バイク初心者がいきなり大型バイクはありか?【ありです】

悩み
悩み

バイク免許持ってないけど、いきなり大型バイクあり?
やっぱり中型バイクから乗るべき?

このような疑問に答えます。

この悩みに対して他人が答えれることは1つです。

欲しいバイクに乗れ」。

以上です。これだと物足りないので色々な考え方を記事にしました。

あくまで1つの意見です。たぶん人によって意見は違うと思います。

バイク初心者がいきなり大型バイクはありか?【ありです】

結論を言うとありです。理由は欲しいバイクに乗るべきだから。

自分の欲求を抑えることは不可能です。素直に従いましょう。

  • かっこいい
  • 凄い性能
  • 大型しかバイクがない

いきなり大型バイクに乗りたい理由はこの辺りかと思います。海外メーカーとか、大型バイクしか作ってないメーカーだらけだから困りますよね、、

周りに説得されて妥協しても、乗りたい欲を抑えれません。これだけは断言できます。

欲しいバイクに乗るべきです。何に乗りたいのかは知らないけど、公道で出せる速度なんてたかが知れてます。

慎重に乗れば大丈夫です。それにバイクって乗り換えるの普通なんで、失敗したと思ったら中型バイクにすればいい。

詳しくは「バイクは乗り換えるのが当たり前な理由」に書いてます。

教習車で大型バイクの取りまわしは知れる

2022年以降の大型教習車
  • 普通自動二輪免許→CB400SF
  • 大型自動二輪免許→NC750X

この2台で、エンジンパワー以外の大型バイクのボリューム感は知ることが出来ます。CB400SF(教習車仕様)って今だと1000CCネイキッド辺りのボリュームあります。

今ならZ900辺りと同じボリューム感です。エンジンパワーは全く違うけど。

NC750Xも大型の中では重い側、取り回しの感覚は先に知ることができます。

・教習車2台を毎回取りまわすのは嫌だ→今の中型バイク

・どちらも扱い余裕、操作も余裕→いきなり大型バイクどうぞ

コスパを求めるなら合宿免許

少しでも安く免許を取りたいなら合宿免許がおすすめ。特に地方に行けばかなり安いです。

ちょっと全国から検索してみてください。

  • 教習料・延長保証含む
  • 宿泊料
  • 食事代
  • お楽しみ得点:各教習所の特典
  • 傷害保険
>>合宿免許受付センター公式サイトはこちら

なぜ中型バイクから乗るべきなのか?

