電動キックボードが都市部住みの味方となる日

悩み
悩み

電動キックボードって何?
最近聞くようになったけど、どういう乗り物?
役に立つの?

こういう悩みを解決します。

最近いい意味でも悪い意味でも聞くようになった。
正しい使い方をすれば都市部の人間には多大な恩恵がありそうな乗り物

・バイク歴10年
・クロスバイク、折り畳み自転車歴2年半

どんな乗り物か見ればわかります↓

法律が追いついてない

残念ながら2021年現在問題を抱えている

・原付免許が必要
・免許不要も検討中
・歩道禁止
・バイクと同じ装備が必要
・色々認識不足のユーザーが目立つ


原付遵守のルールを知らずに、自転車感覚で運転したせいで事故を起こしニュースになる

電動キックボードはバイク扱いです
というか最高時速40kmとか出ます

・歩道あり、ない
・免許あり、なし


出る速度で柔軟に変えていく予定。でも今は検討段階

折り畳み自転車+原付

利便性という点ではポテンシャルはかなり高い

  1. コンパクトで玄関に置ける
  2. 家で充電できる
  3. お店に置かせてもらえる(可能性)
  4. 速度出る機種でも10万円代


駐輪場が少ない都市部の強い味方となる可能性は高い

電動キックボード は「「折りたたみと原付バイクのいいとこどり」

マンション住みの味方

上記の使い方が合う人はマンション、アパート住みの人

何故なら駐輪場がない場所もあるから

正しく普及すれば、、近所の買い物用として大きな役割を果たしてくれる

田舎向きと言えばそうでもない

道がいくらでも空いてる田舎向き、、と言えば違う

・タイヤが小さい
・地上高が低い
・ブレーキ、サスペンションはいい物はしっかりしてる


道路がしっかり整備されてる都市部向き。
凹凸に弱いし、下り坂は結構危険

ミニベロ乗ってる人間としては、更に小さなタイヤは少し怖い(幅はあるけど)

生活を豊かにしてくれるアイテム

国としては電動キックボード を普及させたいと考えている、、

観光地の観光手段として期待されてるから

「時速10km以下は免許なしOK」など普及を優先して検討中

輪行や車に積載

折りたたみ自転車の様に観光地に運べるのも利点

使い方がほとんど折りたたみ自転車感覚でいける

道路環境の整備も課題

普及が難しいという意見もあったりする

日本の道路では危なすぎるから

自転車レーンもないのに、更にキックボードも追加出来るのか、、
セグウェイの二の前もありえる

まだまたこれからのシティーコミューター

・原付免許が必要
・免許不要も検討中
・歩道禁止
・バイクと同じ装備が必要
・色々認識不足のユーザーが目立つ
電動キックボード はポテンシャルはあるけど色々遅れてる乗り物

特に法律面がまだまだこれから。
ちなみに海外も同様の問題を抱えてる国があり、規制を少しずつ強化してる状態

東京、大阪の大都市部なら個人的にも欲しい

  • 駐輪場ないマンション住める
  • 買い物用にする
  • 玄関に置ける安心感
  • ガソリンスタンド不要
  • 原付より本体価格安い
  • 輪行する(かも)
  • 絶対雨の日は乗らない


ぶっちゃけめっちゃ利点は多い乗り物だと思ってる

後は風当たりが強くならないことを祈るばかり、、

5時間充電で距離35㎞>>革新的な折りたたみEVスクーター【COSWHEEL EV SCOOTER】 電動キックボード|原付スクーターの代わりになる日も近い