CB250Rの高速道路インプレ【単気筒】

高速道路、バイパスにもう10回以上乗ったのでインプレ。
四国ツーリングで長時間走って、最終的には100km巡行をしていた。

正直CB250Rの性能的には余裕。でもネイキッドである以上、快適さは風向きに左右される。

強風レベルにきつい風の中を走った経験でレビューしました。ネイキッドで強風の中走ったことあるならわかりやすいかも。

CB250R馬力27馬力/9000回転トルク23Nm/8000回転

快適さを求めるならネイキッド以外を選ぶ

最初に結論を言うと、、高速道路を快適に走りたいなら、ネイキッド以外を選びましょう。

ぶっちゃけ大型ネイキッドでも時速100㎞くらいが限界の人が多い。エンジンの問題じゃなくて風圧に耐えれるかの問題なので、、

風圧の問題はエンジン性能ではどうにもならない

・フルカウル
・アドベンチャー
・スポーツツアラー

フルカウルの包まれてる感覚は最高です。

風向きに左右される

ネイキッドで高速道路の辛さは、正面からの風に集約される。

  • 追い風:ネイキッドでも超余裕
  • 少し向かい風:余裕
  • 横風:意外と何も感じない
  • 強い向かい風:バイクにしがみつくレベルで押される

向かい風の場合、ずっと後ろに押されるので、体に力が入る。アクセルも回していないと速度落ちる。

全身に力が入ってるのですごく疲れます。それでもCB250Rは前傾姿勢に出来るだけマシ、小さなスクリーンに顔を入れれば耐えれます。

CB250Rはクラシック系とは違いスーパーネイキッド系、ハンドルは少し前傾気味

単気筒エンジン特有の振動は昔ほどない

>>Puig 9734F NEW GENERATION [DARK SMOKE] CB125R / CB250R

時速100km出しても6500回転辺り。特にエンジンが揺れるとか不快な振動は感じない。むしろ昔乗ってたCBR250R(水冷単気筒)の方が振動があったかもしれない。

27馬力だけど「回すと時速120㎞まではスムーズに加速します。そして別に車体に振動が伝わるレベルの振動とかもなし」。

同じエンジンだけど余裕は感じます。

最近のエンジンはバランサーが優秀。インプレでエンジンの振動に触れる機会はほぼなし

速度に対する回転数が見れます(多分見えない)

もともと300CCエンジン、限界まで回してる感覚はない

スクリーンがないと時速100kmはきつい

エンジン性能というより、カウルがないのがデメリット。

ネイキッドモデルの宿命

正直スクリーンがないと100km/h巡行はキツイ、時速90kmくらいが限界だと思う。

風圧に耐えるので精一杯になり、自然とアクセルゆるめるようになる。そういう意味ではすぐに加速できる大型の方が楽かも。

スクリーンもCB250Rの中で一番ロングスクリーンを選んでる。高速道路での恩恵は大きい。風に押されるという感覚はだいぶ減る。

右手が死ぬ

250CCはアクセルをひねる量が多いそれを維持し続けるのは想像以上に手に来る

工夫しないと手首が死ぬ、、、。

下半身は割と楽

CB250Rは一応サイドカウルが付いてます(防風目的というよりデザイン優先)。下半身は結構風は気にならない。

まあ、、ニーグリップで完全固定できるから、上半身だけが問題ですね。

軽い割に車体は安定する

バイクとyoutube
風の抜ける箇所が多いので、横風には強い?

CB250Rは144kgとネイキッドの中では飛びぬけて軽い。車重が軽いので横風に弱いと思いきや、意外と安定する。

  • マスの集中化で車体が小さい
  • ネイキッドで風が通りやすい
  • CB250Rは足回り自慢

理由はこの辺りだろうけど、とにかく安定する。

フルカウルでもあるPCXの方が、横風で簡単に流されてた。車体の横面丸ごと押される感覚を、CB250Rでは味わったことがない。

どっしりとした安定感が欲しいなら、、この二つを重視したい。

・重量あり→風に押されにくくなる、凹凸に強くなる
・全長長い→直進安定性上がる

144kgはツーリング向き

飛びぬけて軽い重量はロングツーリングで生きる。

リアバッグに荷物を大量に入れても「押し引き余裕」。オフ車で旅するのと変わらない楽さ素晴らしい。

高速道路は風に左右されるけど、総合的に見ればかなり楽なバイクです。

>>CB250Rの比較対象はオフロードバイクだと思う【インプレ】

ネイキッドの楽さは風向き次第

ダサいけど、一度つけると離れられない

CB250Rの高速道路についてまとました。

正直、風に正面から押される状況だと、大型ネイキッドでもつらいと思います。高速道路を重視するならネイキッドは諦めましょう。

もしくは風の強い日は高速道路の走行を避けるようにする

そして高速道路を考えるならスクリーンは付けましょう。

Puig製スクリーンは小さく見えて、胴体に受ける風はかなり減ります。

CB250Rは前傾姿勢に出来るので、小さなスクリーンに顔を入れれば、よほど強風でなければ耐えれます。

ハンドルもカバーしたいならナックルガード

バイクにETCをつけるのはマストです【素通りできる】