OGK KAMUI3を2年半使ったのでレビュー

悩み
悩み

OGK KAMUI3ってどうなん?

近年知名度を上げ続けてる、OGKのフルフェイス「Kamui3」を2年半使ったのでレビュー。

結論を言うと、、ツーリング用ヘルメットのエントリーモデルとして、かなり万能です。

OGK KAMUI3のスペック

OGKのフルフェイス、インナーサンシェードモデル。SHOEIやARAIよりも少し安いモデルで、近年評価が上がってるメーカー。

内部にスモークシールドが入ってるモデル。つまみだけでスモークシールドを上げ下げできる。

最近は仮面ライダーにもOGKは採用されています。

  • インナーサンシェード
  • インカム取り付けスペース
  • メガネ対応チークパッド
  • ウィンドシャッター
  • 3万円ちょっと

OGK KAMUI3はツーリング向き

KAMUI3はツーリングに適したモデルです。あらゆる状況で視界確保を保証してくれます。

  • 価格が安い
  • 24時間走れるシールド性能
  • 重くない
  • 安全性高い

価格が安い

最大のメリットは多機能なのに安い。とりあえず試してみようとなる価格。

  • OGK KAMUI3→Amazonで3万円以下、多機能
  • SHOEI GT-AIR2→スモークシールド付きで最高性能、ただし5万円以上
  • ARAI→なし

2択しかないので悩む必要なし。KAMUI3で満足したら、GT-AIR2に行ってもいいかも。

24時間走れるシールド性能

インナーサンシェードおろした状態

インナーサンシェードのメリットは、走行中にスモーク→クリアシールドにできること。

これかなりの場面で力を発揮。

  • 太陽に向かって走る時装着
  • 曇ってきたら解除
  • トンネルは解除
  • 夜は解除

付け替える必要がないのはとてつもない利点です。1度慣れると、もう通常モデルのヘルメットには戻れない。

重くない

インカム取り付けスペースあり

インナーサンシェードは帽体がデカくなる、、ということは重くなる、、って言うほどの重さはなし。

  1. OGK KAMUI3→2.2㎏
  2. OGK RT-33→2.3㎏
  3. OGK エアロブレード5→2.04㎏

年々、重さやサイズ感は改善されています。KAMUI2まであった、持った時のずっしり感はなし。

安全性高い

KAMUI3はちゃんとJIS規格通っています。まぁ、、耐久力を知る日は来ないに限る。

最近はプロレーサーもOGKを使ってる人います。一番の証明になるかと思います。

デメリット

  • 少し大きい
  • 冬は曇りやすい

少し大きい

インナーサンシェードをスクーターのシート下入れるときは注意。入らない可能性はあります。

サイズ感小さくなったと言っても、シールド2枚入ってるボリューム感はあります。

冬は曇りやすい

インナーサンシェードは曇りやすい。

  • クリアシールドはピンロックで解決できる
  • スモークシールドが曇る→解決手段なし

内側のシールドが曇ると何もできない。冬は走行風入れないと、しばらくスモークシールドをおろせない。

でも、内部が冷えてくると勝手に解決します。言うほどデメリットじゃない。

ピンロック

OGK KAMUI3は1度使うと抜けれない

KAMUI3についてまとめました。

  • OGK KAMUI2
  • OGK ASAGI
  • OGK KAMUI3

今まで3種類インナーサンシェードヘルメットを使っています。1度慣れると、もう視界を変えれないヘルメットは無理です。

OGK KAMUI3はレビューの評価も高いし、それに見合った性能です。

エントリーモデルとして試してほしい。絶対満足する自信があります。

自分の使ってる柄