないバイク。トルク重視のバイクの代名詞オフロードバイクよりはるかにトルクがある

バーチカルエンジン系バイクのコンセプトは街中をトコトコ走る。そういう意味でも相性はいい
  • GB350|29Nm/3000
  • CRF250L|23Nm/6500

トラコンで路面環境に強い

見た目はクラシックだが中身は今のバイク。
何故なら電子制御、機器が入っているから

  • トラクションコントロール
    前後タイヤのバランスを管理。フロント、リアのみのスリップを防ぐ
  • ギアポジションインジケーター
  • アシスト&スリッパークラッチ
    クラッチ操作が軽くなる。ギアを下げた時のバックトルクを逃がす。リアタイヤのロックを防ぐ

トラクションコントロールは雨、風など関係なく乗る必要があるシティーコミューターには必須装備

欠点は日常域では無関係

・タコメーターがない
・20馬力で高速道路では不利

欠点が二つあるが…通勤などで使う上では関係なし

ちなみに馬力的に高速きつそうなイメージだが、バランサーが効いてるおかげで時速100㎞辺りでも不快な振動は少ないらしい

タコメーターなしは音で判断して慣れましょう

車検はむしろあってもいい

靴を汚さなくて済むシーソーペダル

新車なら3年後、それ以降2年ごとに車検がある

出費が上がるので嫌がられる制度…通勤で乗るならむしろあり

年間走行距離数万kmが当たり前になるから。定期的に全てをチェックしてもらうのはあり

想定距離|片道20㎞以上

  • 走行距離が上がりまくるので、どの道長く乗り続けるのは難しい
  • 走行距離が伸びるほど、よくわからない部分が壊れるリスクが増えていく

どう考えても実用性が高いオシャレバイク

  1. 55万円
  2. 鬼トルク
  3. 鬼燃費で航続距離有利
  4. トラクションコントロールで悪路に強い
  5. 振動少な目
  6. オシャレバイクで所有感高め

GB350=ツーリングバイクとして評価されてるが…

どう考えても実用性超高いバイク

最初にGB350のスペックを見た時に思ったことが「シティーコミューターに使えるんじゃないか?」ということ

ありな選択肢だと思う

というか、20馬力のエンジンにトラクションコントロールが付いてる辺り、インドでは実用性も重視されたバイクだとわかる

バイクは乗り換えるのが当たり前な理由
  • 全国無料出張査定、中古バイク即日現金買取
  • 特殊車両、 事故車や不動車なども買取対応
  • オンライン自動査定から、最新のバイク買取相場がすぐに調べられます
  • 乗り換えで最大3万円支援
公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン