NINJA400|最高に軽量、高性能、通勤用バイクに最適な理由

2020年、251CC~400CC売り上げ一位の2630台(Z400含む)

CB400シリーズの独壇場だったクラスに珍しくライバルが登場

・NINJA250より400が魅力的
・性能が高い
・値段もお得

Ninja400の「高い性能とバランス」は実用性も充分高い。そんな人気のバイクの魅力を探っていく記事です

デメリットも乗る頻度が高ければメリットになる

400CCが選ばれない理由

・車検
・維持費

バイクは車検がないことが利点

年間の維持費がかなり変わるのは事実。でも今回提案するのは通勤などの実用性

乗る頻度が高ければ高いほど、車検ありなしの差は埋まっていく
>>詳しくはバイクの乗る頻度が少ない|400ccより250ccが金銭面でお得

NINJA400|スペック

エンジン並列二気筒
全長x全幅x全高1990×710×1120
シート高785
重量167kg
馬力48PS/10000
トルク38Nm/8000
タンク容量14
燃費24.8
本体価格715000円
KRT 726000円

NINJA250と車体、エンジンを共通化したバイク

250CCと400CC…

150CCも離れた排気量を共通化しているのはカワサキだけ。その恩恵はかなり大きく400CCクラスの中でも断トツで軽い

軽量で400CCもあるので、加速性能はCB400SFを超える
  • NINJA250のボアアップ版
  • 断トツで軽量
  • エンジン性能も高い。フラットトルクでバランス型
  • 価格もNINJA250+7万円
  • 車体もコンパクト
  • アシスト&スリッパークラッチ、ヘルメットホルダー

400CCの中では歴代断トツで軽量

NINJA250
  1. NINJA400 167kg
  2. YZF-R3 170kg
  3. SR400 175kg
  4. CBR400R 192kg
  5. CB400SF 201kg
  6. グラディウス400 206kg
  7. NINJA400(1世代前) 211kg
  8. GSR400 215kg
・重い
・デカい
・高い

400CCのデメリットを打ち消したNINJA400

400CCに乗るくらいなら大型バイクを買った方がいい

海外で500CC~650CCとして売っているモデルをボアダウンして販売していたから。大型バイクの車体、重量で馬力が低いというデメリットがあった

価格も大型とあまり変わらないので選ばれる理由がない排気量

CB400SF,SBは400CC専用設計。馬力も海外の48馬力制限を無視したハイパワーバイク

NINJA400は「250CCのボアアップ」。デメリットを打ち消した

250CCに乗るくらいなら400CCに乗れ

250CCと同じ重量+ハイパワーという魅力

400CCで167kgという恩恵はエンジン性能に特に出る

10000回転で48馬力を発揮するエンジンは加速性能がかなり高い。低速からトルクを発揮してくれるエンジン

250CCのSSやアドベンチャーより軽いバイクで48馬力…面白くない訳がない

NINJA250よりフラットトルクになり、扱いやすさも上がる

価格に対する性能ならNINJA400が一番

価格に対する性能だけで言えば…

今話題のZX-25RやCBR250RRより高いパフォーマンスを見せる
>>ZX-25R,CBR250RR,NINJA400のメリットは何か比較する

実用面で言えば、高速道路などで後一歩エンジンパワーが欲しい欲を満たしてくれるバイク

足回りの装備+電子制御、機器はZX-25RやCBRの方がはるかに高性能

価格も250CC+7万円

400CCで売り上げ一位になったNINJA400

一方…

常に年間売り上げ1位争いをしていたNINJA250がトップ10圏外に行ってしまう

それはNINJA400が魅力的過ぎるから..

NINJA250を買うなら+7万円出してNINJA400を買おう」。たぶん大多数がこの様な思考になる

NINJA250とNINJA400の違いは重量が1kg増えるだけ。そして多少燃費が悪くなる点

ちなみに本体価格715000円もここ10年の400バイクの中でかなり安い側

値段が上がり続けるバイク の中で「唯一値段が下がった排気量が400CC」

性能と実用性が高レベルで両立しているバイク

  • 250CCクラスの重量
  • 400CCの中でも安い
  • コンパクト
  • 人気のNINJAシリーズ

性能ばかり目が行くので「趣味性の強い遊ぶバイク」のイメージが強いが…

軽量すぎる車体は普段使いに最適。Z400と含めて最高にハイパワーなシティーコミューターとしても運用可能

消耗品も250CC同じ

実は、車体を共通化の恩恵は足回りにもある

ブレーキやタイヤ、オイルなどの消耗品が250CCと同じ」。ただ価格が安いだけじゃなく、パーツの価格面でもお得なのがNINJA400

正直、400CCだから選ばないと言うにはもったいない魅力的なバイク
エンジンオイルはわずかに指定量が違う
中古バイクが高騰してる今こそ人気のバイクを狙う理由
  • 全国無料出張査定、中古バイク即日現金買取
  • 特殊車両、 事故車や不動車なども買取対応
  • オンライン自動査定から、最新のバイク買取相場がすぐに調べられます
  • 乗り換えで最大3万円支援
公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン