2021年新型メガスポーツ「スズキ 隼」の特徴とは?【レジェンド】

悩み
悩み

新型隼ってどんなバイク?
どんな性能?

2000年頃の最高速競争の中で生まれた「メガスポーツ」というジャンル。最高速度300km/h制限が出来たので、役割が終わった。

1台1台と消えていく中、スズキはまだ役割を終わらせる気はないみたいだ。

2022年現在唯一生き残ってるメガスポーツ「スズキハヤブサ」。このレジェンドバイクは到達点としてまだ君臨してくれてます。

新型隼の特徴を記事にしました。

何でも比較対象はスズキ GSX-1300R 隼だった

時速300km制限を作った元凶「」は常に最高マシンの比較対象にされてきた。

1000CCスーパースポーツだけじゃなく、高級スポーツカーが登場したら、常に比較対象は「ハヤブサ」。

それだけ絶対的な性能を持っていたバイクであり、熱狂的なファンが多いバイク。

海外では「BUSA」の愛称で呼ばれてますね。

  • レジェンドバイク
  • 唯一の生き残りメガスポーツ
  • ギネス記録持ち
  • 電子制御盛りまくり

今、最高性能は「カワサキのNINJAH2シリーズ」が担う。最高速チャレンジもNINJAH2R(レース用)が使用される。

海外の頭ぶっ飛んだ映像をどうぞ

ギネス記録持ち

ハヤブサは量産市販車世界最速312.29km/hというギネス記録持ってます

皮肉にも、これがきっかけで300km/h制限ができ、寿命を縮めることになりました。

1速で120㎞/hとかぶっ飛んだ話が多い。

一目置かれるバイク?

今でも一目置かれるバイクは間違いなく隼。自分はスーパースポーツより、隼に出会ったときの方が目が行きます。ギネス効果はデカいですね。

それに知名度高い割に、長い間海外専用モデルだったし。

  • スーパースポーツ→いかにリアを小さく見せるか
  • ハヤブサ→ビグスクみたいにデカく丸いリア+極太二本出しマフラー

一目で気づくんですよね、、、丸々としたリア周りが独特すぎるから。スポーツバイクらしくない感じが逆に差別化になってます。

スズキ 隼のスペック

エンジン1340CC水冷直列4気筒
全長x全幅x全高2180x735x1165
馬力188PS/9700
トルク150Nm/7000
シート高800
車重264kg
燃費15.4km/L
タンク容量20L
価格2167000円~

前モデルの丸い形状から、どこかGSX-R1000Rに近い外観に。

大きな車体と相まって、SSの上位互換的な迫力。ラムエア加圧もより効率的になった。

相変わらず幅広のカウル、低いシート高でスポーツツアラーとしても優秀な一台。

  • 外観変更
  • もっとも電子制御を詰め込みまくったバイクの1つ
  • 相変わらず暴力的なトルク
  • わずかに軽くなった

貴重な二本出しマフラー

マスの集中化のために消えていってるのがマフラー。サイドバッグの邪魔になるので、かちあげも減りました。

ハヤブサだけは極太二本出しマフラーを継続。似たようなバイクが消えた分、よりインパクトを感じます。

シート高低い

シート高800mmは今の大型バイクの中でかなり低い側です。というか、中型と同じくらいの足つき。

こんなデカいバイクで片足しかつかないと積むので、助かります。

デメリット:超重い

ハヤブサ、、というか1300CCもあるエンジンの宿命「重い」。

車体もかなりボリュームあるのでマスの集中化と無縁です。慎重に扱いましょうなバイク。

愛試されてます。

エンジン熱

1300CCもあり+アイドリング時から大人しいエンジンとは無縁。かなりエンジン熱は感じるみたいです。

新型隼はトルク重視

規制対応の為、最大発生回転数が下がりました。1300CCで高回転型エンジンはもう無理です。

その分、発進時からのトルクがアップ。扱いやすさは上がった。

重量も2kg軽くなった。誤差レベルだけど、軽いに越したことはない。

馬力は1000CCスーパースポーツが逆転

GSX-R1000R
197PS/13200117Nm/10800Nm203kg

実はGSX-R1000Rの方が馬力は高いです。時代を感じますね、、

  • 200馬力超え当たり前、アップデートし続ける1000CCスーパースポーツ
  • 時速300㎞制限が出来て、進化を止めるしかなくなったメガスポーツ

もう1300CCエンジンで出来ることがないんですよね、、

300CCも余裕があるハヤブサの方が、トルクの部分ではかなり余裕がある。

スズキ隼は足回り自慢

あまり大きな変更をしてこなかったハヤブサシリーズ。前モデルも割と放置気味だった。

  • KYB製43ミリ倒立フロントサスペンション
  • KYB製リアサスペンション
  • ブレンボ製ブレーキ最高グレード「STYLEMA」
  • hayabusa専用ブリジストン製BATTLAX HYPERSPORT S22

今回のモデルチェンジで特に足回りは大幅に強化。最高級パーツを揃えてしっかり走りを制御する。

これより上は電子制御サスペンションになります

昔からよく聞きますが、ハヤブサはタイヤが持たない。5000㎞で交換だとか、、、お金はかかるバイクです。

過去最高の電子制御類の数々

近年発売したVストローム1050、KATANAを超える電子制御の数々、、絶対に事故を起こさせないという強い意志を感じる。

操れないメガスポーツから操れるメガスポーツを目指してる?

インプレでも見た目に反して操りやすいという評価。電子制御に甘えていきましょう

電子制御

全ての制御の土台は6軸センサーIMU→もっとも性能の高い安全装置

SDMS-α|スズキオリジナル走行モード

  • モーショントラックトラクションコントロール10種
    前後タイヤのバランスを管理し、フロントだけ、リアだけのロックを防ぐ
  • パワーモード3種
    アクセル開度に対する出力を調節
  • 上下クイックシフター
  • エンジンブレーキコントロールシステム3種
    エンジンブレーキの利き具合を調節
  • アンチリフトコントロールシステム10種
    強力な加速でウィリーしないように調節

走行モードの中で管理する電子制御

  • ローンチコントロール
    発進時の加速でウィリーを防ぐ
  • スピードリミッター
    リミッター機能で出す速度を自分で選べるようになった
  • クルーズコントロール
  • コンビネーションブレーキ
    コンビブレーキ系。リアだけのブレーキでもフロントブレーキが効く
  • モーショントラックブレーキシステム
    MOTOGP譲りのバンク角に応じたABS。いわゆるコーナリングABS
  • スロープディペンデントコントロールシステム
    下り坂でのブレーキコントロールでリアタイヤが浮くのを防ぐ
  • ヒルホールドコントロールシステム
    坂道発進時ブレーキを離してもしばらくブレーキが効く。後退しない様にする機能
  • エマージェンシーストップシグナル
    強くブレーキを踏んだ時にリアランプが高速点滅する
  • スズキイージースタートシステム
    ワンタッチでエンジンが掛かる
  • ローRPMアシスト
    半クラッチ時少しだけ回転数を上げてくれる。エンストを起こしにくくする
  • ETC

今現在の機能をほぼ全て載せたバイクになった。前モデルまで走行モードくらいしかなかったが、電子制御はこれでもかと搭載

坂道に対する電子制御は新しい。重いバイクは坂道発進の安定感に弱い。

ブレーキはコンビブレーキ系になっているのが面白い。これだけ重いバイクはリアだけのブレーキだとロックしやすいってことかも。

重いバイクなのにコーナリングが軽いという評価。電子制御にどんどん甘えていきましょう。

電子制御意味が分からんって人は「図解入門よくわかる最新バイクの基本と仕組み」が役に立ちます。

スポーツツアラーとしての完成度も上げた

馬力ばかりに注目が行くが、ツアラーとしても優秀なのが評価されてるバイク。

  • クルーズコントロール
  • クイックシフター
  • 超幅広のカウル

楽な姿勢とは言えないけど、スポーツツアラーとして必要な物は揃ってます。

スマホナビ表示があれば、最高のスポーツツアラーにもなれます。

ガソリン車がオワコンになるまで持っておきたいバイク

将来がどうなるかはわからないけど、2030年代にEV化に移行予定の現在、ハヤブサはずっと持っておきたいバイク。

  • スズキHAYABUSA
  • カワサキNINJA H2

これほどインパクトのあるバイクは「電気や水素エンジン」が熟成しないと出ないと思います。

乗るなら今しかない

新しくモデルチェンジしたばかりのバイクだけど、まだまだ規制は強化されていく。

新型隼もいつまで存続できるか不明なところはある。超大排気量って海外含めてかなり消えました。

1300CC4気筒エンジンは不透明すぎますね。

気になるならまずは手持ちのバイクの価値をチェック。「バイクを売りたいならまずは自分のバイクの相場を知る」に書いてます。

バイクワン →乗り換えで3万円サポート

バイク王 →バイク王のバイクへの乗り換え支援あり

バイク館 →高値で買取してるバイクがわかる

貴重なメガスポーツの生き残り「スズキ 隼」

メガスポーツの中で存続が決まった唯一のバイク。いつまで超大排気量が生き残れるかわからない中、存続する決断をしたのは素晴らしい。

ミドルクラスが存在感を増していく中で、あえて大柄なバイクが好きな人はこれが最適解。

電子制御もりもりなので、コントロールはしやすくなった。

輸入してまで乗る人が多かった人気バイク、、もう1度、メガスポーツの伝説を体感したいならこのバイクで決まり。

  • レジェンドバイク
  • 唯一の生き残りメガスポーツ
  • ギネス記録持ち
  • 電子制御盛りまくり