CB250Rにリアボックスを付けるメリットデメリット【レビュー】

悩み
悩み

軽いバイクだし、CB250Rにボックス取り付けようかな。

操作性とか変わる?

このような疑問に答えます。

「バイクに取り付けるクソださアイテムランキング1位」のリアボックス。でも前乗ってたのがスクーターだっただけに、今更積載性を無くすのは嫌だ、、。

ダサいけど、1度取り付けると抜け出せないアイテムでもあります。他人のバイクなんて見てる人いないので、気にしたら負けです。

144㎏しかないCB250Rにリアボックスを付けると、どれくらい操作感変わるかレビューします。

CB250Rにリアボックス取り付けるなら早い段階でやるべき

GIVI30L

先に結論を言うと、、「軽いバイクに取り付けると、バランス感覚変わるから早めに取り付けるべき」。自分は以下の要素が原因で違和感を感じると思ったので、買った後、速攻で取り付けました。

  • CB125Rの細身フレーム
  • 144㎏と軽量
  • 軽快なハンドリングが売り

しばらく乗ってからキャリアを取り付けると「後ろに重さを感じる」と思います。早めに取り付けることによって、キャリア前提の操作感を普通にした方がいいです

空っぽだとすぐに慣れます。

重すぎるものを入れると車体バランスがかなり崩れる

1度500mlペットボトルを4,5本入れたことがありますが、少し車体が傾くと倒れそうになります。理由は簡単です。

エンデュランスリアキャリアは耐荷重10㎏、一番耐荷重あります。その代わりキャリアも2,3㎏ある。

・ボックスが自分の座席より上にある

・フレームの更に後方にボックスがある

この二つの要因のせいで、後ろがかなり引っ張られます。なんか前は軽いけど、後ろが遅れて付いてくる状態になります。

まぁ、、CB250Rじゃなくても同じ状態になるので、重い物はほどほどにしましょう。

重量がある+全長長いバイクの方が、重心が後ろにいかないので安定します。

リアボックスは最高に便利なアイテム

ぶっちゃけ圧倒的にメリットの方が多いです。当たり前ですね、ノーマルだと積載性がないんだから。

・全長がほぼ変わらない

・ヘルメット簡単に入れれる

・雨でも濡れない

・貴重品置ける

・旅行時シートバッグのサイズ小さくできる

全長がほぼ変わらない

CB250Rはリアシート+テールランプ一体型でショートテール。ネットでは「尻切れトンボ」と呼ばれてベテランライダーから大不評な形状。

でも後方がかなり空いてるおかげで、リアボックス付けても、ナンバープレートくらいまでしか長さがない。横から見てもそんなに違和感ないと思います。

車体サイズ変えずに拡張できるのが、テールがないメリット。

ヘルメット簡単に入れれる

ジェットMサイズ

当たり前ですが、ヘルメットはボックスに突っ込むだけで終わります。楽すぎ

雨でも濡れない

ヘルメットロックで解決できないのが「雨による浸水」。ボックスだと関係なし、雨でもお構いなしにバイク乗る人には必須アイテムですね。

貴重品置ける

ボックス(特にGIVI)は鍵で開ける必要があるので、貴重品置いておけます。

  • インカムをヘルメットに取り付けたまま入れる
  • GOPROを       〃

この二つを付けてる時はかなり楽ですよ。

旅行時シートバッグのサイズ小さくできる

お土産用にボックスの中からっぽ

既にシートバッグ1つ分の積載を確保してるので、シートバッグ小さくて済みます。というか、1泊ぐらいならバッグいらない。

CB250Rは細いので35L以下がおすすめ

CB250Rにボックスを付ける予定なら、35L以下をおすすめします、なぜならかなり細いバイクだから。サイズ的には原付2種のCB125Rと同じ。

車体より幅が出すぎると、左右に振られやすいのでやめた方がいいです

まとめると

  • 重い物入れると前後のバランスがかなり崩れる
  • 細いのでデカすぎるボックスはおすすめしない
  • 全長は変わらない
  • デメリット以上にメリット多数

ボックスも入れれるバイクカバーもおすすめ

通勤からツーリングまで使える軽量バイク「CB250R」の魅力とは【レビュー】