初心者が動画編集時につまづきやすいポイントを解説【YOUTUBE】

悩み
悩み

なんか音がズレる…
BGMとかの音量調整がわからない…
画面サイズってどうしたらいいんだ…

こういう悩みを解決します

YOUTUBE歴4年。最初は本当に苦労しました…
知らない言葉だらけだし、音ズレるし

とにかく動画投稿まで行くことすら大変だった

使用歴
・AVIUTL
・ゆっくりムービーメーカー3、4
・Adobe Premiere Pro
・Adobe Premiere Rush

最近の動画編集ソフトは優秀なので、きっと自分みたいな苦労は必要ないはず

画像サイズはどれがいいの?

まず画像サイズは「1920×1080(1080p)」にしましょう。いわゆるフルHDサイズの事を指します

・720PはTV画面で見るユーザーも増えてるYOUTUBEでは物足りない
・4KでYOUTUBE見る人はいないし、PCの負担も高い

30FPSと60FPSどちらがいいの?

フレームレート(fps)とは、1秒間の動画が何枚の画像で構成されているかを示すの単位のこと。fpsは「frames per second」の略です。

Canon Japanより

基本30FPSで充分。TVとかも同じくらいのFPSです

60FPSのメリットデメリットは

・動きが滑らか
・激しい動きに対して映像が乱れにくい
・エンコードに時間が掛かる
・編集で動画容量増えまくると逆に映像が乱れやすくなる

画面全体が常に動いているスポーツやモトブログ向き

一番下は大半の人には関係のない話

  1. エフェクトなど編集にこだわりまくると動画容量がデカくなる
  2. それをYOUTUBEに投稿すると一気に圧縮される
  3. 1FPS辺りに割かれる容量が減るので画質が低下する

音ズレ問題は最初にFPSを合わせる

多くの初心者を苦しめる「音ズレ」問題

これは新規作成、もしくはエンコード時に編集予定の動画FPSに合わせないとズレます

  1. 編集予定の動画を右クリック
  2. プロパティー
  3. 詳細
  4. フレーム率

そして動画編集の新規作成またはエンコード時に動画と同じFPSを指定しましょう

最近の動画編集ソフトは自動で合わせてくれるから、新規作成時は必要ない物もある

BGM、効果音は低すぎるくらいで丁度いい

初心者あるあるの一つが「BGMうるさすぎる」

うるさいと感じる動画は即離脱されます

結論を言うと低すぎるくらいで丁度いい
高すぎてうるさいと感じる人はいても、低すぎて不快に思う人はいない

・ヘッドホンで必ず音量確認
・低い音量から始める
・ダンスミュージック系はうるさくなりやすい。低すぎるくらいがベスト
・音量1刻みで調整
・ヘッドホンで他人の動画と音量を比較する

premiere rush

音量調整に関しては「Adobe Premiere Pro」が一番細かく調整できる

ゆっくりムービーメーカーは音量波長がないので、音量数値で覚えていきましょう

効果音も控えめに

効果音も初心者あるあるで入れまくる人が多い

エンタメ系」でもない限り、、

あまり入れる必要はなし。詳細はこちらに書いてます
>>YOUTUBEの動画編集は難しいことをする意味がない

フォントって何使ったらいい?

PCに標準搭載されてるフォントは絶対使わないように

素人感丸出しすぎる

フリーフォントは沢山あるので好きなのを選びましょう
>>フォントフリー – 無料の日本語フリーフォント投稿サイト

  1. PC内検索でフォントと入力
  2. フォント設定を開く
  3. フォントを追加という場所にファイルをドラッグ&ドロップ

縁取りは必須

縁取り、影」辺りは必ず入れましょう

映像に字幕が溶け込みやすいから
見やすさがかなり変わります

VLOG系で自分の世界観全開に出していくならあえて付けない手もあり

エンコード長すぎ、、どうにかならないの?

エンコードはPCのCPU性能に依存する。
最新の高性能CPUにしましょう

おススメはこちら>>動画編集におススメのゲーミングノートパソコン【2021/6】

エンコードで待つ時間の短縮も動画編集で大事。投稿までに掛かる時間に関わるから

本で学ぶか、お金で時間を買う

動画編集をやってるとどんどんやりたいことが増えていく

基本検索で調べるのが普通。教えてくる人なんていない

でも最近なら動画編集スクールで一通り教えてもらうのもあり。
動画編集は使えるようになるまでが大変。なじみのない言葉だらけだから

本を買うか、動画編集スクールという選択をしてお金で時間を買うのもありです

動画編集スクールって何やるの?【おすすめを比較】

登録者5万人以上のYOUTUBERが運営するスクール