買うべきオールシーズンジャケットとは?メーカー、特徴

悩み
悩み

バイク用ジャケットってどれがいいの?
オールシーズンジャケットって一体何?

このような悩みを解決します。

バイク用ジャケットにはオールシーズンジャケットというのがあります。聞きなじみがないので避ける人もいるかもしれません。

  • 全身にベンチレーションがある
  • インナージャケット取り付け、外し可能
  • 上記二つの組み合わせで気温に対応しやすい

結論を言うと、かなり損しています。名前の通り、1着ですべての季節に対応できる万能ジャケットです。

なぜオールシーズンジャケットがいいのか?

見た目が普通のジャケットだけど、かなりメリットあります。

  • 気温への対応力高い→朝は風を完全にシャットダウン、昼は風を入れる
  • 季節ごとのジャケットいらない→ベンチレーション、インナーで対応可能。結果的に安く済む
  • 冬は着ぶくれしない→いい意味でも悪い意味でもペラいインナー

季節への対応力だけじゃなく、寒い朝から暑い昼まで対応出来るのが強みです。

個人的に冬場も見た目変わらないのがいいです。

デメリット

  • 真夏は無理→メッシュじゃないから30度以上は厳しい
  • 真冬は工夫がいる→マイナスレベルの寒さは重ね着必要
  • 価格が高い→高く感じる価格設定。あまりデメリットじゃない

オールシーズンだけど限度はあります。自分は夏だけはメッシュジャケット着ますね、ベンチレーションだけじゃ無理です。

おすすめジャケット

人気のオールシーズンジャケットはかなり限られます。

  • RSタイチ ソフトシェル オールシーズンパーカ
  • コミネプロテクトソフトシェルウィンターパーカ-イフ 
  • ラフアンドロードラフパーカー
RSタイチRSJ720コミネJK-579ラフパーカー
対応季節3シーズン3シーズン3シーズン
プロテクター胸部別売りあり胸部別売り
インナージャケットありあり別売り
プロテクター強度硬い硬い柔らかい
価格(円)327802585019580
公式サイト公式サイト公式サイト

RSタイチ ソフトシェル オールシーズンパーカ RSJ720

マウンテンパーカースタイルのジャケット。人気高いモデル。

RSタイチはカジュアル感強め、ライジャケ感を出したくない人におすすめ。

  • 胸部プロテクター別売り
  • 中綿インナー
  • カジュアル感強めの人気パーカー
  • すぐ売り切れる

コミネプロテクトソフトシェルウィンターパーカーイフ JK-579

2万円ですべてが揃ってる夢のジャケット。コスパのコミネはオールシーズンも適用されます。

  • プロテクター+インナージャケット付き
  • ベンチレーションあり、どちらかと言えば冬より
  • プロテクターごつい
  • 夏は厳しい

ラフアンドロードラフパーカー RR7241

コミネと並ぶコスパに優れるオールシーズンジャケット。

いい意味でも悪い意味でも、プロテクター、インナー共にペラい。

  • 胸部プロテクター、インナー別売り
  • 着ぶくれ感は出ない
ラフ&ロード ラフパーカー・オールシーズンジャケットをレビュー

似てるオールシーズンジャケット

ほぼ同じ機能のこちらも考えたい

  • ラフアンドロード デュアルテックスウォームパーカー RR7660
  • RSタイチ ソフトシェルマルチパーカ RSJ728

ラフ&ロードバイクジャケットラフパーカー RR7245SS-BK3

ラフパーカーの防風性能と撥水性を強化したモデル。胸パッド、インナーは別売り

RSタイチ ソフトシェルマルチパーカ RSJ728

防風、撥水性強化モデル。RSタイチのジャケットの中で安い。

最初に買うべきジャケット

オールシーズンジャケットについてまとめました。

数は少ないですが、最初にこれを選べばほとんどの季節対応できます。ただ、、1年通して着るので、後悔しないようにデザインはしっかり吟味した方がいいです。

ちなみに真夏はしっかりフルメッシュにしましょう。全身風を通してくれないと無理です。

街中に溶け込むライダースジャケット、シューズ【バイク用】 24時間視界を確保できるバイクヘルメット 夏でもバイクに乗れる!おすすめ革ジャン【メッシュ】 メーカー別に買うべきバイクグローブを紹介【春夏秋冬+雨】