ゆっくり解説を始める利点【アドビ以外で動画編集を副業に出来る】

悩み
悩み

ゆっくり実況、ゆっくり解説をやる利点ってあるの?
どういう世界?
動画編集大変?

このような悩みを解決します

ゆっくり解説は2年以上やってるので参考になるかと思います

・チャンネル登録1万人以上
・ゆっくり実況、ゆっくり解説合計4年
・平均再生数1万以上

ニッチな割に需要あり

まずゆっくりの2大ジャンル

・ゆっくりゲーム実況
・ゆっくり解説


ゆっくりゲーム実況はゲームによってはかなりレッドオーシャン
特に任天堂のゲームは人気も高い。ちびっこにゆっくりは人気だから

一方でゆっくり解説はまだまだチャンスあり。理由は

・解説、教育系はいくらでも需要あり
・知識勝負は誰でも出来るジャンルではない
・ゆっくりで動画作るのは大変

手を出す人が少ない

ゆっくりで動画を作り始めてすぐに思うはず

自分で喋って動画にした方が楽じゃない?

ゆっくりは本当に大変。1分動画に1時間使う世界

・セリフを全て文字打ち
・発音を調整
・ゆっくりの表情を変える


大半の人にとっては続かない。だからこそチャンスはある

声の好き嫌いで切り捨てがない

ゆっくりは声が同じことがメリット

・声の好き嫌いで切り捨てられることがない
・みんな同じ声という安心感
・ゆっくり好きな人は色んな投稿者を見てくれる


再生数回りやすいジャンル。
ゆっくりなら誰でも見てくれる視聴者が多いから

生声の場合、女性の声が好きだからヒカキンを見よう、、とはならない

コアなファンは付きにくい

デメリットは二つ

・声を受け付けない人もいる
・登録者は伸びにくい


声は、、まあ仕方のない部分、、機械音声だから

登録者が伸びにくい理由は

ゆっくりは声が同じという「没個性」。
視聴者は誰でも見てくれるけど、コアなファンになってくれない

再生数>登録者数の人が大半

ゆっくりに手を出したら登録者を増やすのは忘れた方がいい

大半の投稿者が再生数>登録者になってる

顔も声も出してないのでチャンネル登録に響かない。諦めましょう

まあ、、登録者だけ多くても意味がないから悪い事ではなかったりする

ゆっくりに手を出すべき人

ゆっくりは動画作りが大変だけど、こういう人には多大なメリットがある

・声を出せる環境じゃない人。実家、家族持ち
・自分の喋りに自信がない事
・自分の声が嫌いな人


良いことだらけです
ちなみに機械音声だろうがトークスキルがないと内容は面白くならない

Adobe Premiere Pro以外で唯一?副業に出来るスキル

動画編集は副業になる
Youtuberが増えれば増えるほど、動画編集の需要も増える

ただし、Adobe Premiere Proという動画編集ソフトが条件

個人のスキルがわからないから一番難しいスキルを要求してる状態

ゆっくりの動画編集スキルって何も役に立たないと思うじゃん?

アドビ以外で動画編集を副業に出来るソフトです

例えば下の3つのサイトではこのような求人があります

ランサーズ

何故そんなことになってるのか

最大手は複数人で運用している

ゆっくり解説の大手の中には外注化している人がいるから
最近は食べ物系に外注化しているチャンネルが多い

つまりゆっくり実況や解説で伸びなくても、普通に仕事を取れる
ゆっくり編集出来る人は少ないので案件取れる可能性は高い

競争率低いです。
自分のチャンネルは全く外注化してません。自分の知識と経験が全ての内容だから

どんな案件があるか気になるならランサーズに登録してみよう

大変だけど利点が多い

・声を出せる環境じゃない人。実家、家族持ち
・自分の喋りに自信がない事
・自分の声が嫌いな人


環境次第ですごくやる価値のあるジャンルです

しかもゆっくりで人気になると、、ブログみたいにいつでも動画作れる状態になります

・外に撮影しに行く必要がない
・声を出す必要がない。朝でも夜でも動画編集出来る

ゆっくりの動画編集ソフト「ゆっくりムービーメーカー4」に興味を持ったら
>>おすすめ動画編集ソフト、勉強方法【YOUTUBEで副業】

2021年にYOUTUBEを始めても間に合うのか?【常に新しい人は出る】