Z900RS|売り上げ1位の名車復刻モデルは意外とお得

悩み
悩み

Z900RSが流行りまくってるけど、どういうバイク?
旧車なの?

3年連続大型バイク売り上げ1位のバイク。

既に「名車が約束されてる」バイクZ900RS。現行車なのに値上がり中の人気モデル。

有名になりすぎて、バイク乗り以外も知ってる状態。最新バイクなのに、旧車乗りも満足させるバイク。

このバイクの魅力と価値を探っていく記事です

高騰している理由
・大型売り上げ1位
・近年バイクの売り上げ好調
・世界的な半導体不足
・コロナで生産能力低下

カワサキ Z900RS|スペック

エンジン948CC並列4気筒
全長x全幅x全高2100x865x1150
シート高800
重量215
馬力111PS/8500
トルク98Nm/6500
タンク容量17L
燃費20.0
本体価格1353000円

このバイクは「奇跡の1台」。やっていることは上半身クラシック+スポークホイール増やすと、他のネオレトロと同じ。

でもやたらと旧車感をかもしだす。現行車なのに既に名車扱いのバイク。

  • ネオクラシック系
  • レトロスポーツコンセプト
  • Z1、Z2をレストアしたような美しさ
  • アシスト&スリッパークラッチ、シフトインジケーター
  • トラクションコントロール、ヘルメットロック、ETC

バイク王で中古バイクを探すならこちら

ライバル不在状態

Z900RS CAFE

Z900RSが売れ続けてる理由、、ライバルがいない

  • ヤマハXSR900
  • ホンダCB1000R
  • スズキKATANA

ライバル自体はいるが、、

このバイクは「カワサキバイクの歴史を背負っている、ただの復刻ではないバイク」。

言い過ぎかもしれないが一応理由もある。

Z900RSはカワサキの歴史

Z1
Z2

Z900RSはただのネオレトロバイクではない。

  • 海外モデルZ1、国内モデルZ2
  • ゼファーシリーズ
  • 現代まで続くZシリーズ

このバイクは長く続くカワサキのZシリーズの再現モデル。

ライバル「ホンダCB750FOUR」と高性能争いをしていた頃の、スポーツバイクZを再現したモデル。

手作業でこだわりぬいたパーツに美しさを感じたら買いです。

バイク雑誌をお得に読む方法「バイク雑誌はKindle Unlimitedで読み放題になる【0円】」に書きました。

Z900RS、Z900RS CAFEは中古価格高騰

Z900RS、Z900RS CAFE共に超中古価格が高騰してます。

本体価格138万円なのに「中古乗り出し価格200万円」。

有名すぎてバイク乗り以外も知ってるバイク。残念ながら転売屋に目を付けられてる。

Z900RSシリーズは買えないバイクの代名詞

2022年に「Z900RS SE」、「Z900RS 50周年モデル登場」。でも買えません。

  • Z900RS
  • Z900RS CAFE
  • Z900RS 50周年モデル
  • Z900RS SE

新車に近い買取価格

電話不要で査定できるバイクワン でやってみた。中古ではありえない買取額の高さ。

生産終了してないバイクが高騰するのは異常事態。本来、買った瞬間に3割価値が下がります。

高く売れると言うことは、お試しに買うには最適なバイクとも言える

買えないけど、、

>>高値が期待できるおすすめバイク買取会社3選

Z900RSは値段的には安い側

本体価格135万円は意外とお得価格。

いや、高いことに変わりはないけど、、

ホンダCBR1000RR-R242万
ホンダCB1000R167万
ヤマハYZF-R1236万
ヤマハMT-10170万
スズキGSX-R1000R215万
スズキKATANA154万
カワサキZX-10R230万
カワサキZ H2189万

最近出た1000CCスーパースポーツ、スーパーネイキッド系と比較すると良心的な価格なのが分かる。

Z900RSが安めのバイクと感じるかは人それぞれ。

1000CCクラスは、装備も足回りも惜しみなく最高グレードを投入するので差が開く一方

デメリット

Z900RSは下手に形を変えれないから?なのか電子制御が少ない。

今のところトラクションコントロールだけ。

大型バイクの中でシンプルイズベスト系。

Z900RSは新車で買える旧車

Z900RSの売れる理由、、

  • 新車で買える旧車(扱い)
  • レストア後のZ1、Z2
  • 最新装備で買えるZシリーズ
  • 知名度、所有感

古いバイクと比較するのは酷な話だけど、、足回り含めた総合的な性能はZ900RSがはるかに高い

  • 始動性バツグン
  • ネオレトロスタイル
  • フレームはスポーツ系ベース
  • 足回りはベース車Z900よりいい

古い名車を無理して買っても、走れる状態を維持するのは大変。車体全体が古すぎてメンテナンス必要+生産終了したパーツを探す労力が必要。

Z1コンセプトに一番近いZ900RS SE

本来のサーキット勝つためのバイク「Zシリーズ」に近いのは、2022年登場のZ900RS SEが近い。

  • 専用カラー
  • オーリンズ製サスペンション
  • ブレンボブレーキ
  • ラジアルマスターシリンダー

ツーリングだけに使うのならオーバースペック。こだわりの強い人向け。

そしてやはり買えない

ネオクラシック+革ジャンは最強

ネオクラシック+革ジャンスタイルは最高にオシャレな組み合わせ。伝統のスタイルに合うバイクがZ900RS。

最近の細身スタイルのバイクは無地スタイルの革ジャンが似合う。

>>ネオクラシックバイクは革ジャンが似合う現代バイク

マフラー交換で旧車に近づける

クラシック感出すために最優先で変えたい部分がマフラー。

つやなし黒マフラーが一番映えます

Z900RSは買えないけど正解のバイク

Z900RSについて紹介しました。

入手困難な状態だけど、購入する価値しかない最高のバイク。

  • 所有感
  • 最新装備で買える旧車
  • 走れる性能
  • 知名度

言い過ぎかもしれないけどすべてが手に入ります。

過去のZシリーズに対して思い入れがあるのなら、Z900RSを高くても買うべき。高いけど、最新バイクは最初から全部載せで交換する場所ありません。

買った後の楽さは旧車とは比較になりません。

手に入ったら大切にしましょう。間違っても野ざらしとかはNG。詳しくは「バイク盗難なんて考えたくもない、、盗ませない3つの方法」に書いてます。

バイク王でZ900RSの中古バイクを探すならこちら

バイク雑誌はKindle Unlimitedで読み放題になる【0円】 高値が期待できるおすすめバイク買取会社3選 ネオクラシックバイクは革ジャンが似合う現代バイク バイク盗難なんて考えたくもない、、盗ませない3つの方法