快活クラブで寝泊まりすることのメリットデメリット

バイク乗りが泊まる場所と言えば昔はホテル、民宿…

しかし最近の宿泊先の選択肢としてネットカフェ快活クラブを選ばれるケースが多い

愛されすぎてツイッター上では実家と呼ばれたりもする

実際に泊まった時に感じたことを記事にしました

予約不要で泊まれる

ツーリング最大のメリットがこれかなと思う

とりあえずあてがなかったら快活クラブという選択肢になるのも納得

全国ほとんどの県に快活クラブがあるので、都市部行けば大体あるのが大きい

平日+郊外は超快適

平日は泊まったり夜中までいる人は稀。ほとんど人がいないので快適に過ごすことが出来る

特に郊外の快活クラブを選べばガラガラで快適

設備がほとんどホテル(店による)

まず部屋が一つ一つ仕切られていて、プライベートエリアが確保されてる。壁の高さが低いので、音などは聞こえてしまう

店舗によっては完全個室があり、部屋が完全に密室になっている場所がある

フルフラットシートと言う名のベッド

ネカフェと言えば、座りながら漫画やネットサーフィンのイメージが強い

快活クラブはフルフラットシートという部屋一面マットの部屋がある。普通にブランケットもあるので寝れます

シャワー、コインランドリー

一部の店舗ではシャワーやコインランドリーがあり、有料ながら利用することが可能。いちいち旅先で個別に施設に行く必要すらなくなる

完全個室やシャワー、コインランドリーは基本新しい店舗に設置されてる傾向がある

シャンプーも完備してるので持ってくる必要なし。タオルはある店舗とない店舗がある

シャワーは店によっては無料、有料が分かれる

清潔

昔のネカフェと言えば遊ぶ場所で、綺麗なイメージはあまりなかった

しかし快活クラブは洋服の青木が運営。大手らしい清潔感が保たれてる
誰かが退出するたびにアルコール消毒をしてるっぽい音が聞こえる

暇をつぶす手段が豊富

・コミック
・ネットサーフィン
・映画
・アニメ

ネットカフェらしく遊べるコンテンツが豊富。暇潰しはいくらでも出来る

スマホで動画視聴は物足りないと感じる人間には、やはり大画面は嬉しい

部屋を選べば、カラオケ、ダーツ、ネットゲームも可能(旅のついでにここまで遊ぶ人がいるとは思えないけど…)

食い物に困らない

ドリンク飲み放題。ソフトクリーム食べ放題(神)

ツーリングで疲れてるからと食べすぎるとお腹壊すので注意

食べ物のメニューも豊富。晩飯に困ることもないし1000円超えるようなメニューもない

でも旅先で快活飯は何か損してる気もする...

快活クラブのポテトは肉厚で美味しい。テレビで一位のポテトに選ばれるほど

たぶんメニュー全般、業務スーパーなどの冷凍食品を揚げただけなんだろうけど…揚げたてはうまい

日用品売ってる

寝る為に必要な耳栓やアイマスク、他にも少しばかりの雑貨が売ってる。完全に暮らすための装備も完備

デメリット|朝型人間には不向き

ネットカフェなので仕方ない部分だけど、基本夜中になってもなかなか寝ない。ガサガサ音が気になる人は不向き。耳栓必須

朝型人間には辛い場所

隣人ガチャ

これは仕方のない部分だけど、周りの人次第で快適にはならない。
ネットカフェでマナーを求めるのも無理な話

そういう部分では値段なりの場所

席は移動できるので受け付けで変更しよう

週末は混みやすい

郊外だとそこまでじゃないけど、中心部に近いと夜になると混み始める

飲み会や夜遊びなどをした後に泊まるために結構集まってくる

週末だけはホテル をおすすめしたい

製造機の近くは避ける

最高の環境を提供してくれる「ドリンクバー、ソフトクリーム」。
寝る目的で行くなら離れた場所に行くことをおススメする

というのも、中々うるさい機械だから。(たぶん)ソフトクリームがうるさい

値段なりという評価

・行き当たりばったりで予約が面倒。夜を過ごせればいい>>快活クラブ
・時間的に余裕がある。静かに夜は過ごしたい>>ホテル

結局、壁1枚しか仕切りがないので格安ホテルの方が快適なのは間違いない

ツーリングの時にどういう状況かで場所を選ぼう


平日は快活、週末はホテルが一番バランスがいいかなと思う

快適さ重視なら格安ホテル、ビジネスホテルを探せば料金的にはあまり差がなかったりする

  • ホテルズコンバインドは世界最大のオンライン旅行グループである、 ブッキングホールディングスの傘下にある会社です

ホテル検索サイトで比較しよう>>ホテル比較サイト【ホテルズコンバインド】

快活で寝るつもりなら必須アイテム