先に言っておくと、大半の初心者は中型バイクから始めます。いきなり大型バイクデビューは少数派です。

何故、中型バイクから乗るべきなのか

  • 大型バイクは扱うのが大変
  • ガサツな運転が許されない
  • どうせ扱いきれない

説得されるとしたらこの辺りかなと思います。もう少し深掘りしてみましょう。

大型バイクは扱うのが大変

大型バイクは性能はすごい、でもデメリットも丸見え。

  • 大型バイクはデカい
  • 大型バイクは重い

大型バイクの平均重量は200㎏を軽く超えます。

普通に生きてたら、それだけの重量を体一つで支える経験ってありません。会社だったら労災コースです。

簡単に動かしてるように見えますが、、尋常じゃなく重い。

そして大型バイクはデカい。

デカくて重い結果、、少し傾くだけでバイク倒れます。自立するわけじゃないから支えるなんて不可能。

大型重すぎて中型バイクに戻ってくる人も一定数います。

ガサツな運転が許されない

大型バイクはガバっとアクセルを開けるなどが許されません。

ちょっとアクセル開けるだけで、飛び出すように加速するバイクばかりです。

初心者に起こりそうな出来事

  • 前輪が浮く
  • タイヤ暴れる
  • ビビってエンストからの立ちごけ

いきなり大型バイク乗りたがる人は、エンジン性能に魅力を感じてる人が多いと思う。半クラさえまともにできない人には危険。

初心者からしたらピーキーに感じるバイクばかり。

どうせ扱いきれない

どうせ初心者には扱いきれないよ

他人に間違いなく言われます。正解です、大型バイクは扱いきれません。

いわゆる宝の持ち腐れってやつです。でも、、ベテランライダーだって扱いきること不可能。

  • 初心者は下手すぎて扱いきれない
  • ベテランはバイクの性能が高すぎて扱いきれない

もう、、一般人が扱える性能を大幅に超えてます。どの道扱いきれません。

解決方法はレンタルバイク

解決方法はあります。レンタルサービスを利用して、大型バイクに乗る。

今は大手もレンタルサービスに積極参加、ほぼすべてのバイクに乗ることが可能です。

欲しいバイクに近いバイクに乗れば、どんなバイクかわかります。出来れば家の周辺を走った方がいいです。一番通る環境なので。

結局バイク免許は必要

レンタルするにも大型バイク免許は必要。取るしかないじゃん、、

結局持ってて損はないですよ。

>>合宿免許受付センターの公式サイトはこちら

大型バイクが欲しいなら買うべき

軽いバイク大好きなら中型

最初に戻るけど、大型バイクが欲しいなら買うべき。

妥協すると絶対後悔するから。「欲しいバイクが大型バイクなんだから仕方ないじゃん、、」自分を納得させましょう。

  • バイクは趣味性が強い
  • バイクは結局デザイン

バイクは趣味性が強い乗り物。好きなものに乗れが合言葉だから。

移動手段ならコストを考えるべきだけど、生活必需品じゃないバイクは、好きなものに乗らないと後悔します。

憧れのバイクと自分に合ったバイクは違う

憧れのバイクに乗らないと、いつまでも乗りたい欲が消えない。一方で、必ずしも憧れのバイクが気に入るとは限らない。

でも、こういうのも色んな形のバイクに乗ってみないとわからないし、言っても仕方がない。

全然自分に合ってないと思ったら売ればいいんだよで終わり。

ヘタな人は流石に考えた方がいい

正直、教習所で下手すぎる人は流石に中型バイクから考えてください。

  • 立ちごけ連発
  • がっくんがっくん発進

基礎が出来てないまま卒業した人は、大型バイクは危険だし、乗るのが苦痛になると思います。

もしくは「通勤用途に使えるコスパの高いおすすめ大型バイク7選」に出てくるマイルドなバイクから始めてください。

・車とバイク免許をお得に取得→車とバイク免許同時に取るお得プランがあります

・バイク免許だけをお得に取得→バイク合宿で免許を取るついでに安く旅行を楽しむ

中型バイクと同じ感覚で操れる大型バイク

エンジンパワー以外、250CCとあまり変わらない車体ボリュームのバイクはいます。

ここから始めていいかもしれません。

・MT-07

・XSR700

・Z650

・Z650RS

MT-07

  • 184㎏はZX-25Rとほぼ同じ
  • 2気筒のマイルドエンジン
  • ほぼ中型サイズの車体

XSR700

  • MT-07のネオレトロスタイル
  • スペック全くMT-07と同じ

Z650

  • 189㎏と軽量
  • 大型らしくない小型二気筒エンジン
  • Z250と間違えるサイズ感

Z650RS

  • 188㎏と更に軽量
  • Z650のネオレトロスタイル
  • Z650と全く同じ装備

欲求には勝てない

いきなり大型バイクについてまとめました。

結局、、自分の欲求を抑えることは不可能です。いつまでも欲しい欲が止まりません。自分はCBR250Rが欲しくて仕方なかったので、何年も我慢するのはきつかったです。

なお、いざ乗り換えたら、全くセパハンが好きになれなかったので、長くは乗りませんでした、、そんなものです。

大体最初のバイクはすぐ乗り換えます。それなら欲しいバイクに乗りましょう。

バイク免許目的の教習は最高に楽しいって話【車より楽しい】