ZX-25R,CBR250RR,NINJA400のメリットは何か比較する

ついにZX-25Rの国内スペックが公開。発売が9月とこの一年のバイクの話題を奪っていったスーパースポーツZX-25R

CBR250RRも2020年からは3馬力アップし、ライバルを迎え撃つ

この二台と価格面、性能面では近いNINJA400をそれぞれ比較して、メリットとデメリットを見ていく

>>バイクの年間維持費について「原付から大型バイクまでどう違うの?」
  • 全国無料出張査定、中古バイク即日現金買取
  • 特殊車両、 事故車や不動車なども買取対応
  • オンライン自動査定から、最新のバイク買取相場がすぐに調べられます
  • 乗り換えで最大3万円支援
公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン

エンジン性能

ZX-25R馬力45PS/15500回転トルク21Nm/13000
CBR250RR41PS/1300025Nm/11000
NINJA40048PS/1000038Nm/8000

ZX-25R

国内最高の45馬力を発揮する4気筒エンジン(ラムエア加圧時46馬力)

数値だけなら80年代レーサーレプリカ時代と同等。国内規制ギリギリの馬力

所有感、優越感は唯一の四気筒だけの特権

CBR250RR

インドネシアのPV

現状、売り上げ面を含めて最も結果を出してるバイク

3馬力アップし、ZX25R以外のライバルを更に突き放す

というか、一番驚いたのは二気筒で40馬力超えるエンジンを作れることが出来たこと。最大トルクは明確に二気筒の方が有利

NINJA400

当たり前だけど排気量が多い分、馬力、トルク的に余裕がある

400CCはこれ以上馬力は上げれない。49馬力以降はヨーロッパのバイク免許だと大型扱いになるから

重量、タンク容量

ZX-25R(KRT)重量183(184)kgタンク容量15L
CBR250RR16814
NINJA40016714

4気筒エンジンのスペックを手に入れた代わりに、重量はVストローム250クラス

ただでさえ大きなエンジンを今の規制に対応させたら仕方のない部分か


CBRよりNINJA400の方が軽いという事実。NINJA250と共通のエンジンと車体は伊達じゃない

エンジンをフレームの一部として積極的に使うというコンセプトも軽量化に貢献している

フレーム、サス、足回り

ZX-25R

ZX-10RRの設計思想をベースに最新の解析技術により、パーツの位置の最適化にこだわる

ZXシリーズ共通のフレームデザイン、サスペンションもSHOWA製のフロントサスで日常からサーキットまで対応

ブレーキはフロントリア共に(CBR250RRと比較しても)大型ディスクを装備、強力な制動力を発揮する

CBR250RR

「速さを伝えるマシン骨格」をコンセプトに徹底的な最適化

スイングアームはアルミ製かつ左右非対称のガルアームなど、一目でわかる本気の一台

NINJA400

NINJA H2からインスパイヤされたトレリスフレーム。軽量化にこだわる

フロントフォークは大型モデルと同系統の物を採用。フロントブレーキもZX14Rと同径サイズ

NINJA250と違い、こちらはラジアルタイヤを標準搭載

電子制御

  • ZX-25R スリッパー&アシストクラッチ、トラクションコントロール、パワーモード(2種類)。(オプションでクイックシフター)
  • CBR250RR スリッパー&アシストクラッチ、スロットルバイワイヤー、パワーモード(3種類)。(オプションでクイックシフター)
  • NINJA400 アシスト&スリッパークラッチ

250CCにレース用セミオートマ技術のクイックシフターが付く時代


CBR、ZXはスロットルバイワイヤー。アクセル開度を機械式ワイヤーだけに頼らず、電子的に管理してくれることで細かなアクセル開度が可能になる

ZX-25Rは過激系エンジンに必須のトラコンも付いてる

税込み価格

ZX-25R825000円
ZX-25R SE(KRT EDITION)913000
CBR250RR821700
CBR250RR(グランプリレッド)854700
NINJA400726000

ZX25RとCBR250RRは価格面では同等。二気筒か四気筒かの違いだけ

100万円近い予想だったZX-25Rが82万なのがおかしいというのが本音

ZX-25R KRT EDITION

  • クイックシフター
  • USB電源ソケット
  • スモークシールド
  • フレームスライダー
  • ホイールリムテープ

後から色々付けようと考える人の為に「最初から全部乗せモデル」を用意


性能に対する価格「だけ」で言うなら、実はNINJA400が「断トツでお得」だったりする(ただし車検あり)

一番性能が高いモデルが売れる

250CCスーパースポーツはバイク の中で一番わかりやすい市場。一番性能が高いモデルが売れる

NINJA250(31馬力)→YZF-R25(35馬力)→CBR250RR(38馬力)→??と常に性能の高いモデルが一番を取る市場

その法則で言うなら、ZX-25Rがしばらく一番を取ると予想できる

ホンダも3馬力アップだけでユーザーを引き留めれるとは思ってないはず。昔、CBR250Rがモデルチェンジで馬力アップしたけど、見向きもされなかった

他社も追随してバイク の馬力上げてくるのか気になるところ、、

とにかく馬力競争はますます激しくなる

ただし、2020年末のメディアのインプレでは市街地からサーキットまでの総合的なバランス、速さではCBR250RRの方が高いという評価に

NINJA400|最高に軽量、高性能、通勤用バイクに最適な理由 公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン