YOUTUBEの動画編集に最適なのはゲーミングノートPC【おすすめ】

悩み
悩み

動画編集にゲーミングノートPCってどうなん?
やっぱりデスクトップがいいの?

動画編集の需要上がってます。

  • 自分のYOUTUBE
  • 他人のYOUTUBEの編集仕事

理想はデスクトップ。同じ名前のCPUなら基本デスクトップの方が性能高い。

でも動画編集ソフトにそこまで高い性能はいりません。

むしろ動画編集という長い闘いにはゲーミングノートPCの方が有利です。

動画編集歴が約4年。

複数ソフトを同時に開く必要がある「ゆっくり、ボイスロイド」を使う自分が出した結論を書きました

動画編集の必要スペックは余裕で超える

現在のゲーミングノートPCなら何選んでも動画編集に支障はでません

スタート(ソフト立ち上げ)からゴール(エンコード)までが早いか遅いかの違いだけ。

大半が使うであろうAdobe Premiere Proの字幕やカット編集程度ならCore i5以上なら問題なし。

  • 性能
  • デザイン
  • メーカー

好きなの選びましょう。

最低限欲しい性能

  • CPU:Core i7 Hシリーズ、Ryzen7 Hシリーズ
  • SSD,HDD:いくらでも欲しい。SSDの方が読み込み早くて快適。両方合わせて500GB以上欲しい。
  • メモリー:編集ソフトの重さにつながる部分。8GB以上欲しい
  • GPU:ゲームをするための機能。最近は動画編集にもGPUの助けを借りる。あった方がいい

CPU

  • Core i5 U:省エネ版は微妙、、
  • Core i5 H:ここから考えたい
  • RYZEN 5 H:いい感じ
  • Core i7 U:省エネ版は微妙
  • Core i7 H:最高
  • RYZEN 7 H:最高

エンコードという作業を短縮したいなら性能欲しい。

エンコードとは動画の容量を圧縮したり、視聴が可能な動画形式に変換したりする作業

  • Core i5 H:10分の動画、20分エンコード必要x100本=2000分
  • Core i7 H:10分の動画、10分エンコード必要x100本=1000分

エンコード時間の短縮は必須です。

基本待つことしかできない無駄な作業なので、、何度も取り直しをして1,2時間取られるとかも普通にあります。

GPU

最近はエンコードにGPU(グラフィックボード)の力を借りる。

時短目的なら必要。ちなみに最低グレードでいいです。恩恵は小さめなので

ゲーミングノートPCを選ぶメリット

主に動画編集向けのメリットこちらになります

  • 性能高い割に安い
  • 場所を選ばない
  • 長持ちする
  • ゲーム出来る

性能高い割に安い

>>HP ゲーミングノートパソコン Victus by HP 16-e0000 16.1インチ

動画編集難しそう、、高い物を買った方がいいかな?

結論を言うと10~15万くらいで充分。

ゲーミング系は10万超えると最高スペックのCPUが搭載されてます。

  • 家電量販店の付属ソフト優先のPC
  • ソフトは自分で後付け、性能優先のゲーミングノート

PCのスペックに詳しくない人ほどゲーミングノートは最適。最高性能が詰まっているから

場所を選ばない

おしゃれなカフェで作業が出来るのがノートPCの強み。憧れますよね

それだけじゃなく、家の中でも力を発揮します。

  • ソファー
  • 地べた

その日の気分で作業場所を変えれるのは大きいです。

地べたでごろごろしながら動画編集してて、そのまま寝てしまうことはしょっちゅうあります。

動画編集は数時間掛かるので、リラックス出来る環境づくりは大事。

長持ち

>>ASUS ゲーミングノートパソコン TUF Gaming A15 FA506IC

ゲーミングノートは長持ちします。

  • 数年程度じゃ色あせない性能
  • 排熱機能が優秀

排熱機能が優秀

最近のゲーミングノートPCは排熱が優秀。ファンが2つのモデルがほとんど。

  • エンコード中はCPUがフルパワーで稼働
  • 熱を発生させる
  • 熱をうまく処理できないと「熱暴走で強制シャットダウン」

動画編集でPCに負担はないけど、エンコード中はかなり負荷がかかります。

熱を逃がす機能がないと。内部を痛めます。

寿命を延ばす意味でもダブルファンのゲーミングノートは優秀

  • ドスパラ6万円ゲーミングノート→6年
  • FRONTIER10万円ゲーミング→1年(寝てる間(予想)に足元にあったPCを液晶を割ってしまう、、)
  • HP 旧Pavilion Gaming、現Victus13万円→4年。余裕の性能

