もう一つのメガスポーツZX-14Rはどうなるのか?

ハヤブサが2021年モデルでモデルチェンジ、外観を一新

スズキはまだメガスポーツの系譜を終わらせるつもりはない。一方で..今現在生き残ってるもう一つのメガスポーツZX-14Rはどうなるのか

カワサキは継続させるのか終わらせるのか気になる

2021年モデルZX-14R

日本には既にFINAL EDITIONで終了済み

2021年モデル
エンジン水冷並列4気筒
全長x全幅x全高2170x780x1170
馬力200PS/10000
トルク158Nm/7500
シート高800
車重269kg
燃費不明
タンク容量22L
価格生産終了

日本への逆輸入車は既にFINAL EDITIONが発売済み


一方で、2021年モデルも登場しているという矛盾が生まれている状態。規制の緩い国では発売出来るけど、ユーロ5遵守の国は規制が通らないから発売終了

今の排ガス規制には通らないモデルが今のZX-14R

自然吸気最高馬力という魅力

200馬力という数字は長い間、自然吸気エンジン最高馬力という位置づけだった。メガスポーツとして最高性能を追求したモデル


独特の6眼のフロントデザインは一目で気づくほど独特のデザインをしている

時速300km制限が出来て「メガスポーツ」の役割は終わってしまったが、幅広のカウルはスポーツツアラーとして人気

幅広なのはリアシートも同じなので、バッグ を載せやすい

カワサキには上位互換が沢山ある

スズキとカワサキの一番違う点は…


カワサキの場合は上位互換のバイクが既に存在する点。しかも1000CCに…。

下の排気量なのに上位互換」がいるというおかしな状態。「スーパーチャージャー」のおかげでもあるけど、はるかに性能の高いマシンが沢山ある

NINJAH2 SXSE

200PS/10000(ラムエア加圧時210PS)137Nm/9500

スポーツツアラーしての魅力で言えば、既にNINJA H2 SXがいる


コンセプトも同じスポーツツアラー系、しかも馬力も最大「210馬力」。最新のバイクらしく電子制御モリモリマシンで快適に走行する為の装備が満載

完全に上位互換

NINJA H2カーボン

231PS/11500(ラムエア加圧時242PS)141Nm/11000

メガスポーツとしての魅力は完全にNINJA H2 CARBONが担ってる


ZX-14Rの200馬力を大幅に超える、最大242馬力を発揮。しかも重量238キロとかなり軽量。最高速度の役割は完全にH2シリーズの物

実際、現在の最高速チャレンジはNINJA H2R(レース用)で行われている

ZX-10R

203PS/13200(ラムエア加圧時213馬力)115Nm/11400

性能的には10000CCスーパースポーツとも逆転状態にある


時速300km制限が出来て「エンジンの進化を止めるしかなくなった」メガスポーツと「ずっと進化し続けてきたSS」との違い

400CCも差があるので、エンジンの余裕はZX-14Rの方が全然ある

ハヤブサと違い、ZX-14Rは厳しい立場

ZX-14Rは外観的な魅力以外で存続させる理由がないのが本音なのかなと思う


排ガス規制の強化で、「排気量を上げて性能を追求するコンセプト」は一層厳しくなっていくと予想できる

実際にZX-14Rは規制を通らないエンジンのまま発売している訳だし


何より完全にコンセプトが同じNINJA H2SXがいるのがきつい所。しかも下の排気量なのに性能が高い

存続があるとしたら、規制を通すためにエンジン性能を下げるしかない

それだとなおさら存在意義がなくなる。スズキのハヤブサと違い、かなり厳しい立場にいるのがZX-14Rというバイク 2021年ハヤブサ|スズキのバイク史上最高の足回り