2021年モデル|新型MT-09のフロントデザインはカッコいい?

今年はモーターショーが軒並み中止で、単発で新型バイクが発表される

その中で、賛否両論ありそうなバイクが出てきた|2021年モデルMT-09

前モデルからガラッと変わったフロントデザインが好き嫌い分かれそうだが、性能は大幅に上がった

MT-09|フロントデザインを大幅に変更

2021年モデル
~2020年モデル
PVがかっこよすぎる旧モデル

二眼で、人の様なデザインから単眼に変更

トランスフォーマーからSFロボットの様なデザインになった

賛否両論

フロントデザインの評価は分かれてる。二眼から単眼になったことで、無機質なデザインだなと感じる人が多いのかもしれない…

何とも形容しがたいデザインなので、好みは分かれる

誰が乗っても様になるという意味では、新型の単眼デザインの方がいいのかもしれない

現行のMTシリーズは若いデザインだなと思うけど、誰が乗っても似合うか?と言えば多少疑問...結局感性の問題だけど

性能自体は大幅アップ

排気量が上がり、エンジン性能はアップ

2021モデル119馬力/1000093N.m/7500
現行モデル116馬力/1000087N.m/8500

排気量が50CCアップしたことで、エンジン性能もアップ


馬力はそれほどだけど、「マスターオブトルク」の名にふさわしく6N.m アップ。しかも、発生回転数は1000回転ダウン

より低い回転数からトルクを発揮するようになり、一段と過激な仕上がりに…

封印安定の走行モード「Aモード」が気になるところ…

重量も更に軽く

重量も4kg軽くなり、189kgになった。900CCの排気量としては軽すぎるくらい軽いマシンに

アルミフレームを新設計、ホイールもヤマハ独自技術で軽量化。現行の193キロでも軽いのに、まだ軽く出来るのか

マフラーは最低限

元々短めのマフラーを採用していたMT-09

新型ではなくなったと言ってもいい状態に。エンジン下の小さな口が排気口。エンジン音がどう聞こえるのか気になるところ…

片持ちリアフェンダー廃止

リッタークラスで採用され始めた、片持ちリアフェンダー。逆に新型では廃止されて、普通のフェンダーに

軽量化の為なのか、普通に評判が良くなかっただけなのか分からないけど、たった1世代で消えてしまった装備

メーターは普通のTFTカラー液晶

新型は正統派
ハンドルの右側に配置

新型の液晶メーターはかなりの正統派デザインに。普通のデザインとも言えるけど、これがMT-09では珍しい

現行MT-09のメーターは中心より右側に配置されてる非対称なデザイン。普通の配置にしただけ、だけど09の特徴が一つ消えたとも言えるかも

タンクやカウルは現行より上向き

新型MT-09はフロント周りのボリュームが大分増した。というより上に移動している


フロントライトも上部に移動し、タンクも上に伸びた。丸みを帯びたデザインが「ティアドロップタンク」の様…

ホールド感と伏せた時の固定のしやすさは上がったはず

  • 片持ち式リアフェンダー廃止。普通のフェンダーに
  • マフラーほぼ消滅
  • 排気量50CCアップ
  • 193kg→189kg
  • TFTカラー液晶メーター

電子制御は更に増えた

6軸バランサー|IMU搭載

  • IMU|トラクションコントロール
    前後タイヤのバランスを管理。片側だけのスリップを防ぐ
    スライドコントロール
    コーナリングABS|バンク角に応じたABS
    ウィリーコントロール
    加速時のフロントの浮き上がりを防止
    ブレーキコントロール
    エンジンブレーキの利き具合を調節
  • クイックシフター(上下)
    クラッチを切らずにシフト操作可能
  • 前後調節サスペンション

スーパースポーツに採用される車体制御管理システム|IMUをMT-09で初採用。車体全体のバランスを管理し、適切に電子制御を介入させる

ここまできっちり全体を管理しないといけない過激なマシンとも言えるかもしれない...

重量が減ってトルクが上がっているので、ただでさえ過激エンジンのMT-09が更に過激になってしまった

このバイク自体の魅力は変わらない

どのような形になろうと..

三気筒エンジンの過激なバイクの魅力は変わらない。というよりむしろ性能は大幅にアップして更に過激さに「磨きが増した

全体の魅力は増していくばかりのバイク

刺さらない人にはトレーサー9がベスト

どうしてもデザインが気に入らない方はTracer9にするのもあり

MT-09の派生モデルのアドベンチャー。YZFシリーズの様なフロントデザインが最高にカッコいいバイク

オンロード寄りのアドベンチャーなので扱いやすいはず

価格の上昇は控えめ?

日本でも正式発表されました

・通常モデル1100000円
・SPモデル 1265000円

文句なしの性能アップだけど、あとはフロントデザインだけの好みになりそう

  • 全国無料出張査定、中古バイク即日現金買取
  • 特殊車両、 事故車や不動車なども買取対応
  • オンライン自動査定から、最新のバイク買取相場がすぐに調べられます
  • 乗り換えで最大3万円支援
公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン