チャンネル登録者1000人以上は約8万チャンネルある【YOUTUBE多い?少ない?】

NoxInfluencerというサイトに登録してると国内順位が見れる

コロナによる自粛をきっかえに、芸能人の参入が相次いでいる。現在なにかと話題になっているYoutubeというプラットフォーム

2020年3月にチャンネル登録者1000人を突破したので、収益化の壁になる登録者1000人を考えていく

約80000チャンネル

チャンネルの数であって、人数ではない

チャンネル登録1000人を突破した時の順位を見て見ると、約80000チャンネルと表示される。ちなみに80000「人」ではない

サブを持つのが普通

大手Youtuberはサブチャンネルを複数持つのが普通だから。しかも大抵1000人は軽く超える

「人数」換算だと、1割くらいは下がる気がする

80000チャンネルをどう見るか

多いか?少ないか?

個人的には少ない印象。何故なら2014年のCM「好きなことで生きていく」をきっかけに大量参入が始まったのに、6年も経って8万しかないのかと思ってしまう

多いと思う人がいるとしたら、「誰もが知ってるような有名Youtuber、急上昇、検索上位以外に8万もいるのか」と思うのかな

1000人以上は上位15%未満らしい

コメントのアカウントを見ると、投稿者は多い

1本以上投稿した人をYoutuberと定義した時、チャンネル登録1000人以上は上位15%に入るらしい

見てる側だとそこまで少ないように感じないはず。試しに検索で適当にワードを入力、「今日」で検索を絞るとたくさんの、いわゆる底辺Youtuberを見ることが出来る

急上昇どころか、おすすめや検索の上位に出てる時点で勝ち組

競争は年々激化

レッドオーシャンだらけ

年々、人気になるのは難しくなってるのは確か

誰でも手を出すゲーム実況や、芸能人が参入しまくりのやってみた系のエンターテイメントは0から人気になるのはかなりハードルが高い

何かに特化、専門的な知識を持ってる人には関係のない話

大手がやってるような何でもやる系、何でも新作のゲームをやる系は難しいかなと言う印象。やはり一般人は何かに特化して専門性を上げるのが有効なのかなと思う

でも、ブルーオーシャンはまだまだある。何故なら始めて1年で伸びる人はいるから。別に競争が激しくなっても、伸びる人は伸びる

2014年頃に参入して人気になった大手を参考にするのは無駄だと思う。今と競争のレベルが違いすぎるし、昔のやり方すぎる

ゲーム実況は(個人的に)地雷

差別化がやりにくいジャンル

ゲーム実況は「お手軽、家で出来て、量産が出来る」と超人気のジャンル。それだけに長期的に人気を維持するのが一番難しいジャンルだと思う

チャンネル登録数万人、数十万人に対して、再生数3桁、4桁が当たり前にいる世界

ゲーム実況と画面の前で話すだけのVlog系は「差別化」が難しいと思う。Vlogはルックスだけで差別化出来る分マシだろうけど

差別化が難しすぎる

ゲーム画面を映して、実況するというスタイルの特性上。みんな同じフォーマットの中で、勝負していかないといけない

喋り方や、動画のプレイ、プレイするゲームで差別化する必要がある。でも動画に映るのはみんな同じ、ゲーム画面に声が付いてる。かなり難しい世界

芸能人も参戦する超競争社会

ゲーム好きは多いし、お手軽なので、とりあえずゲーム実況から始める人は多い。とにかく年齢関係なしに、常に人が参入してくるので、その中で突き抜けることが難しい

結局、ゲームに対してファンになる

他のジャンルと違って、投稿者自身を好きになってくれる割合がかなり低い。その証拠に、バズったゲームの人気が落ちてくると、投稿者の再生数も落ちていく。どうあがいても、見る人が減れば自然現象していく世界

方向転換が許されない世界

登録者数万いるのに、再生数3桁とかがたくさんいる理由….ゲームの人気が落ちてきたので、違うゲームに手を出す。でも、ファンは付いてこないのがゲーム実況の世界

結局そのゲームが好きだから見てるだけの人が超多い。正直自分も投稿者がやるゲーム変えたら、その投稿者は全く見なくなる

チャンネル登録者が150万もいるマックスむらいですら、パズドラからの方向転換は上手くいかなかった。登録者数があてにならない世界

1再生辺りの単価が最低クラス

ゲーム実況は1再生辺りの単価が0.1円~0.2再生辺りらしい。なぜこんなに低いのか。高い所では単価1円もあるらしい

  • 視聴者の年齢層が低い
  • 購買意欲の低い層
  • 広告の効果が低い
  • 参入する人が多いので、1000人以上も大量にいる

単価に関しては、かなり個人差があるので参考程度に

女性が有利なコンテンツもある

バイクコンテンツも超有利

芸能人に負けず劣らず話題になるのが、おっぱいピアノさんや料理する人。バイクもバイク女子は強い。バイク乗りの平均年齢50代のジャンルで、若い女性の動画は強いはず

何故なら、現実世界では都市伝説レベルに見る機会のない人種。まさに「Youtubeの中」にしかいない人達

女性Vtuberもキャバクラ化していると言われてるくらいお金が飛び交うジャンルになってる

女性でも底辺は星の数ほどいるんだろうけど

まとめ→まだまだ参入者は増える

コロナ不況でYoutube広告の収益も何割か減ってしまった(自分は気にするだけ無駄な金額だけど)

でも、まだまだ参入者は増えると思う。コロナで副業に興味を持つ人が増えたこと、個人で情報発信する手段としてYoutubeは最適だから。個人が企業の様な影響力を持てる時代なのは凄い事

2019年にTVの広告費とネットの広告費が逆転したのも一つの転機になってる。Youtubeはまだまだこれからだと思う