移動手段の節約にバイクが最適な理由【バイクは維持費が安い】

コロナ禍の現在、経済的に最悪の状況

生活に余裕がない人も増えてきてる。そして車は年々値上がりし続けて、軽自動車でも200万円する時代になった

そもそも車を持たないという選択肢も増えている。
都市部は移動手段が豊富だし、逆に駐車代は高い

・徒歩
・車
・自転車
・公共交通機関

4つの選択肢しか持ってない人が多いけど…

バイクは移動手段として使うと大幅な節約になります

毎日長距離移動には向いてない

バイクをおススメする記事だけど、10年近く移動手段として乗ってる人間から言わせてもらうと…

片道30kmレベルの長距離移動には向いてない(個人差あり)

バイクは生身で乗る乗り物。車以上に集中力が必要になる

  • 雨、風などの自然環境
  • 路面状況を拾いやすい
  • 疲れやすい

バイクは疲れやすい乗り物。路面状況に逐一体で対応しなくてはならない個人的にはあまり遠すぎる距離を毎日移動は遠慮したいというのが本音


ちなみにヤマハの三輪バイクなら、移動時の疲れを軽減出来る
>>ヤマハの三輪バイクは何が凄いのか【トリシティー】

かなり運転時集中するので、疲れてても全く眠気などこないというメリットも

車離れが進んでいる

若者の車離れという言葉を聞くようになった

・車が価格が上がった
・都市部には必要なし
・所得離れ

どのような理由であろうと、、所有し続ける為には給料のかなりの部分を車の維持費に使う必要がある

昔、出張で横浜から来てる人がいたけど

「車は地下駐車場に停めてて月に一回くらいしか乗らない。車取り出すのが面倒」

「今レンタカーで通ってるならレンタカーでいいんじゃない?」って言ったら後日売り払ってた

大都市圏って本当になくても問題ないんだな

バイクは趣味として乗ると高い、移動手段として乗ると安い

バイクを大半の人は趣味として乗る

それを反映するかのように、バイク自体も大半が趣味性全開に振り切ってる

バイクの本体価格と維持費は大体これくらい。維持費はバイクの年間維持費について「原付から大型バイクまでどう違うの?」から持ってきました

原付2種(125CC)本体価格30~45万円
維持費63,798円
250CC価格50~85万円
維持77,002円
400CC価格70~100万円
維持127,142円
750CC(辺り)価格90~120万円
維持137,142円
1000CC価格150~250万円
維持費157,142円

快適性は失うが、速さは変わらない

安いと感じるか高いと感じるかは人それぞれ

移動手段として見たら「車の3分の1、4分の1以下」になることが多い

ただ車の安全性と快適性は失われる。慣れるけど、、
快適性にこだわるならバイク用品を揃える必要がある。私服は対応力が頼りない

コスパに優れるバイクジャケットメーカーと用品メーカーを紹介

移動手段としては250CC以下が主流

移動手段としては125CC、250CC辺りが主流

ラインナップ的にもスクーターがいるのと、車検がないことで節約になる
ただし通勤で乗ると走行距離がどんどん上がるから故障するリスクは上がる

本当にバイク初心者が移動手段として乗るなら、ロードサービス入ってる方が心配の解消になるかも
>>バイクのレッカーってJAFとずっとライドクラブどちらがいいのか

1年点検は出来るだけやりましょう

車を持ってるなら125CCが最強

年々ラインナップが充実してる125CC「通称原付2種」が最強

原付扱いなので駐輪場が安く済むファミリーバイク特約で車の保険に紐付け出来るので維持費がかなり抑えられる

しかも何台でも紐づけ可能とメリットしかない排気量
コロナ禍で密を回避する通勤手段として注目度が上がってる

125CC原付二種|人気の排気量の各バイクの特徴を解説

万能さを求めるなら250CC

昔から人気の排気量

高速道路を走れる+車検がないと言うことでコストパフォーマンスに優れる

バイク1台で済ませるならここから始めたい

250CC|1番人気の排気量のバイクの特徴を紹介

便利な乗り物だけど万能ではない

バイクは間違いなく便利な乗り物。だけど万能な乗り物は存在しない

メリットがあれば必ずデメリットが存在する

バイクで最も難しいのは、、
自分に合ったバイクを探すこと

実用性重視でスクーターにすると、選択肢が少なく、乗車姿勢が変わらないので失敗しにくい
  • 全国無料出張査定、中古バイク即日現金買取
  • 特殊車両、 事故車や不動車なども買取対応
  • オンライン自動査定から、最新のバイク買取相場がすぐに調べられます
公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン