ソロキャンプに向いているのはアドベンチャーバイク【おススメバイク7選】

コロナ禍でやたら盛り上がってるのがキャンプ

元々ゆるキャン△ブームなどで注目度が上がってるタイミングで、後押しするかのようにコロナも来た。密の回避にキャンプが大人気

積載性皆無のバイクという乗り物中で、アドベンチャーバイクは最高にキャンプと相性がいいという記事です

ゆるキャンで揃えるキャンプ道具コラボ商品【アウトドア】

アドベンチャーは最も旅する為のバイク

ハンターカブが非常に好調だが、レジャー向けという意味ではアドベンチャーの右に出る物はない

オンロードオフロードに強くて長距離を快適に走ることに特化したバイクだから

  • 長い全長で高い安定感
  • 高い車高、サスペンションでオフロードにも強い
  • 快適になる装備を惜しみなく装備
  • 積載性を確保する為の仕掛けも多い
  • 運動性能も高い

ぶっちゃけキャンプをする為のバイクです

ツーリングとエンジン性能を両立

正直、長距離に強いモデルは他にもある。でもアドベンチャーの強さはSSのエンジンを積んでること。しかも操れる運動性能を確保してるのが強み

  • スポーツツアラー:オンロードに強いが、オフロードは想定していない
  • クルーザー:低い車高で快適な姿勢だが、運動性能を確保出来るような乗車姿勢ではない
  • オフロードバイク:オンオフ行けると言う点では強いが、250CCくらいまでしか排気量がない

アドベンチャーバイクは積載モンスター

アドベンチャーの強みは大量に荷物を載せれること。

サイドバッグ、シートバッグなんでも行けます。目指せフルパニア。
>>買った方がいいバイク用リアシートバッグとは?特徴、メーカーを紹介

オフロード寄りのアドベンチャーがキャンプ向き

アドベンチャーはオンロード寄りオフロード寄りに分かれたりする。
タイヤサイズを見れば大体わかります

・前21インチ→オフロード寄り
・前17インチ→オンロード寄り

オフロード寄りは基本2気筒エンジンまで、ブロックタイヤを履いてるなど軽量な車体を追求している

おすすめアドベンチャーバイク7選

排気量別に悪路も行けるバイクを選びました。

  • スズキ:V-ストローム250
  • ホンダ:CRF250 RALLY
  • ホンダ:400X
  • ヤマハ:TENERE700
  • ホンダ:CRF1100L アフリカツイン
  • BMW:R1250GS

スズキ:Vストローム250|アドベンチャーバイクのエントリーモデル

  • 高い売り上げを誇る人気モデル
  • 低回転トルク重視の扱いやすいエンジン
  • 613800円と安い。でもほぼ必要な装備が揃ってる
  • アドベンチャーエントリーモデル

バイク王のVストローム250中古価格はこちら

ホンダ:CRF250ラリー|圧倒的なオフロード性能

  • CRF250Lの派生モデル
  • 152kgと圧倒的な軽さ
  • 最もオフロード性能が高いアドベンチャー
  • 値段は結構する

バイク王のCRF250ラリー中古価格はこちら

ホンダ:400X|中型の本格アドベンチャーバイク

  • 250CCと違い、オンオフに強い本格アドベンチャー
  • 車体構成は大型バイククラス
  • 数少ない200kgを下回るバイク
  • 高い燃費と航続距離

バイク王の400X中古価格はこちら

ヤマハ:テネレ700|オフロードに強い大型アドベンチャー

  • MT-07ベースの扱いやすいエンジン
  • ビッグオフローダー思想
  • 高い車高、ロングサスペンションで悪路に強い
  • アドベンチャーの中では軽量

バイク王のテネレ700中古価格はこちら

ホンダ:CRF1100L|ホンダが出す本気のオフロードアドベンチャー

  • 人気の高いアドベンチャー
  • 1100CCらしく惜しみなく装備、電子制御を搭載
  • 種類豊富
  • オフロード思想の超大排気量

バイク王のCRF1100L中古価格はこちら

スズキ:Vストローム1050|ネオクラシックなアドベンチャー

  • 原点回帰強めのネオクラシックアドベンチャー
  • V型二気筒の力強いトルク
  • 「XT」モデルなら電子制御モリモリ
  • 143万円と1000CCの中で安い

バイク王のV-ストローム1050中古価格はこちら

BMW:R1250GS|世界中を走破したアドベンチャーの王様

  • 専用レースがあるくらい圧倒的な実績
  • アドベンチャー人気の火付け役
  • アドベンチャー界憧れのバイク
  • 水平対向2気筒エンジンの低い重心、低振動
  • 惜しみなく装備を積んでいる

バイク王のR1250GS中古価格はこちら

キャンプツーリングで非日常を体験

キャンプの魅力は、日常から離れることが出来る体験です。

  • 満天の星空
  • キャンプ飯で一人の時間を楽しむ
  • 知らない土地で綺麗な景色を楽しむ

大自然の中で普段と違う一日を味わいましょう。

バイクとキャンプは相性がいいです。

アドベンチャーはまだまだある

アドベンチャーは各社が力を入れているモデル。まだまだ数がある

もっと詳細に、広範囲に知りたいなら>>日本と海外のアドベンチャーバイクを紹介|オンオフ行ける旅の相棒を見てください

基本どのバイクを選んでもキャンプに向いている。後はどの部分を重視するかの違い。数が多すぎて悩ましいジャンル

バイクを乗り換えるタイミングは決まってます バイク雑誌はKindle Unlimitedで読み放題になる【0円】 買った方がいいバイク用リアシートバッグとは?特徴、メーカーを紹介 キャンプツーリングを始める前にHinataレンタルで安く試す 2020年代でも買えるアドベンチャーバイク31選