バイクジャケットの安全性と私服を両立させる方法

ライディングジャケットは快適、安全性も高い

最終的にたどり着く場所がバイク用ジャケット。でも、現実高いし…というか欲しくなるようなデザインの物がない..

そんな人に提案する私服でも安全性を高めれる組み合わせを紹介します

インナープロテクター+ダボダボのパーカーを組み合わせる

結論を先に言うと、目指す場所はオフロード乗りのファッション「パーカースタイル

これを実現する為に、インナープロテクターを着る。そしてプロテクターの厚みを隠すためにダボダボのパーカーを着る

タイトな服装がオシャレなのは分かってるけど諦めましょう。プロテクターが浮き出て来ます。ブカブカスタイルで空間を作って誤魔化すしか方法はありません

インナープロテクター+レインウェアが最高に薄着になり使い勝手がいい

結構タイトなのでワンサイズ大き目が無難

デイトナ インナープロテクターはプロテクターの防御力控えめだけど、カジュアル感は出しやすい

コミネ インナープロテクター安定のブランド、信頼感

外にプロテクターもありだけど、やりすぎ注意

私服の上にプロテクタースタイルもあり

ありだけど、バイクには必要な部位が多すぎてを着てる様な感じになる。気を付けましょう

正直、後付けでプロテクター付けるくらいならライディングジャケットの方が数倍見栄えがいい

必要な部位

  • 背中

私服に近いライジャケが一番使い勝手良い

結局パーカースタイルのライディングジャケットに行きつくと予想する

羽織るだけで解決する気楽さには勝てないから

インナープロテクターは外出先で脱ぐことが出来ない

春夏用は無地に近いスタイルが増えてきて、限りなく私服に近い物も増えてきている>>詳しくは街でも着れるおススメバイク用メッシュジャケット

革ジャンがいい人はデグナーが最強に品揃え充実させてるので、覗いて見ることをおススメします

公式サイトはこちら>>DEGNER ONLINE SHOP

私服、特に半袖は止めよう

夏場、半袖でバイクに乗ってる人がたまにいるが…

快適性も下がるし、安全性も皆無だし何一つメリットがない。最低長袖にしましょう

派手なバイクブーツより革靴でオシャレにした方が似合う