400CC|値段に対して性能の高いバイクが増えた排気量を解説

「400CCに乗るくらいなら大型乗った方がいい」。少し前まで言われていた言葉

ひと昔前まで大型バイクのボアダウン版が並んでいたカテゴリー。排気量に対して「重い、価格が高い、デカい」と選ぶ理由があまりなかった排気量

しかし、2010年後半に「250CCのボアアップ版が登場」。コスパに優れるバイクが出てきたことで、復活の兆しを見せる

>>バイクの年間維持費について「原付から大型バイクまでどう違うの?
  • 全国無料出張査定、中古バイク即日現金買取
  • 特殊車両、 事故車や不動車なども買取対応
  • オンライン自動査定から、最新のバイク買取相場がすぐに調べられます
  • 乗り換えで最大3万円支援
公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン

GB350|コストパフォーマンスに優れる中型クラシックバイク

エンジン空冷単気筒
全長x全幅x全高2180x800x1105
シート高800
重量180
馬力20PS/5500
トルク29Nm/3000
タンク容量15
燃費47.0
本体価格550000円

バーチカルエンジンのネオクラシック系バイク

550000円という400CC断トツ最安値。それに対して「トラクションコントロール」、「アシスト&スリッパークラッチ」としっかりと今の最新装備を積んでいる

SR400が終わったことで、クラシック系が無くなっていく中にGB350が登場。2021年最も注目度の高いバイク
>>GB350|通勤用として使えるオシャレバイク理由を解説

  • 中型唯一のバーチカルエンジン
  • 250CCより安い値段
  • 鬼燃費
  • 超ロングストローク
  • アシスト&スリッパークラッチ、トラクションコントロール

CB400SF,CB400SB|クラスを超えたエンジン性能が魅力

エンジン直列4気筒
全長x全幅x全高2080x745x1080
シート高755
重量201(206)
馬力56PS/11000
トルク39Nm/9500
タンク容量18
燃費21.2
本体価格884400円
(1040600円)
CB400SF(SB))

説明不要の名車。ロングセラーバイク、常に400CCで一番の売り上げ

生産終了の噂が毎回出るけど、何度規制が強化されてもマイナーチェンジで対応してくる。それだけ今でも高い売り上げを誇ってるから。しかし、値段は100万円近い価格になってしまった…

「ハイパーVテック」は低回転時は2バルブ。それ以上は4バルブのHYPER VTECで低速時のトルクの少なさを補う

  • 売れ続けてる人気モデル
  • Hyper Vtecの特別なエンジン
  • 昔ながらの低いシート高
  • 生産終了していく中で数少ない生き残り
  • 本体価格的には大型クラス
CB400SBはグリップヒーター、ETCが標準搭載

CBR400R|本気のスタイリングが美しいスポーツツアラー

エンジン直列2気筒
全長x全幅x全高2080x755x1145
シート高785
重量192
馬力46PS/9000
トルク38Nm/7500
タンク容量17
燃費28.3
本体価格808500円
CB400SF(SB))

数少ない400用に設計したマシン(元は500CC)

250CCのボアアップ版が多い中、ホンダは大型クラスの車体構成で頑張る

コクピット周りを含めるとデザインは完全に大型。下から上までバランスの取れたエンジン

高めのセパレートハンドル、17Lのタンク容量など、CBR250RRと比較するとスポーツツアラー系

モデルチェンジの頻度高めのバイク
  • 本格的なスポーツツアラー
  • 燃費が良く、航続距離がかなり長い
  • 5段階調節ブレーキ
  • アシスト&スリッパークラッチ

400X|中型にいる本格アドベンチャー

エンジン直列2気筒
全長x全幅x全高2140x825x1380
シート高800
重量196
馬力46PS/9000
トルク38Nm/7500
タンク容量17
燃費28.3
本体価格826100円
CB400SF(SB)

中型の中でも「なんちゃって感が少ない」本格アドベンチャー

19インチタイヤにロングサスペンション、ロングスクリーン。400CCからかなり余裕が生まれてくる

燃費が良く、航続距離は500kmを超えると言われている

400CCクラスとは言え、196kgはアドベンチャーモデルと考えると軽量な部類
日本と海外のアドベンチャーバイクを紹介|オンオフ行ける旅の相棒

  • 本格的なアドベンチャー&装備
  • アドベンチャーの中では軽い側
  • 長い航続距離
  • 5段階調節ブレーキ
  • 38°のハンドル切れ角
  • アシスト&スリッパークラッチ

NINJA400,Z400|断トツ軽量な400CC人気ナンバー1バイク

Z400 ABS
エンジン並列2気筒
全長x全幅x全高1990x710x1120
シート高785
重量167(166)
馬力48PS/10000
トルク38Nm/8000
タンク容量14
燃費24.8
本体価格726000円
(682000円)
NINJA400(Z400)

2020年、400CC売り上げナンバー1

400CCとしては圧倒的な軽さで扱いやすさは断トツ。価格も250CC+α

車体とエンジンをNINJA250と共通化しているので、400CCの中では飛びぬけて軽い(167kg)

250CCから増えた「150CCの排気量を低回転時のトルク」に使ってるので、バランスの取れたエンジン性能となっている

他社が追随してこない辺り、技術的に難しい?
ZX-25R,CBR250RR,NINJA400のメリットは何か比較する

先代NINJA400が650CC海外仕様のボアダウンに対して、現行車は250CCのボアアップ
  • 400CCの中で断トツで軽い
  • 軽量コンパクトなので加速性能は高い
  • NINJA250よりバランス型のエンジン
  • 欠点は、車体共通特有の特別感のなさ
  • アシスト&スリッパークラッチ

YZF-R3,MT-03|R25以上にバランス型

エンジン直列2気筒
全長x全幅x全高2090x730x1140
シート高780
重量170(169)
馬力42PS/10700
トルク29Nm/9000
タンク容量14
燃費27.6
本体価格687500円
(654500円)
NINJA400(Z400)

YZF-R25,MT-25のボアアップ版。数字的には320CC

+3万円で買えるのが魅力

こちらも250CCと比較して、増えた排気量を低回転時のトルクに振ってるので、フラットトルクに近いエンジン性能に。しかも250より燃費がいいらしい

車検があるボアアップ版は売れないだろうと言われてたが、予想に反して売れた

400CCカテゴリーに250CCのボアアップの流れを作ったバイク

  • 400CCクラスの中で安めの価格
  • 回すエンジンからバランス型へ
  • R25より燃費がいい

SR400

エンジン空冷単気筒
全長x全幅x全高2085x750x1110
シート高790
重量175
馬力24PS/6500
トルク28Nm/3000
タンク容量12
燃費29.7
本体価格605000円

CB400SFと並んでロングセラーモデル

何度も規制に対応して現在も生産がされているが..規制に対応できる拡張性はもうあまりないと言われている

400CC単気筒のトコトコ感、クラシックな見た目は人を選ばない安定感がある

2021年で生産終了。中古の価格が上がることは確実

バーグマン400

エンジン空冷単気筒
全長x全幅x全高2235x765x1350
シート高755
重量215
馬力31PS/6300
トルク36Nm/4800
タンク容量13
燃費25.0
本体価格814000円

先代スカイウェイブシリーズの名前から、海外で使われてたバーグマンという名前を採用

クルーザータイプからスポーツスクーターに。唯一の400CCスクーター(国内)

足つきを考慮して、足を下す部分に切り込み入れる「カットフロアボード」を採用。他のスクータータイプより足つきはいい

重量的に不利なビッグスクーターにおいて、31馬力のエンジンは高速道路などで余裕が生まれる

  • 400CCスポーツスクーター
  • イモビライザー付きシャッターキー
  • パーキングブレーキ
  • 足つき性がいい
  • 250CCより余裕がある

トリシティー300

エンジン水冷単気筒
全長x全幅x全高2250x815x1470
シート高795
重量237
馬力29PS/7250
トルク29Nm/5750
タンク容量13
燃費31.5
本体価格957000円

2020年に発売した300CC版トリシティー

トリシティー125やNIKENでは出来なかった「停止時の自立」が可能となったバイク(ハンドルのボタン使用時)

重量が重いので、性能を最大限発揮する為に250CCではなく、300CCのまま出すことにしたらしい
>>ヤマハの三輪バイクは何が凄いのか【トリシティー】

  • 余裕のある排気量
  • 圧倒的な安定感
  • パーキングブレーキ
  • スタンディングアシスト
    フロントのサスを固定することで、押し引きが楽になる
  • スマートキー、DCソケット
  • トラクションコントロール

250ccのボアアップで活性化

YZF-R3,MT-03,NINJA400,Z400の250CCボアアップ達が売れたことによって、久しぶりに400CC市場が活性化された

排気量から来る余裕さが、250CCの弱点を補う形になり、初心者向きとさえ言われている

ホンダとスズキが追随してくるのか楽しみな排気量だ

バイクは乗り換えるのが当たり前な理由 公式サイト>>バイク買取専門店バイクワン