すぐに揃えたいバイク用品、メーカー、おすすめ商品

バイクを乗る為には色々と装備が必要になる。

  • 安さに定評があるメーカー
  • どちらかと言えばカジュアル系

多くのライダーがお世話になるメーカーを中心に紹介。そして色んなシチュエーションに合わせて商品が必要になります。

色んなメーカーを知って、必要な物を揃えましょう。

バイク用品メーカー

割と年齢層で選ぶアパレルメーカーは変わります。ごめんなさい若い人向けメーカー中心。

コミネ

コスパに優れる物が多いという意味で、バイク界のユニクロ的存在。

  • 安いのは1万円くらいから
  • 最初からフルプロテクター
  • 初心者からベテラン、女性までお世話になる
  • なんでもある

安めのバイクウェアを揃えたら、気づいたら全身コミネになってる人も多数。多くのライダーがお世話になるメーカー。

夏場はフルメッシュジャケットでお世話になってます。使える時期が短いのでコミネはお得です。

コミネで買うべきおすすめ商品はどれか?【コスパ最強】21選

ラフアンドロード

コスパナンバー2アパレルメーカー。

  • サイズが豊富
  • オールシーズン系が多い
  • プロテクター柔らかい
  • コミネ以上に何でも屋
  • 最近はキャンプグッズも始めた

最もオールシーズンに対応したジャケットやズボンを作っているメーカー。ラフパーカーは愛用品。コミネ程ガチ感がないので、私服に近い感覚で着れる物もある。

オフロード用のパーツを多く販売しているのが一番の特徴。

ラフ&ロードで買うべき商品とは?おすすめ26選 ラフ&ロード ラフパーカー・オールシーズンジャケットをレビュー

デグナー

レザー系に強いこだわりと持つメーカー。

  • レザー系最強メーカー
  • 革ジャン1番豊富なメーカー
  • レザーサイドバッグが豊富
  • 小物もレザー

ジャケットからツーリングバッグまで革系を充実させてるので、大人のバイク乗りらしい服装が欲しいなら選びたいメーカー。

ちなみにメーカー問わず、レザージャケットの修理をしてくれるらしい

デグナーで買うべき商品はどれか?おすすめ16選

RSタイチ

多くの人に愛されるカジュアル感満載のアパレルメーカー。

  • カジュアル系で人気メーカー
  • 私服に近いモデル多数
  • 2~3万が多い
  • バイクシューズが多くのライダーに愛される

上記アパレルブランドより少し値段はするが、カジュアル感が高く、街中でも着れるようなデザインを多くそろえる。プロテクターも硬すぎず柔らかすぎずで絶妙なバランス。

RSタイチの買うべきバイク用品は?おすすめ15選 私服に近いジャケット「RSタイチ コーデュラフーディ RSJ330」をレビュー

クシタニ

プロ用本気モデルからカジュアル感あふれるデザインまで揃える。

ジャケットとパンツをメインに販売するメーカー。全体的に本気モデルが多く、値段的には安くはない。しかしそれだけ作りは本物。

クシタニカフェ

阿蘇店

全国展開している「クシタニが営業するカフェ

ライダーが集まるツーリングスポットに、ピンポイントに展開している。超オシャレな空間でゆっくりしたいなら、クシタニカフェを目指してみてもいい。

クシタニの公式サイトはこちら

ワークマン

近年、バイク乗りの為の装備を作り始めた。

特におすすめしたい層は、バイクを乗り始めて一通り装備を整える必要がある人達。近所のホームセンターでグローブや防寒装備を揃えるくらいなら、間違いなくワークマンが機能的に優れる。

レインウェアは個人的にはワークマン一択。種類が断トツかつ値段も安いから。

【ワークマン】年中使えるバイク用レインウェア5選

もしくはバイク用レインウェアをちゃんと買う

バイク専用おすすめレインウェア5選を紹介【管理必須】

バイク用品メーカー【バッグ】

積載性がないと何も運べません。まずはシートバッグを買いましょう。何個かあると対応力上がります。

買った方がいいバイク用リアシートバッグとは?特徴、メーカーを紹介
  • ネオクラシック
  • クラシック
  • クルーザー

これらのバイクはシートバッグより、むしろサドルバッグを取り付けたい。

車体になじむので、かなり見栄え良くなります。レザーサドルバッグならオシャレアイテムになります。

買った方がいいバイク用サドルバッグ特徴、メーカーを紹介

バイク用品【グローブ】

あるとないとで操作感が大幅に変わるのがグローブ。

運動性能を確保したまま、運動性、防寒性を確保してるので、バイク用にしましょう。夏は軍手でもいいけど、、

バイクグローブは一番こだわるべき【機能性かオシャレか】

バイクジャケットにこだわる

バイクジャケットはカジュアル派と革ジャン派に分かれる。ちょっとだけこだわってみませんか?

