CB400SFが生産終了、高くても買うべき名車

悩み
悩み

CB400SFが生産終了?またか、、毎年恒例じゃん。

2022/10でCB400SF(スーフォア)は本当に生産終了になります。

もう10年以上、規制強化のたびに生産終了の噂が出てたバイク。ついに終わります。

新車で買える旧車ポジションが消滅

  • なぜ生産終了か
  • 高くても買うべき
  • オーナーは絶対にバイクを守る
  • 同じバイクは買えます

この内容で記事書きました。

ここからは買うだけじゃなく、その後のこともしっかり考える必要があります。

CB400SFはなぜ生産終了なのか?

なぜ生産終了なのか?→排ガス規制に対応不可能。

このバイクに関しては愚問ですね、、もう毎年毎年生産終了の噂が出てた状態、ついにギブアップです。

  • 発売が1992年のバイク
  • エンジン設計が古い、対応への限界
  • 日本の売り上げが全てのバイク

市場が小さくなりまくった日本専用モデル。この時点できつい。

バイクブームでCB400SFも好調だっただけに、タイミング的には最悪。ホンダも一番売れてるタイミングで生産終了は悔しいはず。

予約だけで生産分埋まってる。ファイナルエディションはない

HONDA CB400SFスペック

・全長x幅x全高:2080x745x1080
・シート高:755
・重量:201㎏
・燃費:21.2
・399CC:水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
・馬力:41[56]/11000
・トルク:39[4.0]/9500
・タンク18L
・レッド884500円、トリコロール928400円

説明不要の生きる名車。有名すぎて漫画、アニメでも出てくる。

2022年で言えば、海外規制48馬力を無視したエンジンは貴重。可変バルブタイミング機構(HYPER VTEC REVO)で、下から上までバランスよくトルクを発揮する。

NINJA400(2018)が登場するまで、16年連続400の売り上げ1位だった。

  • ロングセラーでベストセラーモデル
  • クラシック系
  • 高いエンジン性能
  • 1つの高性能化路線の完成形
  • クラスを超えた装備

VTECは1999年モデル以降。

CB400SFの中古を探すならこちら

思い入れがあるならCB400SFは高くても買うべき

CB-Fシリーズは例外なく中古の価格が高い。CB400SFもコロナ前から中古が値下がりしないバイク。

生産終了発表で市場から中古が消えたけど、、こういう人はどれだけ高くても買うべき。

  • 青春の中にCB400SFがいる
  • これじゃないといけない理由がある
  • 高性能バイクは満足した、最後の1台にしたい

なんでもかんでも値上がりしてる現在「中古で安く高性能」なバイクは選べない。スーフォアも200万、300万クラスになる可能性大。

高騰しまくってるバイク(特に旧車)を買うなら、しっかり理由が必要です。何故ならバイクの性能は今のバイクの方がいいから。

まだまだバイクを楽しみたい人はもっと上を目指したくなる可能性大。

>>バイクを乗り換えるタイミングは決まってます

CB400SFのデメリット

名車を悪く言うと怒る人出るかもしれないけど、、、

ファーストバイクにCB400SFを考えてる人、数百万コースになると思うので、デメリットも把握しましょう。

  • 400CCはステップアップバイク
  • トレンドの変化
  • 中型で断トツで重い

400CCはステップアップバイク

維持費が安い250CCと違い、400CCは税金が大型と同じ。ずーっと400に留まるユーザーは稀です。

  • 車検あり、税金が大型と同じ
  • ハイパワーだが、もっと上はいる
  • スペックが大型クラスすぎる

CB400SFに慣れると大型バイクを試したくなります。エンジン以外が完全に大型スペックだから。

スーフォアを簡単に操れる人は大型バイクも楽勝です。

トレンドの変化

CB400SFはハイパワーの性能が売り。でもさすがに30年も経つと技術の進歩を感じる部分は多々ある。

CB400SF

  • ダブルクレードルフレーム
  • ダブルリアサスペンション
  • 超低いシート高+高く、ライダーに近いハンドル
  • 大柄な車体

CB650R

  • ダイヤモンドフレーム
  • モノサス
  • シート高い前傾気味の姿勢
  • マスの集中化にこだわる

今のバイク当てはめると、パワーを生かして峠を攻めるバイクというより、のんびりツーリング系のバイクに近い。使い方次第だけど、、

まだまだ遊びたい人よりゴールに近いバイクです。

スーフォアは重い

教習車として大半の人が乗るから知ってるはず、、やはり重い

201㎏は中型バイクで断トツです。ライバルNINJA400は167㎏。

中型バイクの気軽さ薄め、ボリューム感考えても大型行きたくなるサイズ。

CB400SFは絶対に盗難対策が必須

CB400SF所有者はこれからは更に守りに入りましょう。

  • 既に盗難率高いバイク
  • 暴走族の相棒
  • 売れる
  • 生産終了で確実に超高騰
  • CBの名車はニュースになるくらい大胆に狙ってくる

いくらでも理由が出てくるバイクです。

最近だと名車系はSNSで自慢するのは控えた方がいい、っていうネットの情報を見ました。

下手に外を走れないバイクになりそうですね、、

考えられる対策を考えました。

人気のバイクを買ったら盗難対策が必要。6つの方法

値上がりしすぎて手が出ない、、2つの選択肢

  • 外観しか興味ない→CB1300SF
  • 4気筒しか興味ない→CB650R

ホンダ CB1300SF

あまりにもこの外観=スーフォアすぎて忘れがち、、CB1300SFがいます。

  • 同じCB-Fシリーズ
  • 本体価格158万
  • 2021年以降電子制御盛りまくり

同じシリーズだけど、2021以降電子制御のせました。

中身は完全に現代仕様。スーフォアの値上がりが酷い場合、こちらを選びたい。

まずは自分のバイクを知る。

>>バイクを売りたいならまずは自分のバイクの相場を知る

ホンダ CB650R

4気筒に魅力を感じている人は「CB650R」もいます。こちらも人気のバイクです。

  • 現代のCBシリーズ
  • 常に大型売り上げランキングにいる
  • CB400SFとほぼ同じ価格
  • 4気筒:95馬力

旧車好きには刺さらないかもしれないけど、運動性能はかなり高いです。

CB400SFの代わりはいない

CB400SFについてまとめました。

たぶん2倍、3倍以上に値上がりするのは確実なバイク。一方で、CB1300SFという上位互換がいます。

でも、スーフォアが欲しい人を満足させるバイクは、スーフォアしかないと思います。たぶん知名度や歴史込みで欲しいはずだから。

頑張って狙ってみて、購入出来たら全力で大切にしましょう。

人気のバイクを買ったら盗難対策が必要。6つの方法 中古バイクが高騰してる今こそ人気のバイクを狙う理由