YOUTUBEはビッグキーワードよりトレンドを重視しよう【解説】

悩み
悩み

YOUTUBEもブログと同じような戦略がいいの?
ビッグキーワード、トレンド
どちらを重視した方がいいの?

このような悩みを解決します

かなり平均再生数は高いので参考になると思います

YOUTUBEの実績
・登録者1万人以上
・平均再生数1万以上
・YOUTUBE歴4年

YOUTUBEはトレンドで伸ばす

結論はトレンドキーワードを重視した方が伸びます。理由は

・YOUTUBEの視聴者はトレンドを好む
・再生数は初動が全て
・認知されなきゃ始まらない
・トレンドにみんな乗っかっていく文化


トップYOUTUBEもトレンドに乗る傾向が強い。伸びるから

みんな乗っかってくるからチャンスも多い


YOUTUBEって初動型で、後から伸びるって例がかなり少ないんですよねぇ…

ビッグキーワードは激戦区

ビッグキーワードとは

月間再生数の高いキーワード。始め方、方法、レビューなどパッと思いつくネタが多い


ブログの専門用語なのでYOUTUBEでこの言葉は出てこない

誰でも思いつくワードがビッグキーワードだと思ってくれたらいい

・PS5 開封
・ドラクエ11実況 part1
・〇〇へツーリング
・ブログの始め方


こういう誰でも思いつく定番のタイトルって「超激戦区
残念ながらそのジャンルのトップ勢が取っていってしまう

YOUTUBEは初動が全て

YOUTUBEはトレンドが強い。何故なら…

初動で伸びれば一気に拡散される仕組みだから

YOUTUBEはインプレッション数が重要。どこまで多くの人の関連動画やおすすめに載ったかの指標の事を指す

1万再生を超える
・そのジャンルの多くの人におススメされる
10万再生超える
・不特定多数のおすすめに載る。そのジャンルに興味あるなし関係ない


初動が悪いと後から伸びる可能性はかなり低い。最初からインプレッションが絞られるので動画の内容が良かったりしないと厳しい

需要と供給を満たす手段にトレンドも含まれる
>>YOUTUBE再生数伸びないなら需要と供給を満たそう【登録者100以下の戦略】

YOUTUBEは新しい物を好む

ブログだと定番のネタを重視する傾向が強い

・トレンドは消耗戦。書き続けないといけない
・トレンドは初動型。PV数は稼げるけど、すぐにPVが下がる
・ブログは後から伸びる。ブログは投稿直後は無反応。でも後から伸びて検索上位に行けばずっとPVを稼ぎ続ける


ブログは新しい情報というより、定番ネタが最後は強い

一方でYOUTUBEは視聴者も新しい物を求める傾向が強い。初動型の仕組みと相性がいい「トレンド、新商品」はかなり爆発力がある

片っ端からトレンドを扱うのは危険

悩み
悩み

じゃあトレンドを片っ端にやればいいのか!

止めてください

ジャンル関係なしにトレンド記事を扱うチャンネルを…

物申す系Youtuberと言います

何でも屋はオワコン

今からYOUTUBEを伸ばすならジャンルは絞りましょう

無名の何でも屋はチャンネル登録が悲惨なことになります

トレンドに近づける

この記事から学ぶことは

・自分のジャンルの中でトレンドを扱う
・出来るだけ新しい物を扱う
・トレンドに近づける


答えは出しました

トレンドに近づける」って何だ?出来るだけトレンドを自分のジャンルに関連付けて発信しましょう

ストレートにトレンドを取り上げるんじゃなくて、自分のジャンルに持ってくる

定番ネタは最後

自分の発信したいことは後からいくらでも出来ます

再生数や登録者が伸びれば「権威性」は増していく。みんな話を聞いてくれるようになる

結果を出してる人の話には説得力があるから

こういう人はトレンドは扱う利点なし

最後にトレンドを扱う必要のない人

・アイドル的な人気
・独特の世界観で伸ばしている人

自分のチャンネルの世界観が崩れるような人は止めましょう

自分の才能に気づくには色々試すしかない【YOUTUBE登録者伸ばす戦略】