カジュアル系

最近増えてきた私服に近いバイクジャケット。

無地に近い見た目で、バイク乗ってる時、降りた後でも違和感なく溶け込む。

・私服に近いバイクジャケット
・ジーンズ
・バイクシューズ【カジュアル】

バイクジャケットと私服を両立させる3つの方法 街中に溶け込むライダースジャケット、シューズ【バイク用】 街中に溶け込むバイク用ジーンズ【季節別】 バイクウェアのファッションセンスを磨くコツ

フォーマル系

革ジャンはバイク乗りにとってのマストアイテム。歴史、実績すべてが違う。

  • 派手なロゴ
  • 派手な文字

こういうのが嫌いな人にはうってつけ。

・革ジャン
・ジーンズ
・レザーバイクシューズ

バイクファッションはレザーシューズと革ジャンでフォーマルにこだわる バイク乗りはなぜ革ジャンを着るのか?【かっこいい】 夏でもバイクに乗れる!おすすめ革ジャン【メッシュ】

レディース

かっこいいバイク用革ジャン(レディース)のメーカーを紹介

バイクシューズ

値段関係なしにとりあえず買っておきたい。

  • 足つき改善
  • 寒さ対策
  • クラッチ操作
最初のお試しライディングシューズにピッタリ|バリチェロ 派手なバイクシューズより革靴でオシャレにした方が似合う

バイク用品メーカー【ヘルメット】

ショーエイ

ヘルメットの二大メーカー。世界中のプロレーサーも多く愛用する信頼と実績のあるメーカー。

アライとの最大の違いは、ヘルメットに機能を持たせた物が多い事。値段は高いがそれだけに安全性と快適性はピカイチ

インカム、インナーサンシェードなどに対応したモデルが多い

SHOEIの公式サイトはこちら

アライ

強度実験

ヘルメット2大メーカー。同じくプロレーサーも愛用する信頼と実績のあるメーカー。

こちらの方が帽体が小さめで、顔が大きい人にはきつめに感じるらしい。安全性にこだわった作りをするので、機能性はあまり持たせない傾向にある。

ARAIの公式サイトはこちら

OGK

ここ10年で確実にファンを獲得し、愛用者も増えているメーカー。自転車では最大手ヘルメットメーカーでもある。

上記2社より一歩下の3万円前後で買えるのが魅力。近年は完成度も上がって、不満が出来ることもなくなった。

最もヘルメットの機能性にこだわったメーカー。インカム取付機能、インナーサンシェード搭載モデルが多い

OGKの公式サイトはこちら

OGK KAMUI3を2年半使ったのでレビュー 24時間視界を確保できるバイクヘルメット

バイク用品【盗難対策】

野ざらしなんてNG。バイクを守ってあげましょう。

  • バイクカバー
  • チェーン
  • バイクガレージ
  • 盗難保険

最近はバイクブームでまた盗難率も上がってます。人気のバイクを買った人は特に惜しまずにお金出すべき部分です。

バイク盗難なんて考えたくもない、、盗ませない3つの方法 人気のバイクを買ったら盗難対策が必要。6つの方法

ヘルメットも守る

ヘルメットをバイクの上に置く「だけ」なのはNG。

世の中には盗む人もいるらしい、、

買った方がいいヘルメットホルダーはどこ?特徴を部位ごとに紹介

バイク用品【スマホホルダー】

バイクナビにスマホを使うのが当たり前になった現在。スマホホルダーは無くてはならないアイテム。

バイクからスマホを落とさない最強のスマホホルダー4選

一方で、カメラが壊れるという報告が増えてます。正直最新スマホをナビに使うのはおすすめしない。

・バイクの振動でスマホが壊れるリスク

・バイクが道路に落下するリスク

二つのリスクを抱えるくらいならサブ機がおすすめ。

バイク防振スマホホルダーはおすすめしない【サブ機がいい】

バイク用品【インカム】

ライダー同士で会話できる唯一の手段です。仲間とツーリングに行くなら絶対必要。

ソロライダーも音楽聞きたいなら持っておいた方がいい。

  • B-COM
  • SENA
  • デイトナ
使い勝手のいいバイクインカム5選

バイク用品【冬を乗り切る】

冬はありえないほど寒い。特にネイキッドだと寒くて耐えれないかも、、

冬限定で取り付ける緊急アイテムあります。

1万円以下でバイクに取り付ける|冬を快適にする装備

バイク用品【キャンプレンタル】

バイクキャンプデビューしようと考えてる方、レンタルから始めてみませんか?

キャンプ沼という言葉があるくらい、1度手を出すと、快適さを求めて、いくらでもお金を使ってしまう趣味です。

キャンプツーリングを始める前にHinataレンタルで安く試す 買った方がいいバイク用テントって何?特徴、メーカーを紹介