新型GSX-S1000|最高に機械的なかっこよさを追求したデザイン

2021年6月発売の新型GSX-S1000は大幅にデザインを変えて登場

普通のスーパーネイキッドから、より機械的な美しさを追求

人気ネイキッド「KATANA」より「GSX-S1000」が好きな人も増えそうなかっこいいデザインになった

スーパーネイキッドの強力なライバル

・ホンダ ネオスポーツカフェCBシリーズ
・カワサキ Zシリーズ
・ヤマハ MTシリーズ


スーパーネイキッドに強力なライバルが登場

クラシック系の原点回帰志向が強かったスズキから「超攻撃的なデザインのバイクが登場

サイドカウル含めてすべて前を向いた攻めたデザイン。
前モデルまでの面影がまるでなし

ヤマハのMTシリーズの様な機械的なデザインに

2020年モデル

2020年モデルまでのGSX-S1000は割と普通のネイキッドバイク

サイドカウルがトゲトゲしいのがGSX-Sシリーズの特徴。それ以外はこれと言って特徴のないバイクだった

新型GSX-S1000はMTシリーズの様なメカメカしいデザインに変更
カウル、ライトの位置が低くなり、攻撃的なスタイリングになった

MTシリーズよりMTらしい機械的なデザイン」これが第一印象

  • サイドカウルがVストロームのくちばし並みに前に伸びた
  • 全体的に低い位置に変更
  • フロントライトが階段状に。似たデザインはない
  • 全てのカウルが前に向いててクワガタにも見える
  • タンク+サイドカウルの一体感は増した

好印象なデザイン

国内外問わず、何かと賛否両論あるMT-09

デザインに関してはGSX-S1000の方がかなり好評。MT-09が刺さらない人が求めるバイクになれるかもしれない>>2021年モデル|新型MT-09のフロントデザインはカッコいい?

エンジン性能はアップ

エンジン水冷4気筒
全長x全幅x全高2115x810x1080
シート高810
重量214
馬力152PS/11000
トルク106Nm/9250
タンク容量19L

エンジン性能は馬力、トルク共に最大発生回転数が低下。共に性能アップ

重量は逆に214kgと…5kg重量増加。予想できる原因は

・タンク2L増加。タンク周りのボリューム増
・電子制御の追加分

19Lになったことで、ツーリング向けとしては現行以上に有利になった

乗車姿勢は少し楽めに

2021年モデルはハンドルが少しワイドになった。
そして少しライダー側に近づいた

細かい操作をしやすくなって、よりストリート向けの仕様に

ただしスズキのバイクは全体的にハンドル位置が高い
スズキの中では攻めた姿勢ではある

足回りは1000CCらしい標準装備

フロントサスペンションKYB製フロントサス(調整付き)
リアサスペンションリンク式リアサス
フロントタイヤ120/70ZR17M/C チューブレス
リアタイヤ190/50ZR17M/C チューブレス
ブレーキブレンボ製ブレーキ

足回りは1000CCらしい装備。
メーカーの差はあれど、どれも似たり寄ったりいい意味で

タイヤは「ダンロップSPORTMAX Road Star2」、ブレーキはブレンボ製と安定の構成

これより上は電子制御絡みになる

最近増えてきてる短いマフラー採用

新型GSX-S1000は短めのマフラーを採用(と言っても、2020年モデルも短い)

最近マフラーの存在感が消えつつある印象。新型MT-09は完全に消えた。650CC辺りに短いマフラーは多い

・マスの集中化
・低重心化

思いつくのはこの二つ。これから更に増えてきそう

電子制御、機器はハヤブサ>>>>S1000>KATANA

ハンドル周りはシンプル

電子制御、機器はSuzuki Drive Mode Selector (SDMS)、つまり走行モードで一括管理

走行モード3種類の中に挙動が搭載されるので、ユーザー側のやることは少ない

ハンドル周りのボタンが少なくて非常にシンプル。覚えるのが面倒な人向け

  1. トラクションコントロール5種類
    前後のタイヤ、ギアポジション、エンジン回転数などを管理してトラクションを失わないようにする
  2. 上下クイックシフター
    クラッチを切らなくてもギアチェンジできる
  3. アシスト&スリッパークラッチ
    クラッチ操作が軽くなる
    シフトダウン時のバックトルクを逃がす
  4. ローRPMアシスト
    回転数が低い時に、少し回転数を上げてくれる。発進時などのエンストを防ぐ機能
    S1000は他の機能と連動してるので、他の要素もあるかも
  5. スズキイージースタート
    ワンプッシュでエンジン始動

電子制御の数はハヤブサが圧倒的に多いが、GSX-S1000はこれだけの装備で充分と好意的に解釈

価格は1430000円

・2020年モデル→1152800円
・2021年モデル→1430000円

200万円近い他社のスーパーネイキッドと比べてかなり安め

スズキのバイクは良心的

・ネオクラシック感あるKATANA
・現代のスーパーネイキッドGSX-S1000

正直売れると思う。好調な2021年の新型バイクの1台になれると予想する

  • 全国無料出張査定、中古バイク即日現金買取
  • 特殊車両、 事故車や不動車なども買取対応
  • オンライン自動査定から、最新のバイク買取相場がすぐに調べられます
  • 乗り換えで最大3万円支援
公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン