ラフ&ロード ラフパーカーRR7241・オールシーズンジャケットをレビュー

疑問
疑問

オールシーズンジャケットってどうなん?器用貧乏じゃないの?

このような疑問に答えます。

2世代、ラフパーカーを着てるくらい愛用してます。安くて、私服に近い側のデザインだと思ったのが、購入理由です。

  • 安い
  • 軽い
  • 年中着れる
  • 主張が弱い

印象としてはこんな感じ、昔からいる割に、メーカーの主張が弱いライジャケ。

カラフルな色が多いので、黒ベースのラフパーカーがおすすめ。

ラフパーカー・コスパ最強のライディングジャケット

このジャケットをおすすめする理由「2万円以下で買えるオールシーズンジャケット」。

  • 胸部プロテクター別売り
  • インナージャケット別売り

後から買い足す必要はありますが、本体価格がかなり安い。他のメーカーのオールシーズンは3万円以上します。

・ジャケットが軽い

・ライジャケ感薄い見た目

・オールシーズン対応

・ユニセックスあり

ジャケットが軽い

ラフパーカーは、かなりジャケット自体が軽いです。理由は「プロテクターがぺらぺらだから」。

転倒には対応してる強度は確保してますが、最低限って感じです。

ライジャケ感薄い見た目

ライジャケを悩ます着ぶくれ感、どうしてもプロテクターがボコッと出てくる。ラフパーカーは存在感薄目。

5年くらい、通勤用に着てるけど、1度もバイク用と指摘されたことない。というより、こちらから言わなきゃ私服にしか見えないらしい。

プロテクターが薄い分、細身に見えます。

オールシーズン対応

インナーもペラい

安い割にインナージャケット、ベンチレーションで1年中対応。ただし、限界はある。

  • 30度以上はベンチレーション厳しい。ジャケット自体は風を通さないから。
  • 冬は0度近いと中間着も工夫が必要。胸部プロテクター付けると防寒性能上がる。
  • チャックは一番上まで上がらない。首回りがきつすぎる。

オールシーズンは、常識的な範囲内では万能だけど、極端な気温には厳しい

特に、真夏は素直にフルメッシュジャケットをおすすめします。

1日の気温の変化にも強い

朝は寒い、昼は暑い。そういう日にオールシーズンは効果を発揮します。

ベンチレーションの開け閉めで対応できてしまうから。季節の変わり目では、最強のジャケット化します

ユニセックスあり

ラフアンドロードはSサイズがあります。バイクアパレルメーカーは、Mサイズ以上しか用意してくれない。ちなみに男女兼用サイズです。

【追記】2023年現在ラフパーカー系、インナージャケットは種類増えました

ラフパーカーは種類がたくさん増えました。最後にリンク貼ってます。

  • ラフパーカーRR7241・この記事のジャケット
  • コンパクトウィンドブレーカーRR7991・この記事のインナー
  • ラフパーカーRR7245・最新のパーカー。ベンチレーション増加
  • ウォームインナージャケットRR7975:中わた入り
  • ウインドガードスリムインナージャケット:防風特化

冬でも、中にあまり着こみたくないなら、インナーは正直、ウインドガード以上を選びたい。

ラフパーカー・買うべきでない人

腕、わき、背中にベンチレーション

・しっかりとしたプロテクターを求める

・素材も求める人

・タイトな服が嫌いな人

しっかりとしたプロテクターを求める

防御力を求める人は向いてません。見た目がペラペラすぎるので頼りない。

その分、ジャケットが主張しないという利点がある。人によって重視する項目は変わるかもしれません。

素材も求める人

ソフトシェル素材ではないので、少しだけシャカシャカします。まー、、気にしたことはないです。

実物は結構地味なので、、、。

タイトな服が嫌いな人

ラフパーカーはきつめです。申し訳ないけど、太ってる人には厳しいサイズ感。

冬用ジャケット着るより、ラフパーカー+中間着の方が着ぶくれ感ないくらいですから

ラフパーカーはコスパ最強ジャケット

インナージャケットは手のひらサイズ

ラフパーカーは「とりあえずライジャケデビューしたい」って考えてる人におすすめ。これ1着で夏以外はカバーできます、そう考えるとかなりコスパ良い。

実際、オールシーズンジャケット+フルメッシュジャケットしか持ってないので。今年RSタイチのジャケットは買いましたが。

>>私服に近いジャケット「RSタイチ コーデュラフーディ RSJ330」をレビュー

あまりレビューが多くないジャケットなので、参考になればと思います。

合わせて買いたい

2023年、上位モデルがいます。インナーも数増えました。

防風特化インナー

中わた入りインナージャケット

*Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収益を得ています。