乗り換えたいオフロードアドベンチャー「Vストローム250SXvsCRF250RALLY(ラリー)」

*記事の中にアフィリエイト広告を使用している場合があります。

世界的に人気上昇中のオフロードアドベンチャーにスズキが本格参戦。

  • Vストローム800DE
  • Vストローム1050DE
  • Vストローム250SX

250CCではCRF250ラリーが独占状態ですが、スズキらしい戦略で新しい提案。

価格差20万円、ジクサーSF250とCBR250RRを比較するようなものですが、他にオフアドベンチャーもいない。

お互い強みがはっきりしてるので魅力は本物です!

人気のアドベンチャーVストローム250のオフロード版

日本でも高い人気を誇る「Vストローム250」に続いて「Vストローム250SX」が登場。

Vストローム250の魅力をそのまま引き継いだ単気筒モデル。

  • 最初から全部載せ:リアボックス付ければ旅バイク完成
  • 二気筒トルク型:重さを感じにくい
  • 重量+ロングホイールベース:高速道路快適
  • 本体価格60万円前半だった(今は約65万円)

世界的に人気のオフロードアドベンチャーにスズキらしいバイクで参戦。

スズキのバイクは全体的に値上げしてしまったので、このタイミングで50万円代のアドベンチャーは魅力的すぎます!

スペック

全長21802200
最低地上高205220
シート高
(mm)
835830
<885>
重量
(kg)
164153
エンジン油冷単気筒
SOHC
水冷単気筒
DOHC
馬力
(PS)
26/930024/9000
トルク
(Nm)
22Nm/730023/6500
燃費
(km/L)
34.533.7
タンク
(L)
1212
ストローク量
(前後)
120200以上
タイヤサイズ
(前後)
前19、後17前21、後18
本体価格569800764500
製品概要 | Vストローム250SX |
二輪車 | スズキ (suzuki.co.jp)
CRF250 RALLY|
Honda公式サイト

価格差20万円もあるオフアドベンチャー2台。

結論だけ言うなら「オフロード性能はCRF250RALLY(ラリー)に勝てない」。やはり公道用オフ車ベースは強すぎます、、。

でも、この価格でアドベンチャーが手に入るってだけでも革命かも?だって快適装備全部ついてるジャンルですから。

共通点

  • オフロードアドベンチャー
  • 単気筒エンジン
  • 12Lで航続距離ほぼ同じ
  • 最初から全部載せ
  • ブロックタイヤ

2020年代はバイク版ヤフーオークションで買取

乗り換えで避けられない買取査定。

「他の買取店ならもっと高く売れたかも、、、」

一括査定をすると、色んな会社とまとめて査定交渉をするのが面倒。

最近はオークション方式の一括査定会社KATIXで、最高額提示会社とだけ交渉可能。スマホに通知が来るだけなんで楽です。

匿名で査定額だけ知ることもできます。乗り変える気がなくても気軽に試してみよう。

一番高く愛車を手放すためにKATIX(カチエックス)のオークションで最高の査定額を提示してもらおう

Vストローム250SXのメリット

本体価格の時点で全てが許せるメリット

  1. 断トツで安いアドベンチャー
  2. 信頼と安心の油冷単気筒エンジン
  3. オンオフバランス型

断トツで安いアドベンチャー・使い方多種多様

このバイク本体価格が約57万円です。2023年だと数少ない60万円以下の250。

  • ジクサー250/SF250
  • GB350
  • CB250R

たったこれだけしかありません。しかもアドベンチャーは「走行性能+快適装備」を詰め込みまくるので高くなりがち、、。

Vストローム250SXは安すぎ。ありがとう油冷単気筒。

快適装備付きで57万円

  • ロングスクリーン
  • ハンドルガード
  • アンダーガード
  • リアキャリア
  • USBソケット
  • ラバーフット

これ全部ついてこの価格はヤバいでしょ、、。ボックス付ければ旅バイクの完成。

驚異的なコスパの高さ。Vスト250と違って164キロと取り回しに優れる。快適コミューターも手に入ります!

安心と信頼の油冷単気筒エンジン

スズキだけが得意とする油冷エンジンを採用。

Vストローム250SXは「26馬力」、Vスト250より馬力あります。別に非力じゃない。

  • 馬力あり
  • 燃費もホンダの単気筒以上

重量の関係でVスト250の方が高速道路の安定感は高いだろうけど、操作性軽さはこちらが上です。

エンジンにトルクがあり、エンストしずらく街乗り、峠道等、走り易い、燃費も良くタンクの容量も10L以上有るので400K位無給油で走れる。

ジクサーSF250みんカラ

250単気筒の割には低回転でも粘りがあり、1万回転まで伸びも悪くない。6千回転をキープすればきびきび走れる。

ジクサーSF250価格.com

高速を100km/h6速7,000回転くらいで走ると振動が気になるという方が多いですが、

自分はこのバイクが初めてで、バイクで高速走るとこんなものだと思っていたのであまり気になりませんでした。

ジクサーSF250価格.com

オンオフバランス型

ここまでオフロードアドベンチャー前提で説明してきましたが、見た目以上にオンオフの両立を目指したバランス型です。

  1. 前19インチ:最近のオフアドベンチャーは21インチ
  2. セミブロックタイヤ
  3. マフラー低め:サイドバッグ積載できるメリットあり
  4. ストローク量120㎜:オンロードスポーツと同じ
  5. ディスク径310㎜:オンロードスポーツと同じ。制動力優先。
  6. ABSキャンセル機能なし

オフロードガチ勢はCRF250RALLY(ラリー)をお選びください。

正直、価格差20万円のバイクと比較は可哀そう、、。でもそれを理解して購入すればいいだけです。

だってスズキのコンセプトは「スポーツアドベンチャーツアラー」ですから。

CRF250RALLY(ラリー)のメリット

2021年のモデルチェンジでガチ感アップ!日本の山にもっとも適したアドベンチャーです。

  1. CRF250Lベースのガチオフアドベンチャー
  2. オンオフ両方に強い水冷単気筒
  3. 本体価格は高いけど全てが完成してる

CRF250Lベースのガチオフアドベンチャー

250アドベンチャーはライバル達はオンオフバランス型に仕上げる。

でも、CRF250RALLY(ラリー)は最初からガチオフロードアドベンチャーやってます!

  • 前21インチ:悪路に強いサイズ
  • ブロックタイヤ
  • かち上げマフラー
  • 前後のストローク200㎜以上
  • シート高830~885㎜と選択肢あり
  • ABSキャンセル機能あり:どうぞリアをスライドさせてください仕様
  • たった153㎏:装備詰め込みまくるアドベンチャーで断トツ軽い
  • ディスク径小さめ+2ポット:ガツンと効く<悪路での調整機能優先

最後の公道用オフ車「CRF250L」の高いパフォーマンスをラリーも引き継ぐ。

見た目は超デカいけど、重量は250CC断トツで軽いです。フレームにアルミ混ざってるくらい本気!

装備はガチだけど、現実アドベンチャーは幅がある。オフロードバイクと同じ操作性を求めるのは無理

オンオフ両方に強い水冷単気筒エンジン

たぶん歴代断トツで普及してる水冷単気筒エンジンを使ってます。

  • CRF250L
  • レブル250
  • CB250R
  • CL250

みんな知ってるエンジンの特性を変更(24PS)。低速のトルクを重視!

それだけじゃなく、、オンロードの快適装備までついてます。

  • シフトインジケーター
  • アシスト&スリッパークラッチ

悪路に行ける250でここまで充実した装備持ったバイクいません。

街中から高速道路の100㎞+αの巡航も難なくこなします。

ギア6速で100㎞/hから問題なく加速し、120㎞/hの追越しも難なくこなします。

CRF250ラリー価格.com

高速道路巡航じのハンドルに伝わる振動もハンドルウェイトがうまくキャンセルしている為、単気筒エンジンとしては極めて快適な部類に入ります

CRF250ラリー価格.com

実は見た目よりもこのエンジン特性で圧倒的にロングツーリングできる。高回転でもスムーズに回る。オフ車で120キロ巡航できるのはさすがホンダエンジンならでは。

CRF250ラリー価格.com

本体価格は高いけど全てが完成してる

約76万円はどう考えても安くない。でも、妥協点が本当にない。アルミも使ってますからね。

  • ロングスクリーン
  • アクセサリーバー:メーター周りに色々付けれる
  • エアロスリット入りナックルガード
  • リアキャリア
  • アンダーガード
  • キー付きツールボックス
  • ヘルメットホルダー

オフロードアドベンチャーらしい走行性能+快適装備持ち。

唯一の欠点はマフラーの高さが本格的すぎて「片側サイドバッグ付けれない」くらい。CRF250RALLY(ラリー)は最強のオフロードアドベンチャーです!

最強コスパVストローム250SXvs妥協なしのCRF250RALLY(ラリー)

250オフアドベンチャーについてまとめました。

新しく登場したVストローム250SXの守備範囲の広さが魅力的すぎる!

ジクサー250に全部後付けで装備付けても、57万に収めるの不可能じゃない?

セカンドバイクから旅バイク、コミューターまで色んな需要を奪えそうなポテンシャル持ち。

それに対してCRF250RALLY(ラリー)のガチ感も素晴らしい!

オフロードオンロード性能を更にワンランクアップ、こだわりの強さは153キロという重量に現れてます!

今激熱のジャンル「オフアドベンチャー」いかがでしょうか?

新車も中古もバイク館が一番

バイクの新車、中古の購入を考えてるなら【バイク館】をご検討ください。全国展開してるので探してるバイクが見つかる可能性は高いです。

「アジア向けの海外専売モデルが欲しい、、」そんなマニアックなバイクも新車で買えます。

国内メーカー、海外専売モデルともにバイク館オリジナル保証が加わるので安心ですね。

バイク館なら新車を購入するとたくさんの特典がつく【買取も】