薄さが売りの2in1ノートPC(画面とキーボード分離可能PC)は、排熱機構すらないので注意

ゲーム出来る

当たり前ですがゲームできます。動画編集だけじゃなくて色々出来るのが強み。

  • YOUTUBE
  • ゲーム
  • 動画編集

一石三鳥です。ただ、PCの寿命を考えたら最新ゲームは避けた方がいいかも。

ファンがうなるような状態でゲームを続けると「排熱性能が弱いノートPCはダメージを負いやすい」。

2022年モデルを買ったなら、2021年より前のゲームを中心に考えた方がいい。

デメリット

性能では万能なゲーミングノートPCも実際はデメリットあり

  • 安いモデル探すの大変
  • デカい、重い
  • 画面が編集ソフトで埋まる

安いモデル探すの大変

10万から15万でいいと書きましたが、2022年現在だとワングレード下がります。

  • 円安
  • 半導体不足
  • 需要増

PCメーカーで働いてたことあるので言いますが、、

ほぼ中身は海外からの輸入頼みです。立派なケースだけ作って(made in japan)終わり。円安の影響を受けてます。

2010年ごろの超円高の時は安かった、、

デカい、重い

現実問題、通常のノートPCよりデカいし重い。

気軽に外に持ち運ぶって感じではないです。それでもかなり薄くなりました。

画面が編集ソフトで埋まる

画面が狭いのですぐに埋まります。解決する方法は「デュアルモニター

複数ソフト動かす前提なら合わせて買いたい。

おすすめのゲーミングノートPC

いくらかおすすめのゲーミングノートPCを紹介。

似たり寄ったりなので購入したことあるメーカー中心。

*最安値メーカーFRONTIERから考えるのもありです。

>>FRONTIERの公式サイトはこちら
モデルドスパラXL7R-R36 5800H搭載HP Victus16【快適パソコンライフ】
アドバンスモデル
ASUS TUF Gaming A15 FA506IC
画面サイズ15.6インチ16.1インチワイド15.6インチ
CPURyzen7 5800HAMD Ryzen™ 7 5800HRyzen 7 4800H
グラフィックGeForce RTX 3060 6GBNVIDIA® GeForce® RTX 3060 LaptopGeForce RTX 3050 Laptop
メモリ16GBメモリ16GB16GB
ストレージ(SSD)512GB NVMe SSD512GB SSD512GB SSD
重さ約2.1Kg約 2.48 kg‎2.3 kg
バッテリー約6.3時間最大 8 時間 30 分約7.5時間
特徴シングルRGB対応日本語配列102キーボード
144Hz駆動
狭額ベゼル
インテル® Wi-Fi 6
フルHD非光沢
IPSディスプレイ144Hz
Wi-Fi 6
バックライト付き
1年間保証
TFTカラー液晶144Hz
Wifi 6
103キー日本語キーボード
価格159,980円(税込)158,000円(税込)114,800円(税込み)
商品詳細GALLERIA XL7R-R36Victus 16(AMD) 製品詳細>>ASUS ゲーミングノートパソコン TUF Gaming A15 FA506IC

考えるのが面倒ならApple MacBook Pro

もしYoutuberとしてある程度か長く続けていく予定なら、MACBOOK PROおすすめ。

Iphoneで撮影した動画や写真を取り込むのが楽なんです

それに専用の動画編集ソフト絶対動く保証もある。

脳死で選べるノートPC

  • MAC専用編集ソフト「Final Cut Pro」使用可能
  • iphone,ipadとの相性がいい
  • YOUTUBER使ってる人多すぎ

デメリット

  • デザインと軽さ優先
  • Airは動画編集用としては性能低め。Final Cut Proには対応できるスペック
  • 同じ価格ならWindows製ゲーミングPCの方が高性能

アップルの公式サイトはこちら

ゲーミング用品で彩る

ゲーミングPCを買うとやりたくなること、、ゲーミングと名の付くもので周辺機器を揃えたくなる

ゲーマー部屋は一つのあこがれの姿、目指したくなります。

効率上げるために会社のマウスはゲーミングマウスを使ってました。

ゲーミングチェアなどは快適すぎてゲームやらない人でも買うくらい需要あり。

ゲーミング製品を探すならこちら

長く使うならゲーミングノートPC

ゲーミングノートPCにするメリット
・高性能
・性能高い割に安い(のもある)
・排熱効率優先でPCへの負担少な目
・複数ソフト開いてもサクサク

ゲーミングノートPCを買うメリットについてまとめました。

もうずーっとゲーミングノートPCしか買ってません。性能いいのに家電量販店モデルより安いですからね。

動画編集を少しでも効率よくするなら「ゲーミングノートPC」はマストです。

  • 編集作業効率化
  • エンコード時間短縮

エンコード時間って膨大に時間を取られます。待つのは面倒だったりします、、

2022年は買うタイミング的にはあまり良くないですが、膨大な作業時間を減らせるなら先延ばしにする意味はないです。

記事に登場したアイテム

SNS用スマホはiphone12、13miniが一番【レビュー】 【レビュー】楽天モバイル|スマホ料金を節約したいなら最強キャリア