バイクは乗り換えるのが当たり前な理由

悩み
悩み

全然バイク乗ってないけどどうしようかな、、
でかいし、乗るのが面倒になってきてるんだよなぁ

バイクは車と比べて乗り換える頻度が高い。別に長持ちしないからじゃない

じゃあなんで高いお金払ったのに数年で乗り換えるのか?

バイクは乗ってからわかることが多すぎる。イメージと全然違うって思うことが多々あります。

1台1台形が全然違うから。

どのお店でも最大3万円支援キャンペーン中

>>バイク買取専門店バイクワン

バイク熱は冷めていく

近年コロナでバイクへの注目が高まっている。三つの回避手段にバイクが人気。

一方で遠出しにくい情勢。逆に乗る頻度がガクッと減った人も多いはず

・月1回も乗らない
・道路に出すのも面倒
・エンジンふかして終わり

だいたいこうなったらバッテリー切れて物置化する。

話を聞くとバイク持ってるけど、バッテリー切れて何か月も乗ってないって人たくさんいます

そのまま放置しててもバイク熱が上がる可能性は低い。
放置するくらいなら一度手放すのもあり。何故なら中古価格が超高騰してるから

>>高値が期待できるおすすめバイク買取会社3選

バイク乗り換えるきっかけ

バイクは乗り換えるのが当たり前、趣味の乗り物なので、無理してずっと乗る理由がない。

  • 欲しいバイクに出会った
  • 生活環境が変わった
  • 違うジャンルに乗りたい
  • ステップアップしたい
  • なんかイメージと違う、、
  • 性能しょぼすぎ
  • 性能高すぎて扱えない
  • 維持費高すぎ、、
  • 取りまわしめんどい

まー、、いくらでも理由は出てきます。バイクは形と性能が全く違うから、乗り換えるのに決まった理由なんてありません。

それぞれ理由が違うはずです。

若い人に多い、バイクから車に乗り換える

若い人は1度車の快適さを知ると、バイク手放すってパターン多いです。

そりゃそうだ、完全密閉されて雨風から完全に守ってくれる訳だし。Tシャツ1枚で運転が出来る、車の方が楽だと感じるのは当たり前。

まー、何かのきっかけで、またバイク乗りたくなるだろうけどね。

車は快適すぎて旅してる感は無くなるので。遠く行ったときの空気の変化や、心地いい疲れが恋しくなりますよ。

それに最も万能な移動手段は「車+原付2種」なんで。

車の本体価格、維持費が高い?バイク免許を取ればだいたい解決する

大半が趣味として乗ってる

バイクは便利な乗り物。元々移動手段として生まれたから当たり前。

一方で、現代では趣味性の強い乗り物として認知されている。スクーターよりミッションバイクが数的には豊富なのが証拠。

車と違う点は、多くの人にとって生活必需品ではないと言う事。

必需品ではないと言うことは、好きな物に乗ればいいという心理が働く。

だから気に入ったバイクを見つけたらすぐ乗り換えたくなる。

バイクをすぐに乗り換えるのは当たり前

バイクに我慢して乗るのは止めましょう。絶対盆栽化するから。

疑問
疑問

なんかこのバイク違う、、

乗っていきなりこう思ったら、、たぶん簡単には愛着わかない。そしてバイクはいろんな要素があるから解決しない。

  • 乗車姿勢
  • 重さ
  • サイズ
  • エンジンパワー
  • 取りまわし

変えれるのはハンドルくらい。それ以外はどうやっても無理。

乗らなくなるくらいならすぐに手放しましょう。どうせすぐ売った方が高値付くわけで、自分も走行距離1500㎞で売ったことあります。

バイク売却の手順と疑問を買取業者に聞きました【5回売る】

排気量が多種多様

バイクは排気量がとてつもなく多い

・50CC
・125CC
・250CC
・400CC
・650CC
・1000CC

大体50CC~1000CCくらいまでが現在の主流。でも中身は50CC刻み、100CC刻みでバイクがある。とてつもなく細かい。

多くの人にとって、最初のバイクは250CCから始める人が多い。慣れるとモアパワーを求めてステップアップする人が多い。

大型バイクの圧倒的な性能に憧れるのは仕方のない事。
超高性能な乗り物を、手の届く価格で買える、唯一の乗り物と言ってもいいから

海外含めると市販車最大排気量は2500CCまである

バイクは種類が多い

バイクはとにかくジャンルが多い。数を挙げればきりがないくらい多い。

  • ネイキッド
  • スーパースポーツ
  • スーパーネイキッド
  • スポーツツアラー
  • オフロードバイク
  • アドベンチャー
  • クルーザー
  • スクーター

そして流行り廃りがあるので、新しいタイプのバイクもどんどん出てくる
ユーザーにとっては目移りしやすい環境とも言える。

そしてバイクは出来ること、出来ないことが必ずあるので、1台で全てをまかなうことは不可能

例えばオンロードバイクは林道を走ることは出来ない。ミッションバイクは荷物を載せれないなど...

メリットがあればデメリットがある乗り物。なので、違うことをしたくなったら乗り換える、増車するの二択になる

乗車姿勢が自分と合わない

バイクはジャンルによって全く乗車姿勢が違う。

直立姿勢だったり、前傾姿勢だったり、、上半身だけじゃなく下半身も足の置き場が違ったり、、。

しばらく乗ってみて気づく

  • 乗りにくい
  • 姿勢がきつい
  • 手が痛い
  • 背中が痛い

趣味性の強いもので愛着が生まれないと、すぐに乗り換えたくなる。

メーカーによっても全く乗車姿勢は違う

ジャンルが同じなら全て同じなのかというと、そうでもない。

メーカーによって全く違う。ハンドル位置の高さ、距離など…

バイクは乗ってみないとわからないことが沢山ある。合わないと思った物を乗り続けるのは苦行。必需品ではないので絶対乗らないといけない物でもない

盆栽化しやすくなる

バイクは重い

バイクの一番辛い点は、自分で車体を支える必要があること。

バイクの「デカい」、「重い」は盆栽化する最大の要因。

普通に生きてて、200㎏を超えるものを体で支える経験なんてバイクくらい

バイクは想像以上に重い。近場は軽いバイクがいいと思う人も出てくる。

大型バイクは降りる理由になる

重いという問題は、大型バイク乗りのステップダウンのきっかけになります。

重くても乗る理由、、

  • 圧倒的な性能
  • 圧倒的な所有感

人間ってどれだけいい物買っても慣れていくんですよね、、

じゃー、飽きた後に残るのは「デカい、重い」。下道だけなら250CCでも余裕なんで、中型に帰ってきてもいいかもしれません。

バイク買取専門店バイクワン →乗り換えで3万円サポート

バイクを売るならバイク王 →バイク王のバイクへの乗り換え支援あり

バイク売るなら高価買取の【バイク館へ】 →高値で買取してるバイクがわかる

バイクは環境に依存する

田舎から都市部に転勤など、、「環境が変わる」とバイク置き場に困る。持ってるだけでお金のかかる趣味、そこはスパッと1度手放す人も多い。

移動手段として切り替えるのもありです。

  • 駐輪場がない
  • あるけど原付サイズの入口
  • 結婚
  • 趣味が増える

都市部なら駐輪場をレンタルするという方法はあります。

>>都会暮らしでバイク置き場を確保する方法【バイクガレージ付き賃貸】

角度大事

山の斜面に住んでる人は、重いバイクはご法度。
近所の自販機や、お店に行くのが一番面倒、、斜めってるから。

重いバイクが更に重く感じる。サイドスタンドじゃ動きそうになる。

住む場所でバイク選びって変わります。

乗ってみないとわからない乗り物

バイク乗りにとって、すぐ乗り換えることは悪い事ではないと思う。

全てのバイクが形も乗車姿勢も違うから、、乗ってみないとわからない

試乗しろよ」と思うかもしれないけど、しばらく乗らないと気づかないことが多々ある。

一方で、その失敗が次のバイク選びで生きてくるというメリットもある。
意外と憧れと、自分に合ってるバイクは違うものだったりする

>>バイク乗り換えで失敗しないためにバイクレンタルを活用する

バイクへの不満のいくらかは解決できる

快適さには勝てませんでした、、

無理して乗るくらいなら売るべきだと思うけど、解決できる不満はあります。

・セパレートハンドルきつい→バーハンドルに取り換える

・正面の風がきつい→スクリーン、ロングスクリーンを取り付ける

・カバン背負うのだるい→リアボックス付ける

これぐらいはパーツ交換で解決できます。

「ダサいからいやですか?」→他人のバイクを気にする人の方が少数ですよ。

世間のバイク熱は上がってる

バイク熱が冷めてしまったあなた、それとは反対に、コロナ以降世間のバイク熱は上がる一方。多くのバイクが品薄状態。

新車だけじゃなく、中古市場からもバイクが消えていく状態。

バイクは高速道路値下げも始まりました。「高速道路片道100㎞を快適に走れるバイク 」に条件を書いてます。これを機にジャンル変えましょう

バイクに乗りたくなる

バイクに乗り換えるたびに、バイクに乗るのが楽しくなる。新鮮な気持ちでバイクに乗れるから。

乗り換えるたびに遠出します、ずっと乗っていたいから。人間にはマンネリ化が一番良くないですね。

とりあえず簡単に自分のバイク価値を知れる方法だけ教えます。