メンテナンスフリー|雨の日はスクーター系バイクが一番走りやすい

あまり趣味性が強くないので、スクーターが買い物用途以外で注目されることはほぼない

でも、実はスクーターは雨の日に適したバイク。色々と有利な面がある

>>雨の日を安全で快適にライディングするために 〜走行時の注意点〜

ひと昔前の小さなタイヤ(10~12インチ)だと、カーブなどでグリップが足りないので逆に危険。

チェーンメンテ不要

雨の日の問題
・チェーンオイルが飛ぶ
・チェーン錆びる可能性

スクーターが雨の日に強い理由が「駆動系がカバーに覆われてていること

ドライブベルトはチェーンオイルを挿す必要がないので雨は関係ない。雨天走行でオイルや錆を気にする必要はない

泥はね控えめ

雨の日をうんざりさせるもう一つの理由、、泥はね

MTバイクはあちこち飛ぶので後が面倒

スクーターは泥除けカバーが付いてるので、タイヤ回りだけで済む

手でブレーキは有利

人間は足より手の方が細かい操作が可能。ロックせずにブレーキする為の微調整がしやすい

両手でブレーキ操作かつアクセル回すだけでいいATはブレーキ操作にだけ集中できる

急な減速が発生しにくい

ギアチェンジアリ

雨の日のギアチェンジで気を付けたいのが「バックトルク」

雨の日に急激にギアを下げると、、リアがロック+スリップしやすい

最近はアシスト&スリッパークラッチ装備のバイクが増えてきたので、この心配を消せるバイクも増えてきた

バックトルクを逃がす機能

ギアチェンジなし

・エンジンブレーキ弱め
・フラットトルク

加速が物足りないと言われるスクーター。
雨の日はスクーターの一定の加速は調節がしやすい

スクーターはエンジンブレーキが弱い。
意図しないバックトルクがないのでロックしにくい

MTから見たデメリットも、状況によっては有利になる

トラクションコントロール

前後のタイヤのバランスを取りスリップをしにくくする機能「トラコン

2021年モデルではPCX125、NMAX125にも標準装備。
雨でも風でも乗る必要があるシティーコミューターには必須装備になりつつある

足が濡れない

足を前におろしてカウルの中に収まるのでそう簡単に濡れない。
雨の日にスニーカーでも濡れない

膝を伸ばすので靴下が見えるなどもない

雨が強いと、停車中にレインコートから水が滴るので最終的には濡れます

シート下に荷物入れがある

言わずもがな。MTだとボックスを付けないと雨を回避できない。防水バッグが必須装備になってくる

ATだとシート下に収納がある+フロントカウルにポケットがある

雨の日最強は三輪バイク

三輪バイクは雨の日最強

フロント二輪の安定感とグリップ力は路面コンディションなど気にしない。
このバイクのポテンシャルは無限大

ハンドルカバーは最強の防水アイテム

・最強の防寒アイテム
・クソださアイテム

性能は本物なのに、ダサいので避けられるアイテム「ハンカバ

これ、、実は防水グローブいらなくなるくらい防水性能も高い

冬は防水防寒になるので最強です(ネオプレーン素材に限る)。
最強すぎて1度ハマると抜けれません

冬の防水はワークマン

防寒防水を両立するという点では「ワークマンも最強」

ほぼ全ての冬用アウターが防寒+防水。
めっちゃ楽です。着替えが必要なくなるから

イージス以外にも使い勝手のいい服はたくさんあります

公式サイト>>はこちら話題のイージスも店舗受取なら送料・手数無料!ワークマン

近年のスクーターに限る

上記のメリットを体感できるのはしっかりした足回りがあるバイクに限る。125CCならPCXやNMAXなどの大きめのタイヤを装着してるバイク

50CCスクーターやアドレス125などの小型のタイヤはそもそもグリップが足りないので、雨天はあまりおススメ出来ない。しかもブレーキ性能もいいとは言えない

125CC原付二種|人気の排気量の各バイクの特徴を解説