オフロードバイクは絶滅する?【考察】

「CRF250L、KLX230」しかオフ車がなくなってしまった国内バイク業界。
バイク業界が盛り上がってるのに悲しい現状

結論を言うと、、完全になくなることはない

  • 自衛隊
  • 警察
  • 消防

災害用、偵察用として一定数需要ある

個人向けから企業向けバイクになる可能性はある

  • オフロードバイクと完全に消えたモタードの考察をしました

オフロードバイクとは?

オフロードバイク

  • 悪路に強いブロックタイヤ
  • 長いサスペンションで衝撃吸収性が高い
  • 車重が軽く、高いハンドル位置で小回りが利く

いわゆる未舗装路に特化したバイク。とはいえ舗装路も走れないと意味ないので両方こなす万能バイク

オフロードバイクのメリット、デメリット

ホンダオフロードバイクPV
オフロードPV2

メリット

  • 車体が軽い(130kg~140kg)
  • 山の斜面を登るためにトルクが厚い
  • フラットシートで積載しやすい
  • 単気筒エンジンなので燃費がいい

他のバイクでは行けない、未舗装路を進んでいける!

デメリット

  • 初見はダサいと感じる
    第一印象でカッコいいと思う人は少ないはず
  • シート高の高さ
    ローダウン前提の高さが多い。小柄な人間バイバイ
  • 高速キツイ
    直立な姿勢と超低速重視のトルクのおかげで馬力は控えめ。エンジンがうなる
  • タンク容量が少ない
    約7~10Lくらいしか入らない。軽さとトレードオフ
CRF250Lが2021年に本気仕様にモデルチェンジ。とりあえず完全消滅はなくなった

アドベンチャーバイクの時代

オンオフという意味ではアドベンチャーが引き継ぐ

現代のオンオフバイク。海外では絶大な人気

日本でもキャンプ好きの選択肢
CRF1100Lアフリカツインは国内外で絶大な人気

ヨーロッパでは各国バイク売上上位をアドベンチャーが占める

高い運動性能を確保したまま高性能エンジンを積める優等生

>>ソロキャンプに向いているのはアドベンチャーバイク【おススメバイク7選】

・オフロード系アドベンチャー:二気筒で軽快、ダートに強い
・オンロード系アドベンチャー:3.4気筒でオンロードを攻めれる

他の長距離に強いジャンルより人気の理由

スクランブラーも可能性はある

ネオレトロ系の派生モデル。ダートに強いモデル

  • ブロックタイヤ
  • マフラーかちあげ
  • ハンドル高め
  • スポーク多めのタイヤ

このままネオレトロ系が日本でも売れて行けば、スクランブラーに日が当たる可能性はある
>>スクランブラー|何故海外にたくさんあって日本にはないのか?

スクランブラーの時代は近い?

2020年以降レジャー用途にバイクが注目されつつある

  • ハンターカブCT125
  • クロスカブ110
  • ADV150

特に小型バイクのオンオフ行けるバイクが好調

日本でもスクランブラーが流行る流れは出来つつある。

逆にオフ系が注目されてるのに「本格オフロードバイク」に目が行かないのが絶望感を上げる

日本もモトクロスに移行しつつある

日本もクローズドコース(モトクロスコース)で走る人口が増えてきている。


都市部に住んでる人間からすると林道に行くこと自体大変。メリット結構あります

  • 都市部の周辺にもある
  • クローズドコースは安全
  • レンタル出来るので手ぶらで行ける
  • 免許不要

どのメーカーも公式サイトに「競技用オフロードがやたら充実している

バイクブームでどのバイクも買えない状態だけど、それは競技用も同じだったりする。競技用も公式サイト見ると全滅状態

公道用が全滅したヤマハ、競技用では高いシェアを持つ最大手

無くならないが不人気

山が国土の7割の日本。しかし世界を見ればそのような国は少ない。

その日本でさえ林道はどんどん舗装されていってる

大半の国ではフラットダート走行レベルのオフロード性能で充分

市場規模が大きい東南アジアで不人気なのが致命的

最適なバイクのイメージが強いけど、向こうもやはりフルカウルが人気

生き残る術はラリーの様なオフロードアドベンチャーしかないかもしれない。

>>オフロードバイクは通勤から林道までいける最強バイク

モタードは何故絶滅した?

国内メーカーの現行モタードは全滅

何故絶滅したのか?復活することはないのか?

オンオフ混合レース生まれ

元々はレース用。
オフロードとオンロードの両方を走るレースに特化したバイク

車体はオフロード、そしてオンロードの小径オンロードタイヤ(オフタイヤと比べて)

  • オフ車の軽量な車体
  • 切れ角のあるハンドリング
  • 17インチタイヤ

オンロードのクイックな動きが合わさって「峠最強バイク」と呼ばれている

モタードの欠点

知名度が低い

WR250X

多くの人が「SEROW250」というバイクを知ってるはず。
でもモタード版を答えれる人は少ない→XT250X

そもそも知名度低いジャンル

しかし2000年頃にD-トラッカー(カワサキ)ブームがあり、必ずしも初期からパッとしないジャンルという訳ではなかった

1990年後半から2000年前半はモタードブームで各社バイクを出していた

単純に中途半端

オフロードバイクに出来て、モタードに出来ないことがある

モタードのオフロード化

・オフロードバイク:前21、後18インチ(CRF250L)
・モタード:前後17インチ

ホイールのサイズからそのままブロックタイヤを装着することが出来ない。フロントサスペンションもセッティングが少し違うので調節が必要

オフロードバイクを買ってオンロードタイヤを履いた方が楽

林道行かないならモタードの方がいいんじゃない?
オフロードバイクにオンロードタイヤ付ければいいじゃん

昔オフ車乗りに聞いた時にこういう返答が来ました。その通りすぎます

売り上げが低い

CRF250M

オフロードバイクを見る機会はあってもモタードを見る機会はほんと少ない

ここ10年バイク売り上げTOP10に入ったことない気がする(体感)

そもそも土台のオフロードバイクが減ってるのにモタードが増えるはずもなかった、、

モタードに近いバイクは出てくるはず

復活することはなさそう…

ただでさえオフロードバイクも下火。派生モデルのモタードを出してくれるのか?という疑問

色々考察してみても現在プラス材料がないというのが現実

可能性としてはCB250Rの様な軽量で、幅広なハンドルのモタードを意識したモデルが精一杯だと思う

モタードもオフロードも「アドベンチャー」の中で生きてるとも言えるかも、、

ホンダだけ本気

ホンダのCRF250Lだけ本気仕様。オンオフ両方の快適さを目指した名車に片足踏み込んでるバイク

>>オフロードバイクは通勤から林道までいける最強バイク

  • アルミ素材を惜しみなく投入。140㎏とセロー、KLX230に近い重量
  • アシスト&スリッパークラッチ、ギアポジションインジケーターと便利機能
  • 前後ストローク量200mm以上
  • 24馬力
  • シート高830mm、誰でも乗れる仕様

DUCATIだけモタードを頑張る

ドゥカティーだけはモタードを頑張っています

・ハイパーモタード950
・アーバンモタード:2022年登場

ただし、みんながイメージするモタードとは違う。
今のモタードの最適解はこれだということ

オフロードバイクは通勤から林道までいける最強バイク ソロキャンプに向いているのはアドベンチャーバイク【おススメバイク7選】