650ccバイク|国内メーカーの個性が出る排気量の特徴を解説

650ccと言えばミドルクラスであり、大型バイクの入口でもある。更に言えば、規制が緩くなる排気量

この排気量は大型バイクの中でも特に各メーカーの個性が分かる

・スーパースポーツ
・スーパーネイキッド
・スポーツツアラー
・ネオクラシック
・クラシック
・カフェレーサー
・アドベンチャー

70万~100万までバリエーション豊かな車種が見れる

回せる排気量。海外では650CCが特に人気
  • 全国無料出張査定、中古バイク即日現金買取
  • 特殊車両、 事故車や不動車なども買取対応
  • オンライン自動査定から、最新のバイク買取相場がすぐに調べられます
  • 乗り換えで最大3万円支援
公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン

ホンダ

貴重なミドルクラス4気筒

CBR650R,CB650R
CBR650R95馬力/1200064N.m/8500207kg1056000円
CB650R95馬力/1200064N.m/8500202kg979000円

唯一の650CC4気筒

CB400SFとは違い、下から上まで4気筒を最大限楽しめる最低排気量でもある

650CCの中で一番馬力の高いバイクがCBR650RとCB650R
ただし4気筒エンジンは重量も増えるのでライバルより重め…

CBR650Rは本気にさせるスタイル、スーパースポーツ寄りの攻める姿勢

4気筒+トラクションコントロール+SFF-BP」で快適性と走行性能を両立する

リアシートの幅が広くバッグ を載せやすい。ツーリングにも向いているバイク

ネオスポーツカフェCB650Rは、CB250R(単気筒)から一気に4気筒にステップアップする。二気筒がなく、段階を踏んでない感強い
  • 650CCで4気筒エンジン
  • エンジンのカラーアクセントが美しい
  • CBR650Rは前傾強めのSS寄り
  • CBR,CB共に人気
  • CB650RはCB400SF+10万円の価格とお得
  • トラクションコントロール、アシスト&スリッパークラッチ
    SFF-BP|ショーワ製サスペンションの最新機構

カワサキ

100万円を切る唯一の大型スポーツツアラー

NINJA650,Z650,バルカンS
NINJA65065馬力/800063N.m/6700194kg880000円
Z65068馬力/800063N.m/6700189kg847000円
バルカンS61馬力/750063N.m/6600229kg858000円

回すイメージが強いカワサキのバイクの中で、ミドルクラスはちょっと異質?

NINJA650,Z650は得意の並列二気筒エンジンで低、中回転寄り

ホンダと違い、NINJAシリーズはここから「よりスポーツツアラー色が強くなる」。純正オプションもたくさん

セパレートハンドルだが、ほとんど垂れ角がなくハンドル位置が高い。リアシートも幅広、フラット気味で荷物が載せやすい

バルカンSはレブルシリーズやBOLTと並んで数少ない国内クルーザーバイク
一番アメリカンらしい乗車姿勢

リアサスペンションや液晶メーターなどにNINJAやZと共通の車体なのが感じ取れる

ちなみに国産クルーザーは危機的状況
詳しくは>>数が少ない国内アメリカンバイク。何故ここまで減った?【考察】

スポーツツアラーのNINJAシリーズとスーパースポーツのZXシリーズに分かれていく

Z650RSも2022に登場予定

2022年期待の新型バイク達(国内メーカー+海外)

実はZX-6Rだけ650CC寄り

4気筒のスーパースポーツZX-6Rは600CCカテゴリーのバイクだが、実は630CCあったりする

  • スポーツツアラー色が強め
  • 2気筒エンジンは低、中速寄り
  • 本体価格100万円を切る唯一の大型スポーツ系バイク
  • 650CC唯一のフルカラー液晶+スマートフォン接続
  • 実は結構軽量
  • 数少ないクルーザーが650にいる
  • アシスト&スリッパークラッチ、ETC、ヘルメットホルダー

ヤマハ

安くてコスパに優れる

MT-0773馬力/875067N.m/6500184kg792000円(2020)
XSR70073馬力/900068N.m/6500186kg916300円
Tenere70072馬力/900067Nm/6500205kg1265000円
  • MT-07|ストリートファイター
  • XSR700|ネオクラシック
  • テネレ700|オフロード思想のアドベンチャー

ヤマハの700CCクラスは、シンプルで扱いやすさ重視

650と名を冠したバイクはないけど、ヤマハのバイクも688CCで近い排気量なので触れる

大型的な過激さは少なめのマイルドエンジン(回せば別の話)
税込み79万円(2020)は400CCを買うよりお得な値段でもある

MT-07の184kgは国内大型バイクで最軽量

2014年に登場してから「全くモデルチェンジをしてないので、中古だと250CCクラスの価格

2021年にモデルチェンジ。今のMTシリーズらしい外観になった

Tenere700は貴重なミドルクラスのオフロード系アドベンチャー

軽量なMT-07エンジンベースに惜しみなくアルミ素材を投入し軽量化
とにかくオフロードに強いモデル

  • 二気筒エンジンにシンプルな装備。軽量化にこだわった排気量
  • MT-07(184kg)は250CCクラスの軽量バイク
  • 価格もかなりお得
  • ミドルクラスで最もオフロード寄りのアドベンチャー

YZF-R7が登場

2021年にYZF-R7が登場予定

MT-07ベースということで、扱いやすいスーパースポーツのエントリーモデル的な位置付け
詳しくはYZF-R7はCBR650R、NINJA650と比較したら中間ポジションだった

スズキ

SV650,SV650X,V-strom650
SV65076.1馬力/850064N.m/8100197kg752400円
SV650X76.1馬力/850064N.m/8100197kg796400円
V-strom65069馬力/880061N/m/6500212kg924000円

ヤマハと近い立ち位置。シンプルさを追求

SV650はスズキが提案するシンプルイズベストなバイク
昔から存在するTHEネイキッドな姿勢、外観

税込み75万円は最安値!

SV650Xはカフェレーサー仕様となっている。セパレートハンドルだが、位置は高めで扱いやすい。79万は良心的

Vストローム650(アドベンチャー)、SV650X(カフェレーサー)とオンリーワンな立ち回りをしているスズキ

  • 変わらない良さを再現。昔ながらのクラシック
  • SV650Xはハンドル位置高め
  • 75万円は大型最安値。通勤で使えるレベル
  • 今では貴重なV型二気筒エンジン
  • 650CCで本格的なオンロード系アドベンチャー

似てる特徴すらない排気量

割と似た者同士のバイクをぶつけてくる排気量が多い中で…

650CCは方向性がバラバラで、選ぶのが大変!

ほぼ役割が被ってるバイクがないので、この排気量で一台を選ぶのは大変でもあり、楽しくもある

>>下の排気量は400CC|値段に対して性能の高いバイクが増えた排気量の特徴を解説
>>上の排気量は750~800CC|教習車など実用性もある排気量の特徴を解説

中古バイクが高騰してる今こそ人気のバイクを狙う理由 公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン