Youtubeが伸びないときは動画編集やジャンルを確認する

悩み
悩み

再生数全然伸びないんだけど、ずっと続ける意味あるの、、
何が悪いんだろう、、

このような悩みを解決します。

Youtubeは伸びないですよね、自分も最初の1年は平均100再生でした。

結論を言うと、、もちろん「クオリティーが周りより劣るから」が1番だろうけど、見直さないといけない要素があります。

  • 動画編集
  • ジャンル
  • 説得力

この辺りについて考えていきましょう、という内容です。

・Youtube登録者約2万人
・平均再生数2万以上
・Youtube歴4年半

なぜYoutubeが伸びないのか?

もしYoutube始めたばかりで伸びないと悩んでいるのなら、、最初はそういうもんです。

  • トレンドに乗る
  • 他のSNSのインフルエンサー
  • 無意識に自分の魅力を発信できる天才

最初から伸びる人の方がかなり稀です。好きなYoutuberを「古い順番」で見てください。何かやること変えたのがきっかけで、伸びる人の方が多いです。

自分のジャンル(バイク)で言えば、男の趣味を女が始める+女だけ顔出しが強烈な差別化になり伸びてます。

>>YOUTUBEを始めたらみんな同じ壁にぶち当たる【YOUTUBE初心者】

伸びないときは動画編集を見直す

まず基本的な編集を見直しましょう。

  • BGM、SEの音量
  • 画質
  • テンポ

BGM、SEの音量

初心者あるある→やたらBGMがデカい。

ちゃんとイヤホンで聞いてますか?

音量は小さすぎて不快になることはありません。ダウンロードした曲、効果音は4分の1くらいで充分だと覚えておいてください。

画質

最近はスマホでも高画質撮影が出来るから減ったけど、、

液晶モニターで画質確認してますか?

全ての人がスマホでYoutubeを見てる訳じゃない。大画面で見るとわかるけど、、

  • 手振れが酷すぎて見てられない
  • カメラ性能低すぎて映像汚い
  • 720p以下で動画作ってる

もし外で撮影+アウトドアで激しく動くならGOPROも検討してください。

スマホ1つで出来る手軽さが売りのYoutubeですが、一番ケチってはいけない部分でもあります。

テンポ

ちゃんとカット編集してますか?

だらだら垂れ流し編集はファンがたくさんついた人しか無理です。初見さんに楽しんでもらうために、むしろ動画時間は短くした方がいい。

視聴維持率をよく見ましょう。Youtube的には3割以上で合格。1、2割しかないなら見られてない動画ってことです。

投稿頻度、日時を見直す

投稿ペースは見直しましょう。Youtubeは長期戦なので固定化するのは重要。

  • 日時を固定すれば視聴習慣がつく
  • 投稿者も更新し続けるために動画作成習慣がつく

気分で投稿したりしなかったりが一番良くない。動画作る側も簡単にサボれる環境になるので、長く続けることが難しくなる。

Youtubeは年単位で続けることが最大の関門。

Youtubeが伸びない理由はジャンルにあるかも

超マイナージャンルから始めた自分としては、ジャンル選びも伸びない理由の1つと考えてます。

  • 自分のジャンルのトップの登録者数、平均再生数が限界
  • 投稿者の数
  • 投稿頻度

この辺りを1度調べた方がいい。

なぜなら「投稿者同士で競争が起きないと、視聴者が集まってこないから」。

自分のチャンネルが車載動画→解説に移った理由の1つです。

  • トップが登録者5万、平均10~20万再生
  • 2番手が登録者1万以下、3番手自分
  • 投稿ペースが平均月1

競争なさすぎて、登録者2000人くらいで限界を感じました。盛り上がりに欠けるジャンルは試行錯誤もあまりしないから、没個性の動画が多いし、活気もない。

ジャンルのトップ層をもう1度確認してください

Youtubeで情報発信するなら説得力が大事

もし画面の前で色々話すなら、説得力があるか考えましょう。

  • 自分が思うから
  • テレビで見た、他人から聞いた

主観で話してるなら、もう少し客観的な証拠を集めて話しましょう。

どこからか理由を持ってこないと誰も納得してくれません。

疑問
疑問

自分語りしてる人も多いじゃん

1つのことに対して何年も情報発信してる人は別です。

「この人は○○のことについて詳しい」

こうなったら、ある程度主観で話しても周りが納得してくれます。誰だよお前状態の初心者には遠い話です。

Youtubeは試行錯誤しないと伸びない

Youtube伸びないについてまとめました。

ジャンルによってやることは変わるだろうけど、まず動画編集のスタイルは見直した方がいいです。

誰にでもできるし、最低限のクオリティーにできる部分だから。

ネタが一番大事だけど、その前に出来ること、考えることはできます。