2022年にYOUTUBEを始めても間に合うのか?【常に新しい人は出る】

悩み
悩み

YOUTUBEって今から始めても間に合う?
ライバル多い?

このような悩みを解決します。
たぶん最も華やかな場所「YOUTUBE」。手軽に始められるし憧れますよね。

一方で、一般人がのし上がるのは厳しいという声も聞こえる。芸能人も本格参入してきて厳しい世界になりつつあるのも事実。

ぶっちゃけ初期投資が少ないのでデメリットは余りないです

・YOUTUBE歴4年
・チャンネル登録2万人以上
・平均再生数2万以上

YOUTUBEに新しい才能は常に出てくる

YOUTUBEを始めるのはもう遅い、、無意味な議論です。

伸びてる新しいYOUTUBERは今もたくさん出ている別にトップYoutuberが全ての世界ではありません

伸びる人に「時代」って関係ないという話。後発でも突き出る人は出てくる。それはあなたかもしれない。

行動しないと何も始まらない

ネット広告が伸びるのはこれから

YOUTUBEはまだまだこれからの分野。2019年にTVとネット広告が逆転したばかり。

これからネットに企業が流れていくと予想されている。

YOUTUBEもこれから更にお金が流れてくる。現状ライバルとなるプラットフォームも出てこない。

市場拡大は止まらない。

Youtubeの始め方なんてない

Youtubeの始めるハードルは超低い。アカウント作ればいつでも投稿可能。

  1. Googleでアカウントを作る
  2. Youtubeにひも付けする
  3. アップロードする

恥ずかしいと思うなら「非公開」にしてアップロードして大丈夫。

投稿は簡単でも本気でやらないと難しい

プロがどんどん参入してくるから、昔ほど簡単な世界ではない。仕事の片手間でなんとなく続ける程度じゃ難しい。

でも、、どの分野でも、最初に始めた人が稼げるのは当たり前です

仮想通貨も全く価値がない初期に買った人が一番儲ける。YOUTUBEもお金にならない時期からやってる人が稼げるのは当たり前。

初心者はみんな同じ壁にぶつかるのでこれでも見てください
>>YOUTUBEを始めたらみんな同じ壁にぶち当たる【YOUTUBE初心者】

ゲームとエンタメは消耗戦

・ゲーム実況
・エンタメ

この二つは簡単に上がるのは難しいかな、、

・新しい人がひっきりなしに参入
・企業や芸能人が参入
・競争厳しくて人気を維持すること困難


個人的にどの分野でも「可能性がある」とは言いにくい。誰でも簡単に出来る分野は、かなり後発は厳しい。

ゲーム実況を1年半で諦めた人間の言葉です

最近はTIKTOKERが強い

YOUTUBEは弱者に厳しいコンテンツ。おすすめ、検索共に有名な人しか出てこない。初心者を引き上げるようなプラットフォームではない。

露出を増やす意味では「tiktok」から始めてみてもいいかも。必ず200再生される保証付きなので強い。

ただし、tiktokは更にコンテンツ消費が早いし、絶対成功するわけではない。向こうも厳しい競争があります。

どの分野も常にオワコンと言われる

オワコンって言葉は無視した方がいい

・自分が始めた2017年も既にオワコンだった
 理由:2014年の「好きなことで生きていく」というTVCM見た組が強い、新規に席はない。


人が多いから簡単に人気になれない、、別に入試でも就職でも同じじゃん

オワコンなら話題にならない

オワコンと言われてる時点でまだ人がいる状態。

本当にオワコンなら話題にすらならない。2000年代に流行ってたSNSを思い出せますか?

話題にされてる時点で人が参入してる状態。それはオワコンとは呼びません。

後発の利点は成功者を見れる

後発は答えが見れます。結果を出した人を大量に見れるから。

今の成功者達も「古い順」で見ると印象変わります。最初から伸びてる人の方が少数。

・YOUTUBEの伸ばし方
・〇〇のジャンルの流行
・〇〇の始め方


こんなのいくらでもあります。つまりショートカット可能

ただし自分の中に落とし込まないと意味ないよ。表面的に真似しても意味なし。

  • 表面的にパクるのはパクりにすらならない
  • なぜ伸びてるのか本質を探る
  • それを自分の動画に落とし込む


ただのパクりで伸ばしたいなら「ランキング動画」、「切り抜き」やればいい。

この記事にぴったりの本もあります。とにかく今は情報がたくさんあるのが強みですよ。

動画編集はショートカット出来る

後発者有利という部分では動画編集も含まれる。昔は自力でググって覚え、試すしかなかった。

最初の半年は投稿と動画編集の勉強同時にやってました。IT用語が意味不明すぎるんですよね、、。

最近は需要があるみたいで動画編集スクールもあります。短期集中でさっさと覚えるのもあり。

編集ソフトの立ち上げ→動画完成までの流れはどのソフトも同じなので応用できます。

>>おすすめの動画編集スクール3社【無料相談】

YOUTUBEを始めた人しか成功出来ない

今から厳しいかどうかより、、始めないと何も始まらない

始めた人に可能性が舞い降り、続けた人に成功が与えられる。

YOUTUBEは初期投資が少ないからリスクは低め。

顔バレしたら嫌だな、、
別にYOUTUBEは顔出し必須ではない

別にYOUTUBEは顔出しなしで人気の人はたくさんいる。ニュースに出てくるようなトップ勢だけが全てじゃない。

というか、ゲーム実況みたいに顔出さない方が人気のジャンルもあります

今が一番若い。悩んでる人におくる言葉です

YOUTUBEで顔出しする、顔出ししない問題【必要ないジャンルも多い】 チャンネル登録者1000人以上は約8万チャンネルある【YOUTUBE多い?少ない?】 YOUTUBEとブログどちらが副業に向いているか?【最初の1円まで遠い】