大人な雰囲気を出すにはやはりクルーザーが様になる【アメリカンバイク】

悩み
悩み

かっこいいバイクにも乗りたいし
かっこよく見られたい

こういう悩みを解決します

ぶっちゃけ無理やり感があるタイトルですが、絶滅危惧種のクルーザータイプがやはり一番かっこいいです

実績
・バイク歴10年
・YOUTUBEでバイク解説してます

動画で見るならこちら↓

クルーザーとレザージャケットの組み合わせが最強

クルーザーにレザー系の組み合わせが最強です。
一番大人な雰囲気を出してくれる組み合わせ

・クルーザーのツヤのないデザイン
・革系の派手さのないデザイン


大人の「渋さ」を全開に出してくれる組み合わせ。いい意味で年齢に合わせた組み合わせ

落ち着いた雰囲気を出せるのは大人の特権

逆に童顔の人は若さ全開のスタイルが似合う。結局自分を知るところから必要

最近の細身のクルーザーはファッションになりうる

最近のクルーザータイプの流行

・マスの集中化、軽量化にこだわるボバースタイル
・市街地も想定した走行性能
・細身
・軽量


昔の「どっしりとした大型クルーザー」からそぎ落とされたバイクが主流


音にこだわるというより走行性能にこだわる。
レブルシリーズは代表格。軽くて扱いやすさが非常に好評
>>2021年新型バイク|レブル1100の凄さと魅力を解説

余計な装飾、音が減ったのでライダーが目立つようになった

現代スタイルのネオクラシックは古臭さもなく。ライダーのスタイリングを引き立てる

国産アメリカンは絶滅危惧種

国産アメリカンは危機的状況。現状レブルシリーズ1強状態

・ホンダ レブル250、500、1100
・カワサキ バルカンS
・ヤマハ ボルト


ハーレーと言えど、クルーザー一辺倒を変えつつある

ぶっちゃけ「アメリカン」という言葉自体死語化してます

数が少ない国内アメリカンバイク。何故ここまで減った?【考察】

ヨーロッパは力を入れない

ヨーロッパメーカーはほとんどクルーザーを作らない

・トライアンフ ボンネビルボバー
・BMW R18


流石スクーターにもスポーツ走行を求める地域は違うね

時代に流されないレザースタイル

時代に流されないジャンル「ネオクラシック」が人気

ファッションも同じで、レザー系は時代に流されないスタイル。
昔から受け継がれてきた確かな実績


黒は人気の色。カッコよさを引き立てる色

無地に近いデザインと組み合わせれば、年齢に左右されないスタイリングを獲得

革ジャンにもカジュアルの波

バイク乗りに見えないカジュアルスタイルが流行り

革ジャンもフード付きが登場。街中に溶け込めるレベルの違和感のなさ

  • ご注文金額1万円(税抜)以上で送料無料
  • 購入後も有償交換・修理
  • 対象ジャケット・パンツは初回サイズ交換往復分送料無料
公式サイト>>フード付きレザーダブルジャケット/ LEATHER JACKET[21WJ-3]

時代に流されないスタイルが最強

クルーザーとレザースタイルが最強な理由

  • どちらも流行に流されないスタイル
  • 昔からある実績
  • 派手さがない

スーパースポーツが流行ろうが、アドベンチャーが流行ろうが…

結局、変わらない良さ「クラシック、クルーザー」は時代に左右されない安定感がある

何故ならデザインが固定されてるから

カウル付きのバイクはどうしてもデザインが時代によって変わっていく。好き嫌いが出てしまう

落ち着いたバイク、ファッションが最強です