250CC~400CC|実用性の高いおすすめバイク11選

一番人気の排気量250CC。最初に選ぶ人も多い排気量

2021年現在の豊富なラインナップの中から「コスパ」に優れる車種を選んだ

安さ以外の要素でも選んだ

  • 全国無料出張査定、中古バイク即日現金買取
  • 特殊車両、 事故車や不動車なども買取対応
  • オンライン自動査定から、最新のバイク買取相場がすぐに調べられます
  • 乗り換えで最大3万円支援
公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン

コスパ最強バイク|ジクサーSF250

  • 税込み48万円の安さ
  • フルカウル
  • 単気筒エンジンの燃費の良さ
  • 158kgと軽量
  • 他の単気筒バイクより多い|タンク容量12L

2021年現在、最もコストパフォーマンスに優れるバイクはジクサーSF250

50万円を切る値段、最も軽量な158kgのフルカウル、そしてタンク容量も12Lと多め。カウルがある方が、風の影響を受けにくい分快適

移動手段として使っていけるスペック。ハンドルも高めで扱いやすいはず

250CC唯一のネオクラシック|CB250R

  • 250CC唯一のネオクラシック
  • 144kgの圧倒的な軽さ
  • 単気筒の燃費の良さ
  • 贅沢な足回り

1,2を争うコスパに優れたバイク。
外観的には250CC唯一のネオクラシック系バイク

144kgのオフロードに近い重量は間違いなく扱いやすい。
乗るまでのハードルを一気に下げてくれる

ホンダの単気筒は燃費も良し

高性能かつバランス型|CBR250RR

  • 二気筒エンジンながら高い馬力、トルク
  • 高い作り込みから生まれる所有感
  • そのままサーキットへ行ける足回り
  • 意外といい足つき

本来なら最もコスパから遠いバイク。
値段も80万円代と決して安いとは言えない価格

しかし総合的に見れば一番コスパに優れる250CC

41馬力を発揮する二気筒エンジンは市街地からサーキットまであらゆるシチュエーションで高い性能を発揮する。そして「250CCの中で圧倒的に高い所有感

このバイクで満足いかなかったら、素直に大型バイクに移れるはず。
試すという点ではコスパに優れると言える

250CCより燃費がいい|YZF-R3,MT-03

  • R25,MT-25と3万円差
  • 近い値段で高い性能を得られる
  • フラットトルクに近い扱いやすいエンジン
  • R25,MT-25より燃費がいい

最もバランスのいいバイクの一つ。ほとんどYZF-R25とR3の間の金額的な差はないにも関わらず、35PS→42PSと性能がアップする

排気量が上がった分低速トルクに余裕が生まれる。
結果、250CCより燃費がいい

パーツが250CCと共通なので維持費はそれほど上がらない

性能に対するコスパ最強|NINJA400、Z400

  • NINJA250,Z250と7万円差
  • 他の400CCと比べて圧倒的に軽い
  • フラットトルクのバランスのいいエンジン
  • 400CCの中でも安い値段
  • 250CCとパーツが共通

400CCの中で最もコスパに優れるバイク。
NINJA400が72万円、Z400が68万円と近年発売された400CCの中でも飛びぬけて安い

そして、重量も168kgと飛びぬけて軽い。軽いバイクなので加速性能も他の400CCを超える。

250CCにこだわりがないのならば、CBR250RRやZX-25Rよりこちらの方が価格も安く、性能も高い

エンジンはフラットトルクで扱いやすいが、YZF-R3の様な燃費が良くなる恩恵はない。そしてNINJA250、Z250と見た目は全く同じなので所有感は薄くなる
>>NINJA400|最高に軽量、高性能、通勤用バイクに最適な理由

数少ないオフ車|KLX230

  • 40万円代の安い値段
  • 場所を選ばないオフロード
  • 頑丈
  • 2019年登場。しばらく生産終了はなさそう

コスパに優れるといえばオフロードバイク。
こけること前提の頑丈な作り」は長く使っていく為には重要な要素

値段も手が出しやすい。どんどん生産終了していくオフロードバイクの中ではかなり新しいという安心感もある

フラットなシートは荷物を載せやすいというメリットもある。デメリットはタンク容量が少ない事

トルク全振りのスポーツツアラー|GSX-250R

  • スーパースポーツの外観
  • 低速トルク重視で扱いやすいエンジン
  • 燃費もいい

ジクサーSF250と同じくらいおススメ出来るバイク。
実売価格が安い、カッコいい外観

二気筒エンジンながら低速トルク重視のエンジンで市街地走行などに有利。
徹底的に日常域の扱いやすさを重視したエンジン性能

唯一、ジクサーSF250ほどおススメ出来ない理由を上げるとすれば…250CCの中でも重い「181kg

バランスのいいアドベンチャー|V-ストローム250

  • アドベンチャーの中でも安い61万円
  • 低速重視のエンジンで扱いやすい
  • 一通り装備が揃っている

250CCアドベンチャーの中でも人気のバイク

61万円と安い値段ながら、、

・DCソケット
・ケースアタッチメント
・ナックルガード
・センタースタンド


安いのに必要な物が最初から揃っている

GSX-250Rと同じく、低速トルク重視のエンジン。
重量を感じさせない走行性能を発揮する

21年モデルが最後|SR400

  • 税込み58万円の400CC
  • 変わらないクラシック
  • カスタムパーツ豊富

ずっと変わらない良さを伝えるバイク|SR400

400CCの中で断トツで安い58万円の価格は魅力的。そして歴史が長いのでカスタムパーツが豊富。自分好みに変えていける

馬力が400CCの中では非力なのが欠点か

断トツの人気|レブル250

  • 断トツ人気
  • アメリカンの中では軽量170kg
  • 燃費いい
  • 約60万円の高すぎない値段
  • 唯一の250CCアメリカン

250CC断トツ人気のモデルレブル250

CB250Rと同じ単気筒エンジンということで、燃費が良くコスパの高いバイク

唯一の250CCアメリカン」という希少性と登場以来売り上げ1位という人気から生まれる「所有感」はCB250Rの比ではない

これより上のアメリカンは200キロ超えが当たり前になるので、バランスのいいバイクとも言える
>>レブル250|大人気のクルーザーは実用性も高め【理由を解説】

250CCより安い400CC|GB350

  • CB250Rより安い本体価格55万円
  • 数少ないバーチカルエンジン
  • 40km/Lを超える鬼燃費
  • 2021年最新バイク

インドからやってきたバイク|GB350

本体価格が55万円と超お得。タンク容量15Lと40㎞/Lを超えるエンジンのおかげで航続距離も長い

・トラクションコントロール
・アシスト&スリッパークラッチ


最新装備が入ってこの価格、、
400CCクラスで一番コスパに優れるバイクと言ってもいい

問題は21馬力を許容出来るか
>>GB350|通勤用として使えるオシャレバイク【理由を解説】

ファーストバイクにセカンドバイクに

250CC
・高級モデルとエントリーモデル両方ある状態
400CC
・近年一気に値段が下がった

どのバイクも安いだけじゃなく、エンジン性能も悪くない物が多い

400CCは250CCと車体を共通化したバイクのおかげで一気に価格がダウン。
手の出しやすい排気量になりつつある

どれも安かろう悪かろうなバイクじゃないのが魅力

